ニーアオートマタ3周目までクリア!ネタバレ控えつつレビューします。

スポンサーリンク

パスカルぅ・・・・゚・(ノД`;)・゚・

ニーアは前作も切なさ、救われなさに襲われますが、やはり独特の世界感がいいですね・・・

ちなみに3周クリアするまで(サブクエストをそこそこやりつつ)のプレイ時間は、27時間ほどでした。

 

 

 

 

ストーリーは周回前提だが、2周・3周目も新鮮

多少ネタバレになっちゃいますが、1周目は2B(女キャラ)、2周目は9S(男キャラ)視点でシナリオが進むため、ストーリーの流れは同じでも、視点によって物語が大きく変わっています

さらに、3周目では1周目・2周目のエンディング以降のシナリオを新しく始めるため、周回プレイと言いつつ、まったく別のシナリオがスタートするわけです。

前作の周回のようにほぼおなじ話を繰り返すわけではなくなっており、前作から大きく改善されたポイントとなっています。

 

3周目からが本番

このゲームの1周目・2周目は極端に言うと前座です。

1・2周目で世界感を把握しつつ、主人公それぞれの視点、目的に触れていき、3周目でそれまでの話から大きく動く構成になっています。

そのため1周目も2周目もおもしろいんですが、1番おもしろいと感じるのは3周目です。

 

前作プレイ済みの人からすれば1周目や2周目は「ニーアのわりに救われたエンディングだな」と感じると思います。

ご安心(?)ください、絶望と焦燥は3周目が本番です。

 

「3周しないと全貌が見えてこない。」と聞くとハードルが高そうに聞こえるでしょうが、3周それぞれのシナリオが変化しているので決して難しくありません。

ちなみに私は3周クリア(サブクエストもそこそこ)するまで27時間ほどかかりました。

このプレイ時間をどうとるかは人それぞれですが、1人プレイのRPGで考えれば短めのプレイ時間だと思います。

参考にしてもらえれば。

 

いい味だしてるサブクエスト

前作でもニーアの世界感を表現するのにかかせなかったサブクエストですが、今作でも健在です。

いずれもシナリオに直接関与するものは少なく、それぞれが独立したショートストーリーのような立ち位置になっています。

この1つ1つの物語が濃密で、サブクエを進めるためにメインシナリオが後回しになることも多かったです。

そのくらい話の1つ1つがおもしろく、設定や世界感も作り込まれています。

ニーアを楽しむからには外せないやり込み要素の1つです。

 

前作の世界感は引き継ぎつつも、前作未プレイでも楽しめる完結したシナリオ

エミールなど前作から登場しているキャラクターもいる以上、前作を理解していないと楽しめないんじゃないか?

という懸念はどうしてもあると思います。

ネタバレになりますが言ってしまうと、エミールはシナリオ本編にはほぼ関わりません

これはおそらく、意図してそのようなシナリオにしたのだと思います。

 

本編をプレイしていると、前作の世界感・設定はあくまで「過去にこんなことがあった」という背景程度で、シナリオの中で過去に触れられることはあっても、やはりそれらは触り程度。

世界感は同じでも、前作の設定はシナリオの裏側にとどめられています。

 

むしろ過去作とのつながりはサブクエストにちりばめられているのがほとんどで、メインシナリオに直接関与するのは少なめです。

私の場合は前作プレイ済みなので未プレイの視点で見ることはできませんが、それでも「ニーアシリーズ」と考えず、「ニーア オートマタ」単体の作品として楽しめるシナリオになっていると思います。

 

 

 

 

結論:ヘビーな世界感の反面、ライトユーザーでも手を出しやすいボリュームと難易度

このゲームの「うまいな」と感じるのは、シナリオや世界感の重厚さのわりに、ゲーム本編は手を出しやすいようまとめられている部分です。

正直、前作はやり込み要素が苦痛な部分も多かったのですが、今作ではやり込み方面もかなり改善されており、前作経験者からすれば「かなり親切になったなぁ」と感じる出来栄えです。

 

シリーズ未経験のかたもこの世界感、シナリオをぜひ体感してください。

そして叶うなら、必ず3周目までプレイしてください。

王道RPGのようなハッピーエンドを望む作品ではありませんが、ちょっと大人な話を好む人ならドハマりすること請け合い、最高の世界感を味わえます。

ゲーム

Posted by 脳筋