胸の筋トレ前に知っておきたい、大胸筋の筋肉データ

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

ベンチプレスでおなじみの大胸筋です。

筋肉の中でも知名度の高い筋肉だと思うのですが、その働きやどこに付いているかなどを簡単に解説していきます。

SPONSORED LINK

・基本データ

無題あまり知られていませんが、大胸筋は大きく3部分に分かれています。

ちょっとわかりずらいかもしれませんが、上図の白線で区切った3部です。

上から鎖骨部(サコツブ)胸肋部(キョウロクブ)、腹部(フクブ)とわけられます。いずれも腕を前に押し出す動作なのは変わりないのですが、それぞれ力のかかる方向が微妙に違っています。

・大胸筋鎖骨部(上部)

主に鎖骨の内側から上腕骨の上の方(大結節稜といいます)につき、腕を上斜め前に押し出すように働く。インクラインダンベルプレスなどで鍛えら、3部の中でも小さく、力が弱い。

 

・大胸筋胸肋部(中部)

胸筋でもっとも大きい部分。胸骨と、2番目から6番目の肋骨から始まり、同じ上腕骨の上の部分につく。

正面に腕を押し出す方向に働き、基本的な胸のトレーニング(ベンチプレスなど)ならどれでも鍛えられる。

 

・大胸筋腹部(下部)

大胸筋の下部。すこし特殊な筋肉で、骨ではなく、腹筋(腹直筋)の上から始まっている。

大胸筋の中部と連動しやすく、主に下斜め前に押し出す方向に働く。ディクラインベンチプレスやディップスなどで鍛えられる。

 

上記の3つとも、体から腕にかけて横方向に走る筋肉なので、大胸筋は使うときは「腕を体の前に引き付ける働き」をします。

(そのため、大胸筋のトレーニングとしてはベンチプレスが有名ですが、大胸筋の運動方向ともっとも近いトレーニングはダンベルフライとなります。)

 

・日常動作で使うタイミング

日常では

  • 体の前に両手で物を抱えるとき
  • 両手をついて体を支えるとき

などに使われます。

また、呼吸で息を吸うときの補助をする筋肉でもあります。

 

・ストレッチの仕方

  1. 壁に肘を伸ばして片手を付き、反対方向に体を回しながら伸ばす。(右手をついているなら左に体を回す。)
  2. 壁に両手を付き、腰から体を前に倒して、両方の胸筋を伸ばす。

 

・まとめ

大胸筋は男の人なら厚い胸板、女性の方なら引き締め効果によるバストアップ効果がありますので、ボディデザインとしてもオススメの筋肉です。

反面、大胸筋はトレーニングとしてはポピュラーな筋肉のわりに、日常生活ではあまり使われていない筋肉だったりします。

なのでトレーニングを始めたばかりの人だと、次の日にすさまじい筋肉痛になったりするので、翌日仕事の人は気をつけましょう。


PAGE TOP