鶏の胸肉・ササミに飽きた!砂肝も高タンパク、低脂肪ですよ!

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

筋トレをするならタンパク質は欠かせません。

一般的に低脂肪・高タンパクなものを食べるのが良いのですが、その中でも鶏のむね肉・ささみの人気がトップクラスではないでしょうか?

特にむね肉は値段も安く、もはや主食になっているトレーニーの方も多いはずです。

ゆで方次第でしっとり茹で上がりますし、味が淡白なので主食の代用品にもなります。

でも同じものばかり食べているとやはり飽きますよね。

そんな胸肉やササミに飽きてきた人にこそ、オススメの高タンパク・低脂肪な食品こそが砂肝です!

SPONSORED LINK


 

・砂肝のタンパク質、カロリー、値段

まずは砂肝のカロリーとタンパク質を、同じ鶏肉の胸肉、ササミ、もも肉と比べてみます。

(全て100g辺り)

  • 砂肝      :タンパク質 18g、カロリー 93kcal
  • 胸肉(皮付き) :タンパク質 22g、カロリー 190kcal
  • 胸肉(皮なし) :タンパク質 22g、カロリー 108kcal
  • ササミ     :タンパク質 23g、カロリー 104kcal
  • もも肉(皮付き):タンパク質 16g、カロリー 200kcal
  • もも肉(皮なし):タンパク質 16g、カロリー 100kcal

砂肝はタンパク質含有量ではわずかに劣りますが、その分カロリーではわずかに低く抑えることができます。

(というか意外と胸肉ともも肉のカロリーって変わりませんね)

とはいえ本当に誤差のレベルなのであまり気にしなくてもいいと思います。

そして肝心の値段ですが、結構お値打ち価格です。

砂肝は胃の一部です。内蔵はホルモン=放るもんの由来通り、もとは廃棄処分されていたものですので非常に安価で買えます。

だいたい100gあたり100円前後でしょうか?

胸肉は冷凍だと2kgで1000円くらいの物もあるので、そちらを買っている人(私です)からすると高く感じるかもですね。

ですが負担になるような値段ではないので、たま~に買う分には丁度いい食材ではないでしょうか?

 

・筋トレやダイエットにもオススメ

diet-398613_960_720

砂肝の最大のメリットはやはりその食感ですね。

コリコリとした食感。しっかりとした食べごたえ。それでいて低カロリー・高タンパク。

特に食感のおかげでよく噛むようになり、満腹感を得やすいのがいいですね。

いい意味で胸肉とは似ても似つかぬ味わいなので、胸肉に飽きてきたときには一度試してみてください。

煮込んでも変わった食感になりおいしいですが、やはり「にんにくの芽」と塩コショウで炒めるのがオススメです。

また調理が面倒な人でも砂肝のジャーキーなども売っています。これもすごく美味しいので試してみてください。

ただ、お酒のアテばかりなので、お酒が進み過ぎないようにだけ注意ですね(・・;)

 

・コレステロールは多いがあまり気にする必用はない?

DB88_hamkuu15143018-thumb-1000xauto-15844

砂肝は100gあたり200mgのコレステロールが含まれています。

卵黄のコレステロールが100gあたり1,400mgなのを考えればそこまで気にする値ではありませんが、そもそも食品のコレステロールの値は気にしなくていいと思います。

というのも、「血中コレステロールは食べたものには左右されない」という声明を動脈硬化学会が発表しているからです。

主に血中コレステロールの値は肝臓から分泌される内分泌によって左右されており、食事内容による影響はほとんどないんだとか。

コレステロールの高いものを食べたからコレステロール値が上がるということではないようですね。

ただ!

悪玉コレステロール値が高い人に関しては控えたほうがいいとの発表もされていますので、心当たりのある人は控えたほうが無難です。

どのみちどんな人でも食べ過ぎはダメでしょうけど。

・まとめ

トレーニーにとってなくてはならないタンパク質。

どうせ食べるならできるだけ美味しいものがいいですよね。

砂肝は特にクセもなく、油っぽくないくせにパサパサしているわけでもなく、値段も安いと非常に手を出しやすい食材だと思います。

結局のところ体の資本は食事です。

おいしくて良質なタンパク質をを食べて、しっかり筋トレに励みましょう!


PAGE TOP