【ハースストーン新拡張】コボルトと秘法の迷宮の全カード評価!

2017年11月4日

※2018.7.30追記:博士のメカメカ大作戦の新カードもレビューしてますので、こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

ハースストーン8月の新拡張【博士のメカメカ大作戦】全カード評価!

 

11月4日より始まった新拡張の情報公開!

それまでは「海賊拡張だ!」とか言われてましたが、蓋を開けてみればまさかのコボルトでした。

今までの拡張の例に漏れず新要素もりだくさんなので、1枚ずつ確認していきましょう!

(独断で5段階評価していきます)

新要素【召集】

今回から追加された新効果の【召集】。

デッキからミニオンを直接召喚する効果で、ようは1回だけ発動するヤシャラージュですね。

 

ただ、この【召集】は

  • 完全ランダムで召喚
  • 条件に当てはまるもののみ召喚

の2種類あり、大型召喚・コンポパーツ召喚など、新しいデッキが生まれそうな匂いがプンプンします!

特に条件付きのカードはまだ発表されていませんが、この条件いかんでかなりデッキが絞られそうです。

 

新要素2【呪文石】

一言で言うと、条件を満たせば手札で強化される呪文カード。

各ヒーローに1枚ずつ追加され、それぞれ固有の条件を満たすと最大2回(3段階で)強化されます。

上画像はシャーマンのスペルですが、この場合はオバロデッキに寄せる必要がありますね。

ただ、手札に引かないと強化できないので、使いやすいかは使ってみないと分かりません。

 

ドルイドの新カード

キノコの王イクスリッド ☆2

あんまドルイドらしくないミニオン。

5マナ2/4はスタッツは低いし、コンボするには重いしで使いにくさが目立ちます。

レジェ武器と併せればえぐいコンボはできますが…そこまでして狙うもんかな?

普通に翡翠で殴り殺す方が強そう。

地味にエレメンタル種族持ちですが、それを活かす術はドルイドにはありません。

 

世界樹の小枝 ☆3

壊れるとマナがフルチャージできる武器。

「空の」マナクリスタルではないので、マナを使い切ってからこの武器を壊せば、また10マナ使えるんでしょうね。

4ターン目に装備しても、耐久5なので使い切れるのは最速8ターン目。

お世辞にも使いやすいとは言えませんが、最大で1ターンに20マナ使えるのは強い。

※「忘却王クン」も似たような効果でしたが、あれは0マナ7/7相当なだけで自由に20マナ使えるわけではありません

マリゴスドルイドでOTKされそう。

 

枝分かれの道 ☆4

「2回選択」は「選択」とは別物扱いで、ファンドラルがいても関係ないそうです。

効果はそれぞれ

  • カード1枚ドロー…1マナ相当
  • 装甲6…1マナちょっと相当
  • 全員攻撃+1バフ…1マナ以下

なのでマナ効率が悪く、使われないと思います。

追記)同じ効果を2回選べるようなので、4マナ2ドロー、攻撃+2バフ、12回復にもできるとのこと。

絶対に腐らないのは強い。

 

 

アストラル・タイガー ☆2

封印されない限り、死ぬ度にデッキに戻るミニオン。

スタッツも4マナとしては十分ですが、断末魔以外のシナジー(獣など)が無いので、そのためだけに採用されるかは微妙。

断末魔シナジーもドルイドはそこまで強くないし。

 

荒くましい守護者 ☆2

8マナで4マナスタッツの獣。

断末魔で2体招集できるとはいえ、4マナ「以下」なので、2マナ以下のサイズの可能性もあり。

マナ加速してこいつ出すくらいなら、もっと強いユニットが出せるでしょう。

 

欲張りスプライト ☆3

使おうとは思わないけど、次シーズンに開花、古代地の番人がスタン落ちするのを考えると、採用せざるを得なくなりそう。

 

ジャスパーの小呪文石 ☆3

ドルイドの呪文石カード。

ミニオン限定ですが、1マナ2点は小回りが効きますし、こいつは装甲3得る度に強化されます。

一度強化されると4点に、もう一度3点装甲を得ると6点になるので、最大で1マナのファイアボール完成です。

ドルイドはヒーローカードのヒロパで装甲3得られるので比較的簡単。

あとは、ミニオンにしか打てないのがどう響くかですね。

使いやすそうではあるけど、「自然の怒り」でいい気はする。

 

鉄木のゴーレム ☆2

デメリット持ちの割にそこまで強くない。(センジンシールドマスターより、ヘルスが1高いだけ)

弱いとは思いませんが、デッキに入るほどのカードなのかな?

装甲シナジーカードが今回多いですが、シナジーデッキでも採用するかどうか。

 

樫の召喚 ☆3

ウォリアーのアイアンフォージのポータルってなんだったんだ

4マナミニオンに6回復付いてくると聞くとふつうに強い。

ただ、4マナは当たり外れがかなり大きいマナ帯なので、使いやすいとまでは言えません。

「炎まとう無謀のもの」でゲームを終わらせることもあれば、「ガラガラガイコツ」などで別の意味でゲームを終わらせることもあるでしょう。

 

樹皮の肌 ☆2

小型ミニオンに使う分には大地のウロコより強そうなカード。

それだけ。

装甲シナジー用のカードでしょうが、構築よりアリーナでよく見かけることになりそうなカードです。

 

プリーストの新カード

ドラゴンソウル ☆1

1ターンで呪文3枚使えば5/5召喚できる3マナ武器。

光熱のエレメンタル・太陽の砕片 ライラを前提にしているような効果です。

正直、今のところそこまでのパワーは感じません。

ライラ+光熱にこの武器まで揃うとは考えにくいし、次環境は武器破壊も流行りそう。

なにより、ハイランダー・ビッグプリーストのが素直に強そうなので。

 

テンポラス ☆3

相手に2ターン与えてから、自分が2ターン得るカード。

THE・ハイリスク・ハイリターンなカードですね。

おもしろい動きができそうですが、相手に2ターン与えるデメリットはかなり強烈。

こいつ込みのコンボはそもそもこいつを出せるくらい、盤面・手札・HPで差をつけないといけないので、腐りやすそうなのがひっかかります。

おもしろいカードですが、使いにくそうですね。

 

ダイヤモンドの小呪文石 ☆2

アップグレードで3種、4種まで増えていきます。

7マナという重さに、呪文4回という条件はどちらもかなり厳しい。

ただ、7マナ2体復活ってだけでも、ビッグプリなら採用できそうではあります。

ランダムっぽいのがネックですが…

 

トワイライトの侍祭 ☆5

大型の除去+3マナで大型召喚になりうるカード。

これまで対処しづらかった、攻撃力4のミニオンも1枚で対処できます。

ドラゴンが手札にないと腐るとはいえ、めちゃくちゃ強い。

 

心霊絶叫 ☆5

7マナのボードクリア。

相手のデッキに混ぜる=破壊されないので、断末魔なども処理されるのが強烈です。

ミニオンをデッキに混ぜたところで、ハイランダープリは痛くもかゆくもなさそう。

ドラポがスタン落ちするのを考えての、AOEなのかな?

にしてもこれは強烈…

 

ダスクブレイカー ☆5

4マナ3/3に3点AOEまでついたドラゴンカード。

プリーストのドラゴンシナジーに磨きがかかり、アグロ耐性も手に入れました。

序盤が弱いプリーストにとって、1番欲しかったカードです。

 

トワイライトの呼び声 ☆4

3マナで1/1を2体とは言え、断末魔を2体も復活できるのは強い。

黒曜石の像を復活でもされたら、ン・ゾスでえらいことに…

クレクレ君とかでも十分強いですしね。

 

未鑑定のエリクサー ☆3

ランダムに追加される効果は、

  • 生命奪取
  • 聖なる盾
  • そのミニオンの1/1コピー召喚
  • 断末魔で手札に戻す

の4つ。

1/1コピーはちょっと癖がありますが、それ以外は使いやすい強化ばかり。

アリーナで使いやすそうなカードですね。

最近はプリーストにもアグロやミッドレンジのデッキが増えてきているので、そういったデッキでも使えるかも。

 

金箔のガーゴイル ☆2

コインが手に入るのは強いけど、デッキに入れるほどなのかな?

以前見かけた、ガジェッツァンの競売人採用型のハイランダープリなら入るかも。

 

心理探査 ☆2

効果は強いけど、最初からデッキに入れておくようなカードではないかな?

入れられないほどではないけど、ライラからもらってつかうカードだと思う。

 

パラディンの新カード

リネッサ・アンソロウ ☆3

それまでに使ったバフが全てかかるミニオン。

剣竜騎乗、王の祝福 辺りがかかれば強いですが、沈黙1枚で7マナ1/1に。

事前にバフカードが使えていないと意味もないですが、基本は7マナ3/7挑発・断末魔に落ち着きそう。

もともとバフの多い、マロパラなら使いやすいはず。

 

ヴァラニル ☆3

断末魔でハンドバフし、そのミニオンが死ねばまた装備される武器。

手札に戻るのではなく、装備されるのはけっこう大きいですね。

対象のミニオンが沈黙させられればキツイとはいえ、ハンドバフカードの中ではかなり隙が少ないです。

重さはネックですがダメージも4点あれば十分だし、採用できるデッキはありそう。

 

動員 ☆4

4マナで3体ミニオンが並び、なおかつデッキを3枚も減らして圧縮してくれるカード。

DKカードを使ったOTKパラディンを愛用してる身としては、こいつのデッキ圧縮はかなり強いです。

単純に盤面を作るだけでも充分強いし。

 

パールの小呪文石 ☆3

アップグレードで4/4、6/6までサイズアップします。

2マナなので4/4挑発でも強いんですが、条件がまぁまぁ厳しい。

3回復はトゥルーシルバーではたりませんし、ウィッカーフレイムでもバフをかけないと足りません。

そもそも、体力を回復する=体力が減ってないといけないので、体力満タンではアップグレードも発動しないんじゃないかな?

カードパワーは低くないんですが、3回復って条件は見た目より厳しいはずです。

 

未鑑定の大槌 ☆3

手札に加えたときの効果はどれも「雄叫び」で、

  • 味方全員に「聖なる盾」
  • 味方全員に攻撃力+1
  • 味方全員に「挑発」
  • 1/1のシルバーハンド新兵を2体召喚

の全4種。

どれも十分強力ですが、自分で効果を選べないのと、3マナで2点はちょっと弱い。

現環境の2マナミニオンはヘルス3以上がほとんどなので、3武器なら3点欲しい所。

効果はともかく、武器として使いにくいです。

 

レベルアップ! ☆2

効果自体は強いですが、新兵を用意するカードがたいして増えなかったのがネック。

新兵シナジーを軸にしても、マロパラの劣化にしかならないかな…

 

クリスタル・ライオン ☆2

速めに出せたら強いのは分かるし、シナジーカードも増えてたけど、肝心の新兵を横に並べるいいカードが無かった。

ちっさいヴァインクリーパーでもあれば…

ランダムでいいならあるけど…

 

英雄ポーション ☆3

ドローを進めつつ、ディバシを付与できるバフカード。

ドローもディバシも強いので、これで2マナなら十分。

 

新設なランプの精 ☆4

3/2/4の充分なスタッツに、毎ターン3回復という腐らない効果。

そしてエレメンタルシナジー付き。

固有カードならではのカードパワーですね。

コントロール系のデッキで使われるでしょう。

 

カワキタニの看守 ☆2

そこまで悪くはないけど、良くもない。

ハンドバフか新兵シナジーのデッキならワンチャンあるか…?

 

シャーマンの新カード

ルーンスピア ☆1

8マナ3点で「発見」した呪文を1枚使えるカード。

ちなみにオーバーロードも付くそうです。

こいつである必用あるか?

 

世界揺さぶるグランブル ☆4

6マナ7/7とやや大きいスタッツと、エレメンタル・翡翠と相性のいい効果をもったミニオン。

とは言え、盤面を弱体化させるので、ノーリスクってわけではありません。

7ターン目以降に使い、こいつを出しつつブレイズ・コーラーやカリモスを出せれば抜群に強いです。

こいつを出すまでに処理されてると意味がないんですが…

 

不安定な進化 ☆4

対象が1体限定の代わりに、そのターン内なら何度でも使える進化。

進化でハズレを引いたときに使うもよし。

後半、ヒロパトーテムなどを1枚でパンプアップさせるもよし。

まず腐らないので、めちゃくちゃ使いやすいカードだと思います。

 

ウィンドシア・ストームコーラー ☆2

まさかの基本トーテムシナジー。

5マナでアラキアを出せるのは相当強いものの、5ターン目にこいつを出せることはまずないでしょう。

と言うか、盤面に全てのトーテムが揃うって、まずないと思うんですが…

スタッツ面のデメリットがないこと、相手が今後は基本トーテムが揃うことも警戒しなきゃいけなくなることの2点は評価できます。

 

原始の護符 ☆2

基本トーテムシナジーカード。

断末魔で召喚されるのがランダムなので、トーテム同士がかぶることもあるんでしょうね。

現状、シナジーで効果発動するのが上のアラキアを呼ぶ奴だけなので、そのためだけにデッキに入れることは無いと思います。

横並びを維持しやすくなるので、血の渇きを狙いやすくなるのは○。

 

サファイアの小呪文石 ☆2

オバロ3で2体コピー、もう一度オバロ3で3体コピーできます。

ただこいつ事態が7マナと重く、コンボパーツとしては使いにくい。

もし使うなら、前拡張で追加された豪雪の巨人でしょうか?

うまくいけば0マナのこいつとスペルで、7マナ8/8×4体。

…それまでに死にそう。

 

ざわめきのエレメンタル ☆5

シャーマンのコンボは今後こいつありきになりそう。

エレメンタル、翡翠はもちろん、シンプルな効果なので色んなコンボが生まれるはず。

すでに無限ループOTKもあるらしいし…

 

癒しの雨 ☆3

1点×12回復カード。

この回復はHPの減ったキャラしか対象にしないそうで、盤面に味方ミニオンがいても、ミニオンの体力が全快ならヒーローだけ回復します。

上級回復ポーションに匹敵するカードなので、コントロール系のシャーマンで採用されるでしょう。

 

叩き潰す巨拳 ☆2

2マナ8点オバロ3のいろいろデカイカード。

5マナ8点と考えても、そこまで悪くはないけど…

オバロシナジーのあるデッキでなら採用できますが、それ以外だと退化、呪術のあるシャーマンにはいらないかな。

 

コボルトの隠者 ☆2

2マナ1/1と好きなトーテムを召喚できるミニオン。

呪文トーテムを確実に用意できるのはなんやかんや便利そうではある。(サルノスでいいけど)

基本トーテムシナジーがどれほど強化されるか…

 

ウォリアーの新カード

懊苦離刃 ☆2

多分、読み方はオークリーパー。

8ターン粘って、招集でハズレを引くor招集したいやつを手札に引いちゃってると悲惨なので弱そう。

 

地彫り師イップ ☆3

装甲のアドバンテージを盤面にも及ぼせるカード。

効果自体は強そうですが、今のウォリアーってそこまで装甲貯めるの得意じゃなかったような…

ミルウォリアーとか断末魔ウォリアーはたまに使ってますが、こいつを決めれるほど装甲が貯めるのはむずかしいと思います。

今はケレセス系のテンポデッキが流行ってるからなので、環境が低速化したらまた話は違うでしょうが。

「ドラッカリの呪い師」で2回発動とかできたら強そうですけどね。

 

大暴れ ☆2

3マナでボードクリアも狙えるAOEなのは高評価。

装甲がないと意味なし+装甲がまるごとなくなるのは低評価。

なんとも判断の難しいAOEです。

強いとは思いますが、乱闘と魚のエサを押しのけるほどではないし、装甲がなくなるのはかなりマズイので低評価で。

 

刃のガントレット ☆3

2武器…?

ヒロパを使えばとりあえず2マナ2点。

それ以上も狙えるので、なんやかんや採用されるんじゃないかな?

個人的に断末魔ウォリアーはよく使ってますが、小粒の除去がマジで苦手なので、私だったらデッキにいれます。

 

カワキヒゲの鎧職人 ☆4

今までのコントロールだと2マナ1/4くらいしかいなかった2マナ枠の新生。

相手が1体でもヒロパに2/2が付いてくるし、後半でも2マナのこいつ+装甲シナジーカードでコンボもできるので使いやすそう。

新しく、ウォリアーの序盤を支えてくれそうなカードです。

追記)中立にもっと使いやすそうな装甲貯める蟲がきちゃった…

 

ミスリルの小呪文石 ☆3

アップグレード1回で5/5が2体に。

アップグレード2回で5/5が3体出せる7マナスペル。

条件がゆるく、7マナで計15/15スタッツなのは非常に強い。

コントロール系のウォリアーで十分採用できるでしょう。

2武器が3マナになって見かけなくなりましたが、これを気に「ブラッドレイザー」と一緒に採用されそうですね。

 

コボルトのバーバリアン ☆2

勝手に動く3/4/4。

使いづらいのは間違いないけど、3ターン目に出す分には強そう。

だいたいこういうカードは相手が使うと理想的な動きをして、自分で使うとクソみたいな動きをされる。

 

パーティを組もう ☆2

召集カードの1枚。

こいつは対象が完全ランダムで、デッキがから何が出てくるかは、出てくるまで分かりません。

これ自体6マナと思いので、ビッグプリーストのようなデッキを組まないと生かしにくいでしょうね。

ただ、ウォリアーはあちらと違い墓地のカードを使い回せないので、そのままではビッグプリーストの劣化。

果たして使われるのかどうか…

 

未鑑定の盾 ☆4

装甲+5とは別に、

  • 装甲+10(計15)
  • 対象に5点ダメージ
  • 5/5召喚
  • 5/2の武器装備

のどれか1つがランダムに付与されます。

6マナ15回復は強いのか弱いのか微妙ですが、他はどれもかなりマナ効率がよさげ。

今のウォリアーは以前より装甲を貯めにくいので、装甲をためつつ、強い動きがとれるこれは強そうです。

ランダムなのがどこまで響くか…

 

宝飾のゴーレム ☆4

スタッツが非常に高く、攻撃できなくても挑発があるので無地できないのは強い。

遅めのウォリアーなら無理なく採用できます。

沈黙されたらデメリットが消えるので、沈黙があまり怖くないのもいいですね。

 

ハンターの新カード

キャスリーナ・ウィンターウィスプ ☆4

「雄叫び」デッキから獣を呼び、「断末魔」でもう1度獣を呼べる良ミニオン。

8マナは重いですが、ハンターには5マナ4/6で断末魔のコストを2下げる獣がいるので、5、6ときれいにつなげることもできます。

重めのミッドレンジ~コントロール寄りのハンターで使えるでしょう。

これを入れるなら1~2マナは獣以外にして、中級以上の獣が多いデッキになるかな?

ハンターなのが最大の問題ですが、コントロールハンターいけるのか。

 

ロークデラー ☆1

ミニオンのいないハンターを強いと思えないし、重い割に武器としての性能も微妙。

 

こっちへ来い! ☆1

2体でてくるとき、その2体は別々の相棒がでてくるとのこと。

だからどうしたってレベルのザコカード。

 

圧し潰す壁 ☆2

7マナで2体倒せる確定除去ですが、自分で選べないのも、ハンターで7マナってのもキツイ。

ヒーローカードはコントロール寄りでしたが、コントロールハンターに欲しいカードか?と聞かれるとこれじゃない感が否めません。

 

エメラルドの小呪文石 ☆3

アップグレードが3/3が3体、4体と増えていきます。

アップグレードなしでも5マナ6/6相当なので悪くなく、条件もかなり緩いのは高評価。

秘策ハンターでもないかぎり、今のハンターに秘策はほとんど入りませんが、その辺りがどうなるか。

使いやすさとカードパワーはいい感じなんですがね。

 

沁み出すウーズリング ☆2

「雄叫び」でデッキの「断末魔」をコピーする変わったミニオン。

これまでのハンターだと獣シナジーが無いのはハズレでしたが、新レジェのおかげで獣が無いのを活かす=デッキ内の獣を絞るのに使えるかもしれません。

ただ本人は6マナ。

ハイメインとかぶりますし、こいつ自体は「雄叫び」なので、骸骨家蜘蛛の断末魔のコストを下げる効果も効きません。

効果は面白いんですが、デッキに入れるのは難しいと思います。

 

ワンダリングモンスター ☆2

悪いカードではなさそうですが、ちょっと不確定要素が多い。

ヒーローのライフを守りつつ、盤面にミニオンが残ればけっこうなアドバンテージですが…

ハンターはライフを守りたいヒーローじゃないんや…

 

洞窟ヒドラ ☆3

3マナで攻撃できればAOEにもなりえるミニオン。

ハンターの3マナ枠は恒例の激戦区。

新顔のサメグマを押しのけるほどではなさそうか…?

ヘルス4なので、3点AOEが流行ったりすれば及びがかかるかな?

 

側面攻撃 ☆4

4マナ3/3で2点飛ばすエレメンタルの上位互換ともいえるカード。(あっちと違ってヒーローには打てない)

ただ、同じ4マナで似た効果のパトコドーをあんま見かけなかったのを考えるとちょっとあやしい…

 

キャンドルショット ☆2

2マナ1/2で同じような武器をドラクエライバルズで見たぞ。

ライフを守れるとはいえ、ハンターがライフを守ってもしょうがないし、盤面とるほどの打点もないので弱そう。

 

メイジの新カード

ドラゴンコーラー・アマンナ ☆4

これまでのメイジにはなかった盤面を作るカード。

ポータルやメテオ、ブリザードがあるコントロールメイジなら無理なく採用できます。

1体だと弱いので、せめて2体は欲しいところ。

コントロールメイジのフィニッシャー枠ですね。

 

アルネス ☆2

6マナで枚ターンドローしまくれるカード。

デッキは限られるとは言え、エクソディアメイジとはかなりの好相性に見えます。

6マナと重いし、手札が多いと腐る可能性もありますが、就職先はありそうです。

ただ攻撃力0なので、自分の意思で壊すことができません。

デッキを増やすカードでも来ない限り、使い勝手は悪そう。

 

ドラゴンの憤怒 ☆5

コントロールメイジのボードクリアカード。

メテオやポータルが採用されているデッキが多いし、最悪3マナとかでも5マナならそんな悪くない。

DKメイジで間違いなく採用されるはず。

 

驚異のデッキ ☆1

デッキにギャンブル要素を5枚混ぜるカード。

引けるまで発動しないし、引けるまでどんな効果かも分からない。

デッキを5枚かさましできるので、ファティーグ狙いのデッキなら採用されるかも…

使われるとしてもそのくらいでしょうね。

役割はありそうですが、強くはないカードです。

 

レイラインの操り手 ☆4

スペルに限らず、デッキ外から持ってきたミニオンもコストを下げるイエティ。

クエストメイジで魔法使いの弟子あたりを0マナにされると、クエストなしでも無限ファイボの可能性がでてきます。

さすがにそこまでうまくいかないとは思いますが、今のメイジはデッキ外からカードを用意するのはわりと得意。

こいつはエレメンタルでイエティスタッツ。

弱いわけがないです。

無限ファイボは勘弁してくれ…

 

ルビーの小呪文石 ☆2

アップグレードで呪文カード2枚、3枚と、最終的にカバルの魔道書と並びます。

が、エレメンタル2枚って条件はどうなのか…

現状のエレメンタルメイジはDKジェイナメインのコントロール型ですが、手札から出すエレメンタルはそんな多くなかったような…

テンポよりのエレメンタルメイジが生まれれば採用されるかもしれません。

 

爆発のルーン ☆3

相手のミニオンを出したとたんに除去+ヒーローも削れる秘策。

小型を出せば回避できるとはいえ、その分体力が削れるのはいやらしい。

「鏡の住民」が入ってるデッキなら、これに入れ替わるんじゃないかな?

 

魔力加工師 ☆4

1マナ標準スタッツを持ちながら、装甲を稼いでくれる良ミニオン。

後半でも腐らない1マナは使いやすいですし、こいつは1マナなのでコンボに組み込むのも余裕。

メイジの粘り強さが一気に跳ね上がりそうです。

アイスブロックは殿堂入りを検討してるって話だし、それを見越しての回復カードなのかも…

 

千変万化のスクロール ☆1

似たようなミニオンも武器も使われない以上、こいつの出番もないはず。

他2つ違い、メイジと限定されてますが、だからどうしたってレベルの違いだし。

 

ワタリガラスの使い魔 ☆2

2/2/2で呪文サーチできるのはいいんですが、「魔法学者」の方がよっぽど強いので使われなそう。

相手のデッキ内のスペルを確認できる効果でもありますが、それでも学者にとって代わるカードではないでしょう。

地味に獣シナジー持ちですが、メイジでは活かせませんし。

 

ウォーロックの新カード

マナアリの髑髏 ☆4

効果はまちがいなく強いんですが、効果発動が「ターン開始時」ってのが最大のネック。

返しのターンで破壊されたら丸損で、5マナなのでちょうどハリソンとかぶる。

そうなったら3ドロー…

他のレジェ武器はそこまで強くなさそうなので武器破壊がどれほど流行るか分かりませんが、

こいつは武器破壊のテンポロスが特にひどいので、そのリスク次第です。

効果発動さえできればマジで強そうですが。

 

第一使徒 リン ☆1

「第一の封印」は2/2を召喚しつつ、第二の封印を手札に加える5マナスペル。

この第二の封印も5マナで、今度は3/3と第三の封印を手札に。

という感じで、5枚目の最後の封印まで繰り返します。

この最後の封印を使うと10マナ10/10のミニオンが手札に加わるんですが、こいつは「雄叫び」で相手の残りデッキを完全に破壊できるトンデモカードです。

整理すると、

  • 6マナで3/6挑発を出す
  • こいつの「断末魔」で第一の封印を手札に
  • 5マナの封印カードを5枚使って、やっと手札に10マナ
  • 10マナを出せて始めてデッキ破壊

まともに狙うのはかなり厳しいですが、ブラッドプルーフでライフで呪文を使えればワンチャン…?

どちらにせよロマンカードですね。

 

ヴォイドロード ☆2

守りを固める9マナ挑発。

でてくる1/3も悪魔なので、DKグルダンのバリューが弱くなりかねないのが痛い…

ハイランダーデッキでクラルから出せる分には強そうですが、それでも入らなそう。

5マナ2点の「ランダムな悪魔を召喚する」ってやつで出たら当たりですがね。

 

大破壊 ☆3

4マナで打てる冥界。

手札を全て捨ててしまうので、コントロールデッキではまず使えません。

クエストデッキ専用の全体除去になりますかね。

 

取り憑かれた従者 ☆2

雄叫びならともかく断末魔なので、封印がとにかく怖いカード。

今回の拡張は封印の刺さるカードがかなり多いので、こいつも役に立たないんじゃないかなぁと。

大型を出せればもちろん強いですが、追加カードに小型の優秀悪魔が増えたので、相対的に使いにくいです。

 

アメジストの小呪文石 ☆4

アップグレードで5点、7点と上がっていきます。

これでやっとシャドウボルトをデッキから抜ける…!!

除去でも回復でも使いやすく、アップグレードも優秀な追加カードが増えたので難しくない。

いい具合のカードだと思います。

 

鉤手のリーヴァ― ☆4

ドラクエライバルズで見たぞ。確かシールドオーガとか言うやつ。

条件付の4マナ7/7挑発。

ウォーロックなら狙いやすい条件だが、効果発動しないと4/4バニラなのがどう響くかな?

ちなみに、雄叫びバフなのでDKグルダンで復活しても4/4にしかなりません。

防御目的でコントロールに入れるのも、後半の攻め札にミッドレンジに入れるのもいけそう。

 

コボルトの司書 ☆3

ヒロパが1マナになって2/1のオマケまで付いたって言ったら、どれだけ強いか分かるかと。

ダメージも呪文石カードとの相性がよく、スタッツも効果もいいので、アグロにもコントロールにも採用できる良カードですね。

 

卑俗なホムンクルス ☆5

2ターン目に2/4挑発はめちゃくちゃ強い…!

雄叫びのデメリットも大したことないし、呪文石とのシナジーも狙えます。

2ターン目これ、3ターン目タルクリでアグロの勢いを相当殺せますね。

クセの無いカードがウォーロックに増えてうれしい…

 

暗黒の契約 ☆4

ウォーロックで8点回復できることもでかいし、断末魔を能動的に発動できるのもでかい。

コンボパーツ寄りではありますが、回復カードしても有用ですね。

卵や悪魔を招集するカードを割りたいところ。

 

ローグの新カード

大逆の刃キングスベイン ☆2

バフを保ったまま、デッキに混ざる武器カード。

致死毒、回復毒、猛毒の武器とかを付与すれば強いのは分かるけど、そのデッキがそもそも弱そう。

おもしろそうではあるけど…

 

ソニア・シャドウダンサー ☆4

死亡時の条件が付いた代わりに、何体でもコピーできるシャドウキャスター。

死亡時ってのがどの程度足を引っ張るかわかりませんが、ヴァイルスパインを使いまわされる確率が増えただけでも十分脅威。

なかなか悪さしそうなカードですね。

 

雲隠れ ☆3

調整したアイスブロックみたいなカード。

コントロール系のデッキの延命手段ですね。

1発で殺される体力では使えないのはネックですが、ミラクルローグなんかの時間稼ぎとしては十分じゃないかな。

 

ファルドライ・ストライダー ☆4

ちなみに「待ち伏せ!」を引くとカードを1枚ドローできるようです。

これめちゃくちゃ強いですね。

ドローがないならともかく、ドロー付きなので実質デメリットがない。

ミラクルローグと抜群の相性です。

 

オニキスの小呪文石 ☆1

アップグレードで2体、3体まで増えます。

他のヒーローならいざ知らず、昏倒やヴァイルスパインをもらってるローグでは使う必要がなさそう。

条件も厳しいですし、断末魔ローグを組むほど強い固有の断末魔もいませんしね。

 

エルフの吟遊詩人 ☆3

コンボしにくい4マナで2マナスタッツ。

2ドローはめっちゃ強いけど、ローグなら他にドロー手段用意したほうがいいような…

デッキのミニオンを絞れば、コンボパーツを引きにいけるのはメリットです。

 

九死一生 ☆3

今までメイジ、ハンター、パラディンにしかなかった「秘策」カードが、今後はローグにも追加されます。

効果も相手しだいとはいえ、コンボパーツの回収や「コンボ」の始動用、単純なリソース回復と充分。

「影隠れ」より優先されるかは怪しいですが、充分使えそうなカードです。

 

突然の裏切り ☆4

ヒーローが攻撃されたとき限定とはいえ、ライフを守る+横並びの解答になりうるカード。

刺さるかは相手次第ですが、攻撃を防ぎつつ、あわよくば相手のミニオンを除去できるのは強い。

ただ読まれやすいので、攻撃する前に弱いミニオンを隣に置くだけで防がれてしまうのがネック。

小粒を並べるデッキには刺さりにくいですが、中~大型を並べるデッキにはぶっ刺さりそうです。

 

大洞窟のキラキラ拾い ☆3

レジェ武器サーチカード。

武器シナジーメインのローグがそこまで強いとは思いませんが、3マナで無敵のつく武器もあるし、2マナ1ドローのミニオンと考えればなかなか。

 

コボルトの幻術師 ☆2

これ自分で対象選べるのかな?

ランダムとも対象とも書いてないので分からないんですが、断末魔ローグとかだと使えそうです。

 

中立の新カード

クライヤミ ☆3

ハイランダーメタなのはもちろん、対コントロールで強く、対アグロではなんの役にも立たない1枚。

説明しきれてないところがいくつかあり、

  • 場にだした時はシェラジンの休眠状態のように対象にもできないし、破壊もされない
  • 退散や退化もきかない
  • 進化・退化ででてきたときも休眠状態になる。その場合、相手のデッキにロウソクが混ざらないので、ただの置物になる。
  • 雄叫びを2回発動して相手のデッキに6枚のロウソクを埋めても、3枚引かれた時点で20/20になり、6枚引かせる必要はない

こんな感じになってます。

強い弱いはまだ分かりませんが、ハイランダープリめっちゃキライなので、当たったら使います。

 

マスター・オークハート ☆3

9マナで4体ならべられるカード。

強いカードを招集できるわけではありませんが、デッキを絞ればある程度ねらったミニオンを招集できますね。

発想によっては強い盤面をつくれるでしょう。

ドラクエライバルズのグラコスみたい。

 

ゴルゴン・ゾーラ ☆4

ローグの固有カードっぽい効果なんですが、中立のレジェンドです。

3/2/2はそこまで厳しいスタッツではないのに、効果はリソース回復にもコンボパーツにも優秀。

必須カードにはならなそうですが、多くのコントロールデッキで採用できる性能です。

カザカスのような軽くて効果の強いカードと特に相性がいいですね。

 

キング・トグワルグ ☆2

身代金は5マナのスペルカードなので、相手の次のターンの動きを大幅に制限できます。

かなりおもしろい効果ですが、どんなデッキに入るかは謎すぎる。

 

狐のマリン ☆3

11月7日に配布されるレジェンドカード!

お宝カードは

  • 3マナ6/6挑発 自分の手札を全てレジェンドミニオンに
  • 3マナ1ドロー 手札の空きを全てそのカードに
  • 3マナ3ドロー それらのカードのコストを0に
  • 3マナレジェンド発見 そのコピーを2体召喚

ドロー+コピーはデッキによっては微妙ですが、他はどれもパワーカード。

ただどのデッキに入るか?ってなるとランプドルイドぐらいじゃないと枠がない…

 

魔力の暴帝 ☆5

本来はテンポロスになりかねない重スペルでも、こいつで4/4を出せればその心配はかなり減ります。

ドルイドの滋養あたりと使われるとかなり強そうですが、エレメンタルなのでメイジの方が相性いいかな。

こいつの強さはエレメンタル関係ないので、シナジーのあにデッキにも入る可能性はあります。

 

記録保管大臣 ☆2

使われるのも対象もランダムなのは怖いなぁ…

こういう効果は好きなんですが、絶対に使いにくいですよねこれ。

秘策だけのデッキとか、相手しか対象に選べない呪文で固めたらワンチャン?

 

性悪な召喚師 ☆3

メディヴの杖のような効果を持ったミニオン。

どんなデッキでも0~2マナ程度の軽いスペルが入っているので、大型は狙いにくいですが、それでもマナ相応の盤面は作れそうです。

本人がまぁまぁ重いので、構築レベルかは微妙。

ハズレの少ないデッキってなんかあるかな?

 

ヴォイド・リッパー ☆3

中立の悪魔で、全体版の錬金術師。

シャーマンにぶっささるのはもちろん、虫害をOTKカードにしうる1枚。

1枚で仕事する場面は少ないけど、コンボカードとしてよく目にしそう。

 

ドラゴン孵化師 ☆1

9マナ2/4は全カードでもトップクラスに弱いスタッツ。

低ステータスなのを利用して、手札・デッキからだせば強いか?

攻撃力2なので、攻撃力1のドラッカリの呪い師と一緒に、新レジェで出せれば強そう。

 

クズ拾いのコボルト ☆1

武器メタである武器破壊の、さらにメタカード。

スタッツは1マナ相当で、武器が破壊されなければただのバニラ。

よほど武器が生命線のデッキなら保険として入りますが、現状そんなデッキはなし。

手札に戻すだけで装備する訳では無いので、テンポもあまり良くない。

多分、使われないでしょう。

 

肉食キューブ ☆4

高いスタッツに断末魔デッキと最高の相性の雄叫び・断末魔。

断末魔シナジー抜きにしても、破壊したミニオンを2体に増やせるんで、アリーナでも普通に強いはず。

 

きらめく駿馬 ☆2

ヒロパ・呪文の対象にならないカードはあったけど、自分のはかけれるミニオンは初。

その分スタッツが低いので、バフをかけて除去されにくい大型を作りたいカード。

スペルブレイカーや退化は防げないので過信は禁物。

 

回廊漁り蟲 ☆2

2回以上ミニオンが死ねば強いものの、手札にいないと効果を発動しないのがネック。

6マナ4/4のネルビアンに似たカードですが、あちらより使いにくそうなのでアリーナでも微妙そう。

 

ファーボルグの苔編み師 ☆1

ファイアフライなんかを6/6にできる5マナ1/1。

…これでよくないかな?

エレメンタルがいないと5マナ1/1にしかならんカードなので、進化デッキでもエレメンタルデッキでも、こいつの役割はなさそう。

 

飢えているエティン ☆3

2マナが出るくらいなら、6マナ4/10挑発だすメリットの方が、はるかに上回るんじゃなかろうか?

カタツムリとか毒もちならともかく、その2マナ2~3点削られても4/7挑発ですからね。

ここまでデカイサイズの挑発なら、構築でもお目にかかるかもしれません。

対プリーストで強いのはもちろん、狂気ポーションのあるプリースト自身が使うのも強いですな。

 

スコーピオ・オ・マティック ☆1

珍しいメカ種族ですが、効果もスタッツも普通のデッキに採用されるものではありません。

 

ジャリッパナの騎士 ☆2

デメリット持ちの2マナ相応の1マナ。

エサゾンビと違い、相手の盤面も補強してしまうので比べ物になりません。

 

獰猛なクッチャベラー ☆1

1/1/1って時点で弱く、効果も弱い。

獣が付いてればバ獣が面白いことになったろうけど、そんなこともなし。

 

孤高の勇者 ☆3

役割は「タール・クリーパー」に似ていますが、これはよりコントロールデッキに向いた性能。

条件付きとはいえ、3マナで聖なる盾+挑発の2/4スタッツは非常に優秀です。

問題はやはり「タール・クリーパー」とどちらが使いやすいかですが…

後半は3/2/4バニラになる可能性を考えると、「タール・クリーパー」の方が安定して強い気はします。

 

漆黒のドラゴン鍛冶 ☆2

武器コストを下げる代わりに、スタッツが3マナ相当のドラゴン。

手札に武器が引けてないと意味がないので、レジェンド武器しか入っていないデッキでは採用はできなそう。

プリーストがデッキ外から発見して、武器のコストを下げてコンボを狙う。

とかはもしかしたらあるかも?

 

コボルトのモンク ☆3

4マナで優秀なバニラスタッツに、ヒーローを守る効果を内臓したミニオン。

効果が刺さる場面はなかなか無いと思いますが、中立の4マナ3/6は初。

アリーナでよく見かけそうですし、こいつでメイジ相手にリーサルを逃れることもあるかも。

 

ワメキノコ ☆3

かわいい

1マナを呼び続ける1/2。

本人が1マナ相応のスタッツなので、単純計算だと2回発動できればマナ相応。

トークン系のデッキで採用…されるか?

個人的に嫌いじゃないけど…

 

護宝のドラゴン ☆2

スタッツが強いとはいえ、あまりにもデメリットがきつすぎる。

ミルデッキなら相手の手札をあふれさせるのに使えるかもですが、そうなると今度「断末魔」なのが使いにくい。

4マナドラゴンならトワイライト使えばよさそうですね。

 

シルバーヴァンガード ☆1

「沈黙」だけは絶対に勘弁してほしいミニオン。

8マナ「以上」ではないので、ぴったり8マナのミニオンだけ招集されます。

7マナ3/3は絶望的なスタッツで、効果も「断末魔」なのですぐに発動する効果ではない。

7マナでこれだすなら、次のターンに8マナ出せばいいと思う。

 

ギルド募集係 ☆3

4マナ以下限定の「招集」ミニオン。

本人のスタッツが3マナ程度なので、2マナミニオンとかでも5マナ分の仕事は一応できてる。

アリーナの5ターン目でこれ+イエティとか出てきたらゲーム壊れる。

4マナ以下を絞れば、特定のミニオンを呼び出すコンボパーツにもなるか?

と言っても5マナでコンボパーツは微妙そうですが。

総じて微妙ではありますが、アリーナではかなり強そうなミニオンです。

 

 

ドラゴンスレイヤー ☆3

3マナ標準スタッツにこの効果ならまぁまぁ強そう。

攻撃力4なのもあって、ドラプリにはとにかく刺さるカード。

アリーナの3マナバニラ要員。

 

コボルトの弟子 ☆3

スタッツが-1/1された代わりに、味方に誤爆しないマッドボマー。

アリーナでしか見ないとは思うけど、そのアリーナでなかなか強そう。

 

 

蝋のエレメンタル ☆2

エレメンタル発見に不純物追加。

ただ、2回攻撃を防いでくれるので、まったく役に立たないカードではありません。

トレード能力皆無ですが。

 

賑やかな吟遊詩人 ☆2

攻撃力は上がらない代わりに、味方全体にバフをかけるカード。

3ターン目に出してもシャタードサンの聖職者の劣化なので、個人的には使いにくそう。

 

腐蝕ヘドロ ☆2

デカイだけのウーズ。

単純な武器メタならハリソン、暴蝕ウーズの方が追加効果が優秀なので、アリーナでしか見かけなさそう。

 

下水さらい ☆2

トークンと本体が逆になったレイザーフェンハンター。

雄叫び2回発動させればあっちより強いけどそれだけ。

多分、でてくるトークンは獣でしょうね。

 

キノコの呪い師 ☆3

標準的なスタッツに使いやすい能力。

序盤のリードを保持しやすくなるので、アリーナだと見た目以上に強い3マナだと思います。

 

ヴァイオレット・ヴルム ☆2

単純計算だと8マナ14/14。

獣なので、ハンターのレジェンドからひっぱってこれたら強いです。

 

潜む悪魔 ☆2

隠れ身を得た変わりに、1マナ増えたレイドリーダー。

単体は弱いので状況を選ぶカードですが、使われて困る・使って強い場面はそれなりにありそう。

 

 

 

装甲虫 ☆3

地味にこいつのおかげで全ヒーローが装甲を積めるようになりました。

ウォリアーだと構築でも採用できるレベルのミニオンですね。

バニラスタッツに腐らない効果に獣シナジーとか、中立カードにしてはかなり豪華です。

 

 

 

呪われた門弟 ☆2

断末魔で復活する4マナのマグマ・レイジャー。

1点でないヒーローにはうっとうしそうだけど、どうだろ…

完全な有利交換はされにくそうなんで、そこまで悪くないと思うんですけどね。

 

 

 

グリーン・ジェリー ☆2

一回り小さくなったホガーのようなカード。

ホガーも使われていない以上、このカードの出番もないでしょう。

コモンなのでアリーナではそれなりうっとうしいミニオン。

 

 

 

 

トログのキノコ食い ☆3

見たまんま、アリーナで使われたら鬱陶しいカード。

 

牙を剥く宝箱 ☆2

小さい終末預言的中者。

2マナ+αでとらえるヘルスでは、完全な有利盤面じゃないと機能しません。

攻撃力0なのでミートワゴンから出すことはできますが、それこそ終末預言的中者でいいし。

 

キノコ酒造師 ☆3

大きくなった大地の円環の遠見師。

ウォーロックならワンチャン構築でも採用されるかも…

 

石肌のバジリスク ☆3

スズメバチとは違った意味で生き残りやすい毒もち。

個人的には隠れ身のスズメバチの方が使いやすいかな?

こっちにはこっちの良さがあるし、状況次第でこっちのが強いですが。

 

菌術師 ☆3

アルガスの守護者をよりバフ特化にしたカード。

横に並べられるデッキなら十分強いが、単体では2マナ以下なので腐ると痛い。

ボーンメアは見習え。

 

ダイアモール ☆3

ほぼハンター固有カード。

野良猫と両方採用されるかは微妙だけど、普通に採用されてそう。

 

 

 

 

 

眠れるドラゴン ☆2

でかあぁぁぁぁい!!!

説明不要!!!

 

2017年11月4日ゲーム, ハースストーン

Posted by 脳筋