糖質制限は筋肉が落ちる?!糖質制限ダイエットの危険

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

・未だに根強い人気の糖質制限

今でもはやってますねぇ、糖質制限ダイエット。

結果が早くでますし、米やパンはダメでも肉や魚を食べられるのがでかいのか、特に男性に人気なダイエットです。

ですが、極端な糖質制限によるデメリットはご存知でしょうか?

特に筋トレをしている人にとってはかなり恐怖なデメリットがあります。

今回は糖質制限の危険について解説していきます。

SPONSORED LINK


 

・糖質制限によって体に何が起こるか

DB88_hamkuu15143018-thumb-1000xauto-15844

もしあなたが普段から糖質(炭水化物)を取りすぎていたとします。

取りすぎていた部分を削るのであれば、糖質制限は健康にも素晴らしい効果を生むダイエットです。

しかし某「結果にコミットする」会社が勧めているような、完全に0にしてしまうやり方は非常にデメリットの多い方法です。

筋肉にはエネルギーとして糖質が蓄えられています。これが不足すると脂肪を使うので、最初から糖質を取らない方が脂肪を使われやすい。

というのが糖質を完全に0にする理由だそうです。

しかし体が脂肪より優先して使うものがあります。

それはタンパク質。つまりは筋肉です!

 

なぜ脂肪より筋肉を優先してエネルギーにしてしまうのか?

DB88_onakaippai15151931-thumb-1000xauto-15836

普通に考えたら脂肪を使いそうなもんですが、なぜ筋肉を優先してエネルギーにしてしまうのでしょうか?

それは脂肪は「最後の手段」で、筋肉は「余計なもの」とみなされるからです。

何を言ってるかわからないですよね(・・;)

ちょっと極端な話になりますが簡単に説明します。

体は基本的に少しでも長く「生きよう」とします。そのために食事からエネルギーを補給し、エネルギーが足りないと死んでしまいます。

では実際にエネルギーが不足してくると、より生きようとするため体は何をするか。

体の組織を分解してエネルギーを作るのはもちろんですがもう1つ。エネルギーの消費を抑えにかかります。

つまりエネルギーを消費してしまう筋肉を分解することで、エネルギーを作りつつ、エネルギーの節約を図るわけですね。

エネルギーが足りない状態では筋肉を「余計なもの」と判断するわけです。

そのため脂肪より筋肉が優先して分解されてしまうのです。

 

・脂肪の方が脳にとっては重要

YOTA85_megatukareta15140305-thumb-1000xauto-14197

筋肉が優先して分解されるのは脂肪の重要性も関係しています。

脳の栄養はブドウ糖のみと言われていますが、脂肪を分解してできるケトン体は糖分の代わりとして使うことができます。

脳は言わずもがな最重要な器官です。脂肪はそんな脳へのエネルギー供給が切れた時の「最後の手段」にもなっています。思っている以上に体の中では重要な組織なのです。

なので体の中では 糖質→筋肉(タンパク質)→脂肪 の順番でエネルギーを消費する優先順位ができているのです。

 

・まとめ

もう1度言いますが、取りすぎていた糖質を削る分には健康効果しかない素晴らしい方法ですよ。

問題は完全に糖質を0にしてしまうことです。

極端な糖質制限は体重を減らすことはできますが、筋肉が減って脂肪が残っている可能性が高いです。

落とさなくていい筋肉が落ちて、落としたい脂肪が残っていては本末転倒です。

HIRA85_rioncutnoosunekonoyoko20140717001-thumb-1000xauto-17501

糖質はあくまで「制限」にとどめて、完全にシャットアウトするようなことは絶対にしないでください。


PAGE TOP