【ハースストーン】ウンゴロ環境で勝つための3すくみ(?)と、ヒーロー別考察

2017年4月10日

スポンサーリンク

最初は極端にローグが強いかと思ってましたが、今はわりとバランス取れてると思います。

4.14追記:部分的に追記してます。

ウンゴロ環境の3すくみ

下の図のような感じだと思います。

クエストローグがミッドレンジ~コントロールのデッキに圧倒的な強さをほこり、それを狩るためにアグロデッキが増加。

そしてそのアグロを狩る挑発ウォリアーが増えた印象です。

 

挑発ウォリアーの苦手デッキとしてはミラクルローグなんかが挙げられますが、それでも極端に苦手ではない印象。

ハンターやドルイドの研究が進めば、より明確にメタとなるデッキができるかもしれません。

追記:ハンターがクエストローグに強く、挑発ウォリアーにも十分勝てるので数がかなり増えています。

それもあって3すくみどころではなくなりましたが、一応こんな感じかなと。

「線が多すぎて分かりづらい?」自覚はあります。お許しを(・・;)

トップメタの2つは相変わらず、メタ外のデッキ全てに勝ちうる高いポテンシャルを持っています。

そのトップメタ両方と戦えるうえに、デッキも安くプレイも比較的簡単なミッドハンターが数を増やしている印象です。

んで、そのハンターに強いアグロも増えてきている。

ならそれに強い挑発ウォリも…

というイタチゴッコ状態です。

 

正直、時間帯・ランク帯でそれぞれの数が激変するくらい拮抗しているので、「これ!」と読み切るのは私には難しいです…(・・;)

 

ローグ

クエストローグ

言わずと知れたウンゴロ最強デッキ。

クエスト達成後では対処できない強さがあり、そのうえ達成もローグならそこそこ容易。

運が良いと(悪いと)2~3ターン目でクエスト達成とかもありうる、ブン回りムーブがあるのも強み。

1マナ5/5突撃などで攻めつつ、低コストでリソースを回収するカードも多いので息切れもしにくい。

クエスト達成後に勝つのは至難のデッキです。

その分、事故率もそれなりに高いですが。

 

【クエストローグ対策】

反面、クエストが達成できないうちはただただカードパワーが低いデッキのため、速攻で轢き殺すことが最善手です。

コントロールデッキでは相当きついですが、発見メイジとかなら「ファイアボール」や「フロストボルト」など、

火力を顔に打つフェイスプランで押し切れることもあります。

 

今の環境だと

  • テンポカードが多く
  • 手札から出る火力も高く
  • 「呪文相殺」でワンチャンクエストを吹き飛ばせる

秘策メイジが1番戦いやすいかな?

アグロドルイドでも、アグロマロパラでも、ミッドレンジハンターでも、アグロよりのデッキなら軒並み有利ですが、

最近は「終末預言者」で盤面対策したデッキも多いので、手札から火力を出せるデッキの方が相性がいいでしょう。

 

ミラクルローグ

挑発ウォリアーへの対抗馬として増えてきたデッキ。

新カードではコンボ確定除去だったり、2/2で1マナ1点スペルを手札に加えるなどを採用。

強力なテンポカードや、ミラクル特有のちゃりちゃりと相性の良いカードが追加されてます。

今はリロイからのバーストより、エドウィン・魔力の巨人で返せない盤面を一瞬で作るデッキが多い印象です。

 

また、対挑発ウォリアーでは新レジェンドの「死体花シェラジン」が優秀。

ウォリアーではどうあがいても処理しきれないので、シェラジンで打点を維持しつつ戦えます。

相変わらずアグロの相手は苦手ですが。

 

ウォリアー

挑発ウォリアー

クエストによって長期戦が圧倒的に強くなったデッキ。

挑発が多いのでアグロへの耐性が高く、クエスト報酬でコントロールにも強い万能デッキ。

盤面で押し込まれそうになっても、「乱闘」でリセットできるのも相変わらず凶悪です。

そもそも素の盤面も強いので、単純にミニオンで攻めることもできます。

クエストローグメタでアグロデッキが増え、それをさらにメタった立ち位置です。

 

なかなか隙のないデッキですが、クエスト報酬を使ったあとはヒロパで装甲を貯めれないため、

使われるまでにライフを削ってプレッシャーを与えることがカギとなります。

ダメージソースもクエスト報酬のヒロパ頼みなので、それ以外はたいして怖くないですし。

 

海賊ウォリアー

クエストローグがアグロに弱かったため、最速で火力を叩き込めるこのデッキも引き続きよくみられました。

ただ、海賊は挑発に極端に弱いため、挑発ウォリアーが増えた今はほとんど見かけません。

一応、対策として「乱闘」を採用した海賊が増えていますが…

 

挑発ウォリアーに強く、レシピも安いミッドレンジハンターが増えていますので、それに有利な海賊も少し増えてきました。

 

シャーマン

エレメンタルシャーマン

翡翠を取り込んだ型と純エレメンタルの2パターンがありますが、基本はどちらもコントロールよりのデッキです。

中盤~終盤では3~5点を出しつつミニオンを召喚したり、カリモスの汎用性で状況に合わせた効果を発動したりと、シャーマンらしい器用さが光ります。

エレメンタルの発見も、シャーマンならカリモス、アラキアといった固有カードが選択肢に入るのも強いです。

 

ただクエストローグ、挑発ウォリアーの2大巨塔どちらにも特別有利なわけではないので、今はやや減少気味。

それでも

  • ローグが多ければ翡翠を採用して序盤から攻める
  • 挑発ウォリアーが増えれば「退化」、「血の渇き」を採用する

など、メタに合わせてチューニングする余地があるのが強みです。

 

マーロックシャーマン

クエストを採用したシャーマン。

アグロ特性の強いマーロックで序盤から攻めたて、手札が尽きればメガフィンでリソースを回復。

手札のマーロックでさらにコンボを重ねるデッキとなっています。

 

クエストは1ターン目に貼る特性上、1ターン目から動きたいアグロと相性が悪いのが難点。

そのぶん継戦力が爆発的に上がっているので、攻め続けられるアグロデッキと言えます。

ただダメージをミニオンにゆだねているので、挑発ウォリアーが大の苦手です。

 

ウォーロック

Zoo

新レジェンド2枚には見向きもせず、コモンの4マナ4/4適応2回を採用したデッキが流行っています。

卵とテラーコンボによる盤面重視型と、銀食器を採用したディスカ型が主ですが、どちらにせよ初心者に優しい、安くて強いデッキの立ち位置は不動です。

 

クエストローグに強く、卵採用型は盤面もかなり強いので色んなデッキと戦えますが、やはり挑発ウォリアーは苦手です。

錬金術師などでごまかしながら戦う必要があります。

 

ハンター

ミッドレンジハンター

ミッドレンジと言いつつ、1マナも多く採用された速攻デッキ。

優秀な低コストの獣が増え、長年の問題であった手札補充も新スペルで改善されたため、かなり強くなりました。

優秀な1マナミニオンで速攻をしかけ、ハイエナやレイザーモーでバーストも狙う。

中盤はハイメインなどで盤面を制圧し、ヒロパ・ダメージスペルによる直接ダメージも狙える優秀なデッキです。

Zooは「マルシェザールのインプ」がアドベンチャーでしたが、このデッキはパックのカードのみで作れて、高レアもエピックが0~2であとはコモンかレア。

カラザンを解放していない人からすれば、Zooより手を出しやすい安い・強いデッキです。

 

  • ヒロパ・スペルで直接ヒーローにダメージがだせる
  • 優秀な断末魔ミニオンが多いので乱闘にも強い

この2点で挑発ウォリアーとも戦えますが、エレメンタルシャーマンの汎用性・制圧力にはまず勝てないデッキです。

挑発ウォリアーが増えてシャーマンが減っている今、このデッキを対ウォリアー用に調整するのもありだと思います。

 

クエストハンター

クエスト達成後のツンドラサイと組み合わせたドロー+3点ミサイルは強力なんですが…

  • 1マナが多めのデッキになるのでデッキパワーが低くなる
  • ドローの乏しいハンターでは、達成までにそこそこ時間がかかる

この2点がネックであまり見かけないデッキとなっています。

 

プリースト

断末魔プリースト

希望の番人アマラによる回復と、ンゾスによる盤面で戦うコントロールデッキ。

・・・なんですが、遅いデッキがクエストローグに淘汰される環境ではほとんど見かけません。

それを差っ引いても断末魔ミニオンのカードパワーの低さ、そもそものプレイングのむずかしさがあり、ほとんど見かけないデッキとなっています。

 

ドラゴン(ミラクル・OTK)プリースト

もう1枚のレジェンド。

太陽の破片 ライラを採用した新しいプリースト。

ウンゴロで呪文シナジーが大幅に強化されたため、その強みを活かすコントロールデッキです。

ドラゴンシナジーも部分的に取り込み、ヘルスを増やして攻撃力と同化させてOTK!なんてコンボもあります。

プレイングはめちゃくちゃ難しいですが、使いこなせればかなりのポテンシャルを発揮できる玄人デッキ。

 

今私が1番作ってみたいデッキです。

くっそ高かったけど作りました。

使ってみた感想ですが、対クエストローグにかなり強いです。

「ドラゴンファイアポーション」でクエスト後の盤面を空にできるのはもちろんですが、「影の幻視」でサーチ・水増しできるので達成後でも十分に対処できます。

 

クエストローグ対策はアグロが定石ですが、アグロは挑発ウォリアーに弱い。

その点、このデッキはクエストローグに強いのに、挑発ウォリアーとも戦えるのがいいですね。

反面、私のデッキだと海賊などのアグロにかなり弱いですが。

 

メイジ

クエストOTKメイジ

クエストによる1ターン延長に、他のカードを組み合わせて使うOTKデッキ。

アントニダスと弟子×4を組み合わせた無限ファイアーボールや、魔力の巨人を採用したものが一般的です。

カテゴリ的にはフリーズメイジで、フロストノヴァ+終末預言者などで序盤をしのぎ、コンボパーツを集めつつ、クエストも達成していくコントロールデッキとなります。

クエスト条件が厳しいのもあり、もともとむずかしいデッキでしたが輪をかけてむずかしくなりました。

ただ、このコンボは決める事さえできれば、ミラーマッチのアイスブロック以外はどんなデッキでも確殺でるのが売りです。

私もパックから当たったので組んでみましたが、使いこなせる気がしませんでした(・・;)

 

パラディン

アグロパラディン

マーロックとバフを使ったシンプルなアグロデッキ。

バフはクエストと相性がいいのですが、そもそもクエストとアグロの相性が悪いので非採用な型がほとんどです。

環境にクエストローグがはびこったときに少しだけ見かけたデッキですが、挑発ウォリアーによって姿をけしました。

相手にした感じだと十分に強いデッキなんですが…

 

エレメンタルパラディン

エレメンタルは手札にため込むのが前提なので、そことハンドバフを組み合わせたデッキ。

ハンドバフとの相性自体はいいものの、エレメンタルの固有カードがないパラディンではシャーマンほど噛み合ったシナジーは発揮できません。

十分強いデッキではあるのですが、「エレメンタルデッキを使いたければシャーマンでいい」というのが現状でしょうか。

 

ミッドレンジパラディン

序盤はマーロック、中~後半はティリオンなどの強力な固有レジェンドで戦う隙のないデッキ。

最近になって登場したデッキで、「剣竜騎乗」、「太陽の番人 タリム」などの追加カードでボード制圧力・処理力に磨きがかかっています。

パラディンは序盤のボードが取れないのが弱点でしたが、その問題はマーロックで解決。

  • マーロック横並び+「温厚なメガザウルス」によるビートダウン要素
  • タリム、平等コンボによるボードクリア
  • 「水文学者」、「ストーンヒルの守護者」(パラディンだと「ティリオン」とかの固有レジェンドも発見できるんですよね)によるリソース回復
  • ティリオン、光ラグなどの単体で強いパワーカード

といった感じで、本当に隙のないデッキみたいです。

 

使ったことも相手にしたこともないんですが、その強さはリストを見ればよくわかります。

おおよそどのデッキにも強そうですが、強いて言えばシャーマンの「呪術」、「退化」はもろに刺さりそう…かな?

いちゃもんつけるとしたらそのくらいしか思いつかない(・・;)

 

ドルイド

アグロトークンドルイド

蓮華紋、野生の力はもちろん、追加された集団適応で、集団バフをベースにしたアグロデッキです。

他にもマナ加速から5マナ8/8のヒュドラを召喚することもでき、アグロデッキのなかでもミニオンの強さはかなりのものです。

 

クエストローグに対抗するためのデッキでしたが、やはり挑発ウォリアーによって死滅しました。

ビタータイド・ヒドラを筆頭にミニオンが強く、新カードの2マナ2/2でリソースの回復もできるようになったので、極端に苦手なわけではないんですが…

対ローグを意識した構築だから合わないだけで、調整すればまたちがうかもしれません。

ヒドラ2積みとか。

 

クエストドルイド

大型連打をめざすドルイドらしいデッキ。

ランプドルイドの1種で、クエスト達成さえできれば10マナのミニオンであっても0マナで召喚できる脅威のマナ効率をほこります。

ただ、コスト0が手札には効かない即効性のなさがネックとなり、そこまで流行っていません。

挑発ウォリアーはクエストを進めるだけでアグロ耐性が付きますが、このデッキは環境にはびこるアグロに弱いままなのも厳しいです。

ランプドルイドはコントロールウォリアーに強いので、挑発ウォリアーが増えた現環境なら研究が進んでもおかしくないのですが…

スポンサーリンク



終わりに

今はなんやかんやで、どのヒーローにも一定のパワーをもつデッキがあると思います。

そういう意味ではバランスは結構良いと感じていて、ウンゴロ環境はガジェッツァンのときより楽しいですね。

一方で誰が使っても強いデッキより、プレイスキルがあってこそ強いデッキが増えたので、上達のし甲斐もあるゲーマー歓喜な環境でもあります。

私もミラクルドラゴンプリーストの練習はじめてみようかなぁ。

2017年4月10日ゲーム, ハースストーン

Posted by 脳筋