【医者もしているお墨付き】超簡単な2日酔いの予防方法

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

年始年末は飲食が特に乱れますよね。特にお酒の量が年内でもっとも跳ね上がる時期だと思います。

お酒を呑み過ぎると次の日すさまじい頭痛が・・・

そんな文字通り頭痛の種である二日酔いについてです。

SPONSORED LINK


 

・なぜお酒を飲むと二日酔いがおこるのか

二日酔いと言うと、深酒した次の日の頭痛・吐き気などの体調不良を指すと思います。

しかしなぜお酒を呑み過ぎたらそんな症状が出るのでしょうか?

アルコールは体の中で分解されるのですが、その分解に必要なもの。それが水分です。

そしてアルコールをとると失われる栄養素が有ります。それはナトリウムやカリウムなどの電解質(ミネラル)です。

つまりお酒を飲めば飲むほど、体の中の水分と電解質が無くなっていきます。

 

このような状態をなんというか。脱水症状です。

 

これが大多数の二日酔いの正体です。(他にも原因は有りますが、もっとも多いのがこの脱水症状関連です)

人体の60~70%は水分が占めるという話は有名ですが、この水分が体重の数%でも下回ると脱水症状が現れます。

ちなみに脱水症状の代表的な症状は、

  • 軽いもので めまい立ちくらみこむら返り、大量の汗
  • 少しきついもので 頭痛吐き気倦怠感集中力の低下
  • 重度なものだと 意識障害や全身のけいれんにまで発展します。

ざっと見ただけでも、二日酔いと共通点が多いのが分かります。

・原因から分かる予防と対策

予防も対策もここまで分かれば簡単です。

水と電解質が足りないならそれを補えばいいんです。

水分と電解質を同時にとれるもの。スポーツドリンクを飲酒後や飲み会の途中に飲むことで、二日酔いの予防が期待できます。

ちなみに水分補給のタイミングですが、”のどが渇いている時にはすでに遅い”と言われています。早い段階でこまめに水分補給しましょう。これはトレーニングでも言えることです。

・医者もしている二日酔い予防

二日酔いは水分と電解質の補給で、大多数を予防・改善できるというのは分かりました。

では具体的にどのくらいの量が必要なのでしょうか?

これは飲酒の量やその人に体重などによってばらつきますが、医師が実際にやっているものを参考にすれば間違いないでしょう。

そのやり方は ”飲んだ酒の1.5~2倍の量の水(スポーツドリンク)を飲む” です。

できるだけ早い段階で飲むのが好ましく、最低でも寝る前には飲んでおきたいところ。

アルコール度数や酒の種類なんて小難しいことは考えず、これだけ飲んでおけば間違いない!という数字だそうです。

確かにこれは覚えやすい。

・まとめ

  • 二日酔いは水分と電解質不足が原因です。
  • =二日酔いを予防・治す時は水分と電解質(スポーツドリンク)をしっかり飲みましょう。

余談ですが海外では二日酔い専用のクリニックなどがあるそうです。

治療内容は水分とビタミンなどの点滴だけですが、これで日本円で2~3万円かかるというんだから恐ろしい(・・;)

二日酔いの予防・改善法を解説しましたが、そもそも二日酔いになるほどの深酒はやめるよう、気をつけて年末を過ごしましょう。

皆さま、良いお年を。


PAGE TOP