1度も歯石取りしてない人はサッサとするべき!20年以上経ってるとメチャクチャ痛い!

2017年5月12日

スポンサーリンク

はじまる前は「今日は痛くないですよ~^^」って言われてたのに…

ただ、痛い原因は私にあったようなので、このたび自己管理に目覚めました。

 

今回は私が歯医者さんで歯石取りしてもらったときの体験と、それ以降やっている歯の自己管理。

いわゆるデンタルケアについて書いていきます。

 

 

歯石取り以前に歯石ってなんぞ?

ご存知ない方のために念のため。

「しっとるわい!!」って人は目次で飛ばしちゃってください。

 

歯石ってのは文字通り「歯」についた「石」みたいなもんです。

この歯石は「歯垢(プラーク)」が固まったものでして、ほっとくと毒素や酸を出して、歯や歯茎に炎症を起こすんだとか。

※「歯石は悪さしない!」みたいな説もあるようですが、その理由が「ガチガチに固まってるから悪さできない!」という、それ理由になってるか?ってレベルだったので考慮してません。

ほかに「歯石自体は悪さしないけど、歯石には穴が多いからそこに悪い菌がたまりやすい」とかもありました。

 

そもそも歯垢は食べカスではなく、「食べカスなどを栄養に増える細菌」のこと。

なので「歯石が付く」ってことは「歯に細菌が付いたまま固まる」のと同義なわけであります。

 

  1. 歯垢がつく
  2. 固まって歯石になる
  3. 毒素や酸を垂れ流す
  4. そのせいで歯も歯茎も痛む
  5. =歯周病

ってのがおおまかな流れ。

 

1.の歯垢の時点で歯磨き・デンタルフロスで取り除くのがベストですが、すでに2.の歯石になっている場合。

3.や4.まで進行するのを防ぐ。もしくは進行していても、それ以上の症状の悪化を防ぐ目的で行うのが歯石取りなわけです。

 

歯石取りのやり方(ふつうは痛くない…らしい)

この歯石取りですが、おおまかな方法は2つ。

 

1つは「超音波スケーラー」

機械の振動で歯石を砕き、砕いたものを水で洗い飛ばす器具です。

力をこめることが少なく、患者への負担も軽い方法となっています。

めっちゃ痛かったけどな!!

※重ねて言いますが、痛かった原因は私です(・・;)

 

もう1つは「ハンドスケーラー」

カギ状の器具でカリカリこそぎ落とす。

要は手動で落とす方法です。

患者にも治療者にもしんどいんですが、超音波では落ちないような細かい隙間の治療に選択されます。

重なってしまっている歯と歯の隙間とか。

 

このどちらかしか使わないってのはまずなくて、

  1. 超音波でおおまかに落とす
  2. →ハンドスケーラーで残りを落とす

ってのが多分ベターかな?

少なくとも私はそんな感じでした。

 

私みたいに20年以上、歯石を落としたことがない人はお早く!!

こっから脳筋の体験談。

 

まず私の歯石なんですが、

衛生士さん「ちょっとお口あけて下さいねぇ~。ん~あんまりついてないですねぇ~」

みたいな感じで、表面の歯石は大したことなかったんだそうな。

 

ただ、診台で横になってから改めて見てもらうと、

「…歯周ポケットの奥に入ってるだけで、かなり多いですね(・・;)」

みたいなこと言われまして。

 

ここで「これまで歯石取りの経験はありますか?」と聞かれたんですが、

恥ずかしながらこの脳筋、これまでの26年間、歯石取りの経験は一切なし

このことを伝えると「ウェ?!」みたいな反応されたんですが、そんなに珍しいことなんだろか…

 

んで超音波スケーラーで除去開始。

先ほど説明したように、痛くなりにくい専用器具であります。

 

なのにクッソ痛い

 

涙目になって、手や足の指に無意識に力が入るくらい痛い。

ギブアァァァップ!ってほどの痛みではないんですが、とにかく治療中ずっと痛い。

一段落したところで「かなり痛いです」と伝えるとキョトンとされました。

そのくらい、普通は痛みを訴えない治療なんでしょうね。

 

ちなみにこの痛みなんですが、「魚の骨が歯と歯茎の間に刺さった痛み」って分かります?

あの骨が刺さったまんま、めっちゃ振動してる感じです。

 

痛みを説明すると、

「たまった歯石がとれたとき、歯周ポケットの中で浮くので痛くなるみたいです。」

とのこと。

浮いた石の破片が歯周ポケットで暴れて、歯茎にあたるから痛いんだと。なるほど。

 

…ようは歯磨きサボってた私の積みかさねが原因と。

 

とれた歯石を見せてもらうと血だらけで真っ黒。

(5月20日に上の歯の歯石も取るので、そのとき写メ撮っていいか聞いてみよう)

 

先生も

  • 「ここまで黒くて血が出るのはよっぽどですよ(・・;)」
  • 「1回では負担が大きいので、もう1回来てもらっていいですか?」
  • 「歯磨きや歯間ブラシはしてますか?かならずした方がいいですよ。」

と立て続けにアドバイスをいただきまして、「あぁ、マジでひどかったんだ俺…」と反省し、気をつけ始めて今に至ります。

 

てなわけで、口腔ケア始めました。この辺りは初心者オススメです!

さすがに心配になったもんで、自分でもいろいろ調べて買いました。

歯ブラシに関しては普通のが1番。

というか、

  • 頭が丸くなってる→四角い方が歯の形に合う
  • 歯周ポケットに届く!→届いたところでCMみたいに取れないし、そもそもブラシが細くても、相当強く磨かないと届かない

と、かえって良くないんだそうな。

なので歯ブラシ以外でいろいろ探してみました。

 

まずは「デンタルフロス」

「糸ようじ」とも言いますかね。

器具にセットされた方が初心者でも扱いやすそうだったんですが、

よりコスパがいいデンタルフロスを購入。

デンタルフロスにも3タイプくらいあるんですが、私みたいに慣れてない人はワックス付きがオススメ。

歯と歯のあいだに入りやすいので、難易度がグッと下がります。

 

ちなみに、下の歯は鏡みれば余裕だけど、上の歯が慣れないうちはクッソむずいです。

コツとしては指の間に幅を狭くしてピンと張る。

 

で、そのまま歯の両サイドにそれぞれ指を持っていく感じでやるとうまいこといきます。

 

ついでに「リステリン」の液体歯みがきも買いました

マウスウォッシュみたいなのを想像してたんですが、これは口をゆすいだあとに歯ブラシでブラッシングするもの

歯磨き「粉」の液体版でした。

これまた何種類かあったんですが、歯医者でボロカスに言われてたので1番いいやつを購入。

「殺菌もできる」とか、いかにもな感じですよねぇ。

んで、これ使ってみると、思ってたよりだいぶ辛い(**;)

歯に沁みるとかはないけど、慣れないうちは舌がひりひりして、すぐに吐き出したくなるくらい辛いです。

 

ただ、かなり効いてるようで、まだ1週間半ですが、歯茎がかなり引き締まってきました。

値段もほかのタイプと100~200円しか変わらないんで、買うならこいつがオススメです。

 

 

終わりに

歯石取りってそんなに高くないです。

1回で2000円いきませんでした

半年に1回くらいはやってもらうのがいいみたいですが、これなら大した負担にはならないと思います。

歯石が付かないようケアするのが1番でしょうが、素人判断より歯医者さんに診てもらうのが1番。

 

私のように歯医者と縁が無かった人は多い…と思うんですが、痛い歯がなくても歯茎が腫れたり、下がったりしていたら歯医者さんで歯石取りしてもらいましょう。早めにね。

あとになると痛いですよ~

2017年5月12日雑記

Posted by 脳筋