糖質制限はもう古い?!食べるほどやせる食材!マイナス食材をしっているか!

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

・マイナス食材とは

vegetable-621782_960_720

「食べるほどにやせる食べ物があるんです!」

一昔前の嘘くさい通販みたいな話ですね。

しかし今回ご紹介するマイナス食材にはちゃんとした理由があります。

簡単に説明すると、「食べた食材のカロリー」を「消化吸収で消費するカロリー」が上回る食材なんです。

くわしく説明していきます。

SPONSORED LINK


 

・内蔵もエネルギーを使って動いています

ものを食べるとその栄養やエネルギーは体に吸収されていきます。

しかしほっといても消化吸収されるわけないですよね。

歯でつぶし、胃で溶かし、小腸で吸収し、大腸で便とされる。

簡単に書きましたが、それ以外にも消化酵素を分泌したりと、色んな器官が働いています。

これらの器官が動くのにも当然エネルギーが使われています。この器官が使うエネルギーを下回るカロリーの食材がマイナス食材です。

体からすると元が取れない食材とも言えますが、動かずともエネルギーの消費が増えるのでダイエットには効果的です。

 

・マイナス食材の科学的根拠は?

HIR85_PCwonozokikomuneko20130618-thumb-1000xauto-17267

しかしこのマイナス食材は現時点では科学的根拠はないそうです。

「食べ物を消化するのに必要なエネルギー」と、「食べ物のエネルギー」を比較しているデータがないんだとか。

特に「消化するのに必要なエネルギー」に不確定な部分が多いのでしょう。

消化力にも個人差がありますし、その消化にかかるエネルギーの消費量も年齢・性別・体質などによって変動が大きいはずです。

しかし、消化に悪い食べ物は消化するために他より余計なエネルギーを使うことは事実です。

その食材がローカロリーであれば一定の効果は見込めるはずです。

科学的根拠がまだ無いと言っても、一定の信頼を置くことはできると思います。

 

・マイナス食材の1例

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これまでの説明でなんとなくご理解いただけるかと思いますが、マイナス食材とはつまり「低カロリーで消化に時間がかかるもの」です。

消化に時間がかかる栄養素はズバリ食物繊維!

低カロリーで食物繊維の多い食品がマイナス食材と言うわけですね。

いくつか挙げていきます。

・キノコ類

きのこ類はどれもカロリーが低く、食物繊維も豊富な食材ばかりです。どれでもいいですが、個人的には食べごたえがあり、安価で、和洋中どんな料理でも使いやすいエリンギがオススメです。

・海藻類

ワカメや昆布などの海藻類も食物繊維が豊富な食材ですね。また海藻類にはミネラルも豊富なので積極的に食べてください。ただ塩分の取りすぎになりやすい食材でもありますので、しっかり塩抜きをするなど、その点は注意してください。

・セロリ

野菜の中でも特に進められるのがセロリです。1本5kcalと非常に低カロリーながら食物繊維が非常に豊富な野菜です。

・ウーロン茶

意外なのがウーロン茶です。水を飲むだけでも大腸が水分を吸収するわけですからカロリーは消費します。そして水以上にカロリーを消費してくれるのがこのウーロン茶というわけです。

またウーロン茶のポリフェノールには脂肪の吸収を抑える働きがあります。食事中の飲み物をウーロン茶に変えてみるだけでも効果が期待できますよ。

実際私のおじいちゃんは酒をウーロンハイに変えただけで3ヶ月で5kgほど痩せていました。

 

・まとめ

いかがでしたか?

蓋を開けてみるとダイエットでもなじみの深い食材も多かったのではないでしょうか。

これまではローカロリーなだけと思われていたダイエット食ですが、今後の研究が進めば特にエネルギー消費の多い食べ物なども解明されていくと思います。

まだまだ不確定な部分も多いマイナス食材ですが、信用に足る根拠がある情報ですので今後の研究に期待したいですね。


PAGE TOP