【ハースストーン】3月ランク戦の環境考察【アグロ―グ大増殖】

最近はビーストドルイドを使ってるんですが、ランク7~6を行ったり来たりして5まで上がれない脳筋です。

さっさと5まで上げて、まったりしたい・・・

 

 

 

 

3行で分かる3月ランクマ

  1. ちんけナーフでアグロ(とくにシャーマン)衰退
  2. アグロに弱かった翡翠ドル増加
  3. 翡翠ドルに強くアグロとも張り合えるアグロ―グ爆誕

ざっくり言ってしまえばこんな環境だったと思います。

では掘り下げていきましょう。

 

3月ランクマでよく見るデッキ

よく見かけるデッキは

  • 隠れ身アグロ―グ
  • 翡翠ドルイド
  • 海賊ウォリアー

の3勢力です。

ミッドシャーマンもそれなりに見かけますが数はかなり減り、レノロック、レノメイジ、ドラゴンプリーストはたまに見かける程度となっています。

 

3月ランクマの環境考察

アグロ全盛期から少しずつ環境が低速化しつつあります。

まだまだアグロデッキが強いのには変わりないんですが、

  • 海賊アグロシャーマン
  • 海賊(ドラゴン)ウォリアー

の最速2勢力が減った影響が大きいですね。

「ちんけなバッカニーア」と「精霊の爪」弱体化を受けたアグロシャーマンにいたっては、ほぼ絶滅状態です。

 

こうしてアグロが減ってきた結果、ミッドレンジにもコントロールにも強く、アグロには弱かった翡翠ドルイドが増えてきました。

それでなくても翡翠ドルイドは対海賊を意識した挑発・回復を積んだデッキが基本。

呪文で挑発を超えてきたり、「炎まとう無謀のもの」を最速で出してくるシャーマンはともかく、ウォリアーはなんとかしやすいのも追い風だったんでしょうね。

 

しかし、この翡翠ドルイドに有利で、他のアグロデッキともそこそこ戦えるデッキが登場しました。

それが隠れ身アグロ―グです。

3マナ2/2隠れ身+聖なる盾 や、3マナ2/3攻撃するたびにハンドを稼ぐシャク。

六丸+マーロック(通称、お魚出張セット)などの隠れ身ミニオンを「影の師匠」でバフするテンポプレイが強力です。

とくに六丸でテンポもボードも取られると、AOEもテンポカードもないドルイドでは返せません。

 

対アグロデッキも基本的に苦手ではあるんですが、

  • ヒロパ武器による1点×2
  • 0マナ2点、3マナ3/3コンボ2点などのテンポカード
  • リロイコンボによる10点以上の大ダメージ

という感じで序盤のボードを取りやすく、中盤からはバーストor強力な盤面で押し負かすこともできます。

デッキに挑発・回復が無いので海賊ウォリアーの火力を押し付けられると厳しいですが、それでも勝てないマッチアップではありません。

テンポカードをうまく使われると、アグロでも攻めきれないでしょう。

 

ちんけナーフによって海賊デッキが少し弱くなり、その結果ドルイドが増え、それに強くアグロとも戦えるローグが増えた。

それが3月の環境です。

ですので、ランクマもアグロ対策をしつつ、隠れ身アグロ―グの対策も考えるのがいいでしょう。

 

隠れ身アグロ―グも視野に入れた対策

隠れ身アグロ―グに有利なデッキはミッドシャーマンです。

というより、シャーマンの「退化」が隠れ身ミニオンの処理に非常に使いやすく、六丸を出されたり、エドウィンなどに隠れ身を付与されたあとでも、がっつり刺さります。

反面、今のシャーマンはアグロ―グ以外に特別有利なデッキが少なく、微妙にくすぶっているような状態です。

 

なのでシャーマン以外でアグロ―グの対策をするなら、オススメのカードは「暴走コドー」です。

 

5マナ3/5で敵の攻撃力2以下のカードをランダムに除去するカードですが、同じ5マナの六丸や、シャクなどのやっかいな隠れ身ミニオンを1枚で返せるのは優秀です。

※5マナ4/6で隠れ身をはがす「裏街の探偵」もありですが、単体で対処できるわけではないのでコドーをオススメしています。

 

私が最近ビーストドルイドを使ってるからコドーを贔屓目に見てるのもあるんですが、5マナで3/5スタッツを出しつつ、隠れ身の上から処理できるテンポは魅力的です。

とくにドルイドはテンポカードがほぼないので、ビーストドルイド以外でも採用の価値がありますよ。

 

 

 

 

終わりに

まとめると画像のようになります。

赤矢印は有利、青矢印は微有利です

アグロ―グ、海賊、翡翠ドルの3勢力をトップに、それ以外のデッキはくすぶり気味という印象です。

ウンゴロ追加前の最期のランクマ。

せめてランク5は目指してがんばりたいと思います!

ゲーム, ハースストーン

Posted by 脳筋