【レビュー】スマホでも使える、折りたたみBluetoothキーボードが使いやすくてカッコいい

2017年11月8日

「折りたたみキーボード」は買うのも、触るのも初めて。

使いにくかったり、入力遅延(ラグ)があったらどうしようとか思ってましたが、要らぬ心配でした。

3000円くらいの安いのでも、

  • 使い心地
  • 性能
  • デザイン
  • 価格

と、満足のいく商品に出会えて大満足の脳筋です。

 

今回は実際に買ってみた、折りたたみBluetoothキーボード。

iCleverさんの【折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK03】のレビューをしていきます。

正式名称:iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード iPhone iPad Andriod 対応 ブラック シルバー IC-BK03

【折りたたみとは言うけど、具体的な大きさは?】スマホ並みに小さい

折りたたんだ状態をスマホと比較しても、一回り程度しか変わらないぐらいコンパクトです。

と言いつつ、スマホで写真を撮っているので、比較写真は撮れず…

スマホ以外の身近なもので撮ってみました。

ティッシュ箱の縦幅と比較してもこのくらい

PSvitaだとほぼ変わらないくらい

開いた状態でも、せいぜいティッシュ箱くらいです。

折りたたんだ状態で入れられる収納袋も付いており、

カバンはもちろん、服のポケットにも入れられるぐらいコンパクト。

私は持ち運んだりはしていませんが、場所を取らずスッキリ使えるのが好印象です。

 

【普通のキーボードと比べて使い心地は?】薄すぎず、押し心地のよい(打ちやすい)キー

そもそも私がキーボードを買おうと思った最大の理由が、今のパソコンのキーボードの感触。

今のパソコンのキーボードには、いつまで経っても慣れなかったんです。

こういうやつなんですが…

買った経緯は

  1. 当時20万近くしたノートパソコンが8年目にして壊れる
  2. 「もう寿命です」とのことで買い換え
  3. 物の価値が分かってなかった俺氏「20万の価値があったか分からんし、安いの買おう」と決意
  4. あるブログを参考に3万円のを購入
  5. 半年以上経つのにキーボードに慣れない←今ココ

今にして思えば、参考にしたその記事にもしっかり

スペックが必要な場合は既に家にある物を使えばいいので、今回重視するものは

  • ネットサーフィンしたり動画見るくらいなら問題のない程度のスペック
  • 値段は3万円程度。出しても5万まで
  • 軽くて薄い事。重くても2kg程度までのモノ
  • タブレットは無し

です。

引用元:【予算3万円前後】軽くて薄くて安いおすすめのノートパソコンを紹介する!

「家用じゃない」って書いてあるのに、なんで家用の参考にしたんだ俺は…

 

パソコン買ったのがまだ2台目なんで良くわかってなかったってのもあります。

が、ここまでキーボードの使い勝手が違うとは思ってなかった。

  • キーボードを押した感触が薄い
  • キーの押しごたえと言うか、スイッチがやわらかすぎて押しにくい
  • やわらかすぎる弊害で、誤入力しやすい※1

これらをどうにかして解決したかったのが、キーボードを買った最大の理由でした。

※1.キーがやわらかすぎたためか、ちょっと触れた程度でもキーが反応し、それが入力されてしまうことがありました。

「K」キーを押した時、軽く触れてしまった隣の「L」も入力されてた。とか。

 

で、この「IC-BK03」の感触ですが、普通のパソコンほどではないにせよ、充分な感触と打ちやすさ!

  • 折り畳み式ながら、しっかり立体的なキー
  • キーの程よい押しごたえ・跳ね返り
  • キーの固さがしっかりしているので、隣のキーなどへのご入力が少ない

とくに嬉しかったのが押しごたえ。

パっと見、今のパソコンのキーボードと大差なさそうだったんですが、

キーを押したときの跳ね返りというか、スイッチの戻ってくる感触が段違いです。

折り畳み式キーボードながら充分な使用感を保っており、ストレスフリーで使えました。

 

【値段は?】同じような商品と比較してかなり安い

今回、紹介しているのがこの商品。

今は3600円前後でしたが、私が買った時はプライムセールで3100円くらいでした。

3600円でも他の折りたたみBluetoothキーボードより、まだまだ安いですけどね。

他だと5000~6000円はもちろん、10000円近いのもザラだったんで。

(一例)

(これはIOS特化型とのこと)

(Android対応はこちら。上と同じメーカーだけど、上よりちょっと安い)

もちろん、性能もいいんでしょうが、私みたいに初めて触る・よく分かっていない人間には、3000円くらいが丁度よかったです。

 

【電池保ちは?】内蔵バッテリーがかなり長持ち(80時間以上)

「バッテリーがすぐ切れる」みたいな話を職場で聞いてたんですが、80時間も保つならぜんぜん心配いりません。

説明書の説明だと、待機時間218日。作業は連続83時間可能とのこと

他の機種だと違うのかもしれませんが、これでバッテリーが足りない・すぐ切れるって人は、まずいないでしょう。

 

【対応機種は?】iPhoneでもAndroidでもパソコンでも使えるオールラウンダー

私のスマホはAndoroidのエクスぺリア。

巷のガジェットはiPhone中心なので、Androidでも使えるのを探してたんですが、こいつはiPhoneもAndroidもパソコンも関係なし。

上で紹介したような、iPhone用・Android用とかで探す必要がありません。

パソコンでも普通に使えるので、私のようにスマホ・パソコンどちらでも使いたい人間には、非常にありがたい性能でした。

 

【デザインは?】折りたたんだ状態も、開いたときも、ただただかっこいい

折り畳んだ状態がこれ

 

カシャーンって開いて…

(これ以上閉じてると自動で閉じ、これ以上開くと自動で開きます)

 

カチッとハマってこれ

 

ちなみに間接部にスプリングが仕込んであるようで、

開いてから組上がるまで・閉じるまでは半自動です。

機能とはなんの関係もありませんが、ただただかっこいい。

 

【デメリットは?】バックスペースが押しにくい

私がまだ慣れてないのもありそうですが、このキーボードのバッグスペースが右上のはしっこ。

/(スラッシュ)の真上ですね。

んで、バックスペースなどの上のキーは、他のキーより一回り小さい。

 

大体何が言いたいか伝わったかと思いますが、バックスペースを押そうしたとき、スラッシュにミスタイプしやすいんです。

今もこのキーボードで書いてますが、さっきから消そうとして\\\みたいなスラッシュ連打をちょこちょこやっちゃってます。

できればスラッシュとバックスペースのキー配置は、逆の方がもっと使いやすかったかなぁ…と使ってて感じました。

使いにくいわけではないんですが、バックスペースはしょっちゅう使うキーなのに対して、スラッシュはあんま使わんので。

 

終わりに

こういったスマホでも使えるキーボードは、前から欲しかった反面、買うかどうか結構悩みました。

あるプロブロガーの方の記事で、「スマホも慣れたらキーボードばりに早く打てるんだからいらなくね?」っていう意見を見ていたからです。

参考:スマホにキーボードって必要? 私が使わない5つの理由

確かに、スマホのフリック入力でも、めちゃくちゃ早い人いますもんね。

 

ただ、私の場合、

  • スマホより、キーボード打ち込みの方が断然早い
  • スマホだとちょいちょい入力ミスする(「き」って打ちたいのに「か」になってるとか)
  • そもそも大型のスマホなので、画面端に指が届きにくく、書きづらい
  • 今のパソコンのキーボードも嫌だから、パソコン用でもある

これらの理由で、「キーボードがあったほうが便利だな」と思い、買いました。

結果、大正解でした。

  • スマホでもフリック入力より、使い慣れたキーボードで文章を打ちたい
  • 今のパソコンのキーボードが気に入らないので変えたい
  • 折り畳みキーボードに興味があるけど、あまり高い買い物は失敗が怖い

こういう人にも、自信をもって勧められる良いキーボードです。

とくに、私と同じように折りたたみキーボードに初めて触る方。

オススメですよ。

 

あと、スマホで使う場合、専用のスタンドもあったほうが便利です。

が、わざわざスタンドを買うより、スタンドにもなるスマホケース(カバー)をオススメします。

私のは落としたときに割れちゃってますが、今でも問題なく使えてます。

スタンドを買って荷物を増やすより、ぜったいこっちの方がいいですよ。

iPhoneかandroidか、自分の機種につけられるかの確認は忘れずに。

2017年11月8日Amazon

Posted by 脳筋