【ハースストーン】時をかける酒場の闘技場追加カード28枚解説・評価

2018年6月6日

※2018.7.30追記:博士のメカメカ大作戦の新カードもレビューしてますので、こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

ハースストーン8月の新拡張【博士のメカメカ大作戦】全カード評価!

6月11日より、期間限定の闘技場。

「時をかける酒場」が6月11日~7月3日まで開催されます!

そして、この期間限定で28枚ものカードが闘技場に追加。

どれもかなり個性的なカード。

しかも、大体がパワーカードなので、すべて5段階評価で見ていきたいと思います。

※以下画像全ての引用元:ハースストーン公式サイト様

中立の追加カード

クロミー ☆5

この「歴史的大事件」は以下の4枚。

それぞれ、

  1. ランダムなレジェンドを2枚、手札に追加
  2. 全ての味方ミニオンに+2/2
  3. ランダムな呪文を2枚、手札に追加
  4. 全ての敵に2ダメージ

という効果で、どれもかなり強力。

 

また、4枚ともデッキからドローしたタイミングで、自動的に使われるようです。

(英語力に自信がないので間違ってるかもですが、たぶん合ってるはず)

大事件カードはどれも強力で、本体も4マナ4/4とそこまで弱くないのはいいですね。

 

ただ、「デッキに混ぜて、それをドローして初めて発動する効果」なので、

  • 4枚とも引けない試合だと、バニラの4マナ4/4
  • ドローしてすぐ発動するので、発動タイミング・発動するカードが選べない

という可能性もあります。

とは言え、相手が得する効果は1つもないので、

「こいつのせいで負けた!」ってなるランダムカードではないです。

 

ムロゾンド ☆5

ハンターのような早いヒーローなら☆5。

プリーストなどの遅いデッキだと☆3くらいのカード。

ようは7/6/6のアルネス+ノズドルム。

 

デッキは多少選びますが、このスタッツで無効化されない永続ドローなら、弱いわけない。

 

可能性の探求者 ☆3

手札リセットができるイエティ。

手札が悪い時はいいとして、手札が良いときにだすと、かえってハンドが弱くなる可能性も…

ただ、クロミーのような引いた時点で発動する効果とは相性がいいし、

本人のスタッツも良いので、無難に強いカード。

 

時限の巨人 ☆4

他の巨人と同じなら、手札にいなくても効果は発動してるはず。

ウォーロックはもちろんとして、上の「可能性の探求者」との相性も抜群。

よほどの速攻デッキでもない限り、使いやすいファッティとして取りやすいカード。

 

時空間異常体 ☆4

ドローした時点でハンドバリューを稼げる2/2/2。

弱いわけないんですが、これマリガンでキープしても効果発動すんのかな…

 

時間線の証人 ☆3

この見た目でイセリアルじゃねぇのか…

3/2/4のほぼほぼバニラスタッツに、ドローをある程度コントロールできるようになるミニオン。

返しに倒されたらなんの意味もないとは言え、生き残れば後のゲームの事故率が激減します。

強い効果ではあるんですが、何度も言うように生き残らないと意味がないので、優先してピックするかは微妙…

 

ワイルドランドの冒険者 ☆5

栄誉の殿堂のカードで何が引けたとしても、本人が5/5/5の時点で強い。

ハンドアドを稼げるバニラスタッツで、しかもラグナロスのような、ゲームを終わらせるおみくじ付き。

デッキが重すぎなければ、かなり優先してピックできるカード。

 

無限のマーロック ☆1

中立版、翡翠の偶像?

1/1/1を出すと、デッキに1/2/2が混ざるカード。

それ以降が3/3、4/4と増えていくのかはわかりませんが、どっちにしろ取らなくていいカードだと思います。

一応、ファティーグ負けしなくなるメリットはありますが…

 

停滞空間のドラゴン ☆3

使ってみないとわからないカード筆頭。

2ターン動けませんが、その間は休眠状態=シェラジンやクライヤミと同じなので、AOEに巻き込まれないのは一応メリット。

都合よく「心霊絶叫」や「冥界」があればかなり強く、なくても急襲付き10/10は凶悪。

急襲がある関係上、毒持ちがいても全く仕事できないってなりにくいのも強い。

 

ただ、6マナ丸ごとテンポロスだから、それまでにリードしてるか、遅いデッキ相手でもないと腐る。

 

タイムウェイの放浪者 ☆5?

おそらく、そのヒーローの呪文を発見するんと思うんですが、全ヒーローだと闇鍋なので?付きに。

とくにプリーストは琥珀、絶叫、精神支配と重いパワカが多いので高相性。

逆にローグやハンターだと今一というか、5マナ軽減の効果を十分に活かせない。

「昏倒」や「必殺の一矢」みたいな除去もあるんで、べつに弱くはないと思いますが。

 

メイジの追加カード

過去占術 ☆2

スタン落ちした呪文って意味かな?

ってことはファイボやフロボ、フレストなんかは候補に入ってないんで、呪文の期待値があんま高くない。

4マナ3ハンドなんでマナ効率はいいんですが、スタン落ちしたメイジの呪文で、なんか強いのあったっけ?

 

空洞の夢見 ☆4

秘紋やフロボを引き込めるかもしれない2/1/3。

生き残れば爆アドで、出したターンにも1回は効果発動確定。(爆発ルーンとかがなければ)

2ターン目に出しても、今の闘技場は2マナミニオン自体が少ないんで、

「返しの3/2で一方とられる。」ってこと自体、少ないからアリかも。

 

ウォリアーの追加カード

根絶刃フェイトクリーパー ☆4

コピーを破壊するって、同じミニオンを破壊するって意味だと思うんですが、

  • 相手が同じカードを何枚もピックしてるかは分からない
  • 自分のデッキ・ハンドがけずれる可能性あり

なのを考えると、回復しないトゥルーシルバーと考えてよさそう。

相手の盤面に同じのが何体もいたり、「サロナイト鉱山の奴隷」の返しには強いですが。

単純に4点武器が強いってだけで、効果にはあまり期待できないカードです。

 

ドラゴンの伝令 ☆5

発見してバリューを稼ぎつつ、+3/3のでかいバフが載せられるカード。

本体も6/5/6と十分なスタッツを持ち、バリューを稼ぎつつ、戦力にもなってバフもかけれると、弱いところがありません。

こいつで「サロナイト鉱山の奴隷」を発見できたら宇宙。

 

ハンターの追加カード

光陰の一矢 ☆5

「凍結の罠」と「昏倒」を足して2で割ったようなカード。

というかぶっちゃけ、「昏倒」の上位互換。

とくに、9マナ以上の大型ミニオンに使えば、使うことすらできなくなるのでかなり強い。

 

無限のオオカミ ☆3

攻撃した【後】、強制的にデッキに戻るので、4/5/5の恵まれたスタッツを生かせない悲しみ。

使いまわせる4マナの除去カードの立ち位置。

ただ、手札じゃなくデッキに戻るので、そんな使いやすくない。

 

ウォーロックの追加カード

未来の掌握 ☆2

2ドローで2×2コスト軽減なのは強いんですが、ドローが得意なウォーロックに必要か?ってカード。

ドローカードの中では強いほうだと思いますが、闘技場だとそうでもない気がする。

 

裂け目の番兵 ☆2

6マナじゃダメだったんかこれ。

7マナでこれは強くないというか、これの断末魔で出して強いカードってほとんどいないような…

眠れるドラゴンみたいなのが出せればいいんですが、破棄するミニオンはランダム。

破棄するカードが選べたらワンチャンあったと思うけど…ってカード。

 

パラディンの追加カード

ブロンズ・ブルードマザー ☆5

ドローした時点で盤面を補強でき、本人も5/5/5と弱い要素がない。

シンプルに強いミニオン。

 

永劫の祝福 ☆2

ターン終了時に+1/1なので、使ったターンはスタッツが変わらないのが痛い。

トレードを有利にできないバフカードなので、他のバフに比べると使いにくい印象。

「有利な状況で、相手に除去を切ってほしいからダミーを作る」とかなら強い?

 

ドルイドの追加カード

カタストロフの先駆者 ☆3

効果がギャンブルすぎて自分は取れない(・・;)

6/6/7のスタッツは素晴らしいが、効果が本当にギャンブルすぎる。

勝ち筋にも負け筋にもなるが、デッキが極端に重ければ、多少優先度が上がる?

効果発動がターン開始時なので、フォローしやすい方ではある。

 

早送り ☆1

相手のほうが得するカードの典型。

空のマナクリスタルではないので実質1マナだが、それで相手も2ドロー・2マナ加速されたのではたまらない。

 

停滞のエレメンタル ☆5

クソ強4/3/5のエレメンタル。

自分が生き残ってる限り続く凍結は本ゲーム初。

スタッツも十分で、効果もまず腐らない良カード。

ほかの凍結系カードと違い、敵ヒーローは凍結できないのだけ注意。

 

多重現実の支配者 ☆5

スタッツも効果も鬼。

進化はハズレの確立もまぁまぁあるが、1コストではなく、2コスト上なので、ハズレの確率も下がってる。

なにより、本人のスタッツも満点に近く、この効果でこのスタッツは相当強い。

 

プリーストの追加カード

時の波紋 ☆4

軽いカードなら木霊をいかせばいいし、重いミニオンなら後半のバリューになるしと、かなり使いやすい発見カード。

木霊はそのターン中にしかつかないが、重いカードでなくても強い発見は腐りにくい。

 

回想 ☆3

後半にならないと弱いカードしか入らず、かといって後半にはハズレも混じりやすい、悩ましいカード。

2マナ2ハンドだけで考えればけっこう強いので、3択次第でちょいちょい取る。

 

ローグの追加カード

既視感 ☆2

ローグでそんな使いまわしたいカードあるか?っていう。

考えられるのは昏倒、腹裂きあたりですが、逆にそれ以外にほとんどない。

「自分が使用した」なのでかなりカードを絞れるのはメリットですが、すでに昏倒などが取れてないと、そもそもピックできないカード。

「相手からパクった呪文が強かった~」とかの状況なら楽しそう。

 

未来泥棒 ☆5

3マナ相応のスタッツにハンド1枚で+1マナなので、普通に強いミニオン。

他の追加カードに「デッキの1番上に追加する」ってカードが多いので、ピンポイントで刺さる場面も多い。

そうでなくても十分強い効果なので、こいつはよく見ることになりそう。

 

【終わりに】

とりあえずシャーマンの追加カードだけずば抜けてる気がしますが、中立にパワーカードが増えた印象です。

ただ、追加カードも考慮しても2マナミニオン不足は変わらないので、環境速度は同じ~さらに遅くなるかな?と。

 

ウォリアー、パラディン、シャーマン、ハンターは固有カードも結構強いので、

パラディンは引き続き強く、そこにシャーマン、ウォリアー、ハンターがそこそこ増えるって感じでしょうか?

ただ、ウォーロックだけは減るかも。

2018年6月6日ゲーム, ハースストーン

Posted by 脳筋