【auひかり】マンションの100mbpsプランで契約しました【体感レビュー】

2017年8月21日

引っ越したのでネットの契約をしなおそうと思い、いろいろ見た中で一番安かったauひかりで契約しました。

ただ、うちのマンションは1ギガプランに対応していなかったので、100mbpsで契約。

数字だけ見れば速度は10分の1くらいです。

10分の1って聞くとすごい遅くなりそうなんですが、実際はそうでもなかったので、実際の速度と一緒に紹介します。

マンション100mbpsプランでのネットの速度(速度の見方も解説)

これが実際の計測結果。

ちなみにこれはルーターなしの速度

auの人が持ってきたモデムって言う、大本の機械だけでこの速度です。

1300+450で11acのルーターでも試したんですが、モデムだけの方が速かったので…

 

ちなみに速度の見方ですが、

  • ピン=反応速度(レスポンス)。スマホからサーバーへ、サーバーからスマホへ反応が届くまでの時間。小さいほど速い
  • アップ=アップロード速度。ツイッタ―に画像を上げたり、Youtubeに動画を上げるときなどの速度。大きいほど速い
  • ダウン=ダウンロード速度。動画や画像を読み込む速度。大きいほど早い

それぞれの意味はこんな感じです。

 

また、それぞれの目安は

  • ピン…25ms以下なら早い
  • アップ…Youtubeの動画主とかでもない限り、気にしなくていい
  • ダウン…動画を見る程度なら10Mbps以上あれば十分

おおよそこんなもん。

それを考えれば、私のは十分以上のスペックがあります。

  • ピン(Ping)20ms=25以下
  • ダウン 34Mbps=10以上

時間帯に寄って多少変わりますが、100mbpsプランでもなんの問題もありませんでした。

実際の速度はケーブル・ルーターによる影響も大きい

※こっからは補足です。

ただ、上記のはあくまで計測速度。

車で言えば「最高○○kmで走れますよ!」というカタログスペック。

実際に速度を左右するのは、その速度を維持できる環境です。

具体的に言うと、

  • 有線か無線か(整備された道か、ガタガタの道か)
  • LANケーブルの規格が高いか低いか(速度制限のない道か、速度制限30kmの道か)

この辺の方がよっぽど重要。

なので、Ping、アップ、ダウンの速度が良くても、快適にネットができるかは話が別

ネットにつないでるケーブルの質が低かったりすれば、計測結果が速くても関係ないです。

 

なんで、私と同じような計測結果でも…

体感で「遅い!」と感じる場合は、

  • PS4などは有線でつなぐ
  • 性能の高いLANケーブルに交換する

などで環境を整えてみましょう。

 

ネットにオススメのLANケーブルのランク(カテゴリー)

ちなみにLANケーブルは「カテゴリー(CAT)」でランク分けされており、速いもの順に

  • 7A(最速)
  • 6A
  • 5e
  • 5(最低)

の6段階に分かれています。

最高ランクの7Aは速いとはいえ、機械もその速さに対応してないと意味ないので、中間の5e~6のケーブルを使いましょう。

ただ、長さが足りないとどうしようもないので、必ず長さを確認してから買ってください。

※下2つは同じカテゴリ6のケーブルですが、上は1m、下は5mです。

ちなみにケーブルはできるだけ太いものを。

薄いと取り回しはよくなりますが、ノイズの影響も受けやすくなるので。

 

【まとめ】100メガでも問題なし

100メガしかできないと分かったときは、「10分の1って遅いに決まってるやん…」と思ったもんですが、そんなことはなかったです。

マンションによっては1ギガプランはできないこともありますが、100mbpsでも問題はないので安心してください。

また、実際に「遅い!!」と感じている人は、ルーターやケーブルといった、速度を出すための環境に注意してみて下さい。

参考になれば嬉しいです。

2017年8月21日インターネット

Posted by 脳筋