「ダイエットために筋トレ」してる人って痩せたいの?太りたいの?

2017年1月12日

スポンサーリンク

ふと気になったというか、いまいちハッキリしてない人が多いので、「筋トレ」と「ダイエット中に行う筋トレ」の違いを明確にしておきます。
 

 

「太る」と「痩せる」

単純な考え方だと体重が減ってれば「痩せる」。

増えてれば「太る」っていうのが一般的だと思います。

 

詳しい人なら数字より体脂肪を中心に考えるでしょうが、ほとんどの人はこの数字を中心に考えますよね。

じゃあ、筋トレをすると体重はどうなるでしょうか?

 

一般的な筋トレの目的

これは言わずもがな、筋力・筋量アップが目的のはず。いわゆる筋肥大が目的ですね。

よく言われる細マッチョなどのボディメイクも、狙った部位の筋量を増やして体型を作り込むのが目的です。

筋肉の量を増やす=増量の意味合いが強くなります。

 

ダイエットにおける筋トレの立ち位置

対して、ダイエット時にすすめられる筋トレは筋量の維持が目的となっています。

ダイエットは 摂取カロリー < 消費カロリー が大原則です。

そのため、足りないカロリーを補うために筋肉を分解してしまうのですが、これによる筋量低下を防ぐために筋トレを平行して行います。

(脂肪が分解されそうなもんですが、脂肪だけとはいかないんです。)

つまり、ダイエットで起こりうる筋量低下の予防の意味合いが強いわけです。

 

この2点がはっきりしていない人の違和感

「ダイエットのために筋トレしよう!」って人は多いですが、そういう人たちは上記2点の区別がついていない人が非常に多い。

なので、

  • ダイエット目的のはずなのに筋肥大系のトレーニングをメインにして、有酸素運動はほとんどしない
  • 筋トレはしっかりしてるけど、カロリー制限をあまり考えていない
  • スクワットのような最重要トレーニングをしていないのに、やたらアームカールばかりやってる

など、せっかくトレーニングしてるのに、目的のダイエットから遠回りしている人が多すぎます。

ダイエットを決意した以上は体重をへらしたり、体型を整えるのが目的のはず。

ならそれに見合ったメニューを組みましょう。

 

ダイエットを第1にした筋トレのメニュー例

目的がしっかりしているならそれに合ったメニュー作りは必須です。

ダイエットを目的に筋トレをしている人は、

  1. 1日のカロリーを見直す・・・夜は炭水化物を控えるなど。ただ、トレーニング後に炭水化物0はダメ!
  2. 栄養を見直す・・・カロリーを下げてもタンパク質・ビタミンなどが足りてないのでは意味がない。
  3. 筋トレメニューを見直す・・・デッドリフト、スクワット、ベンチプレス、懸垂(けんすい マシンでも可)をメインにするのがオススメ。他種目はあくまでオマケと考える。週1~2回しかジムに行けないなら、1日にこの4つをそれぞれ12回2~3セット+有酸素運動30~40分くらいのメニューで。

この3点に気をつけるのが重要になってくると思います。

筋肥大を目的にトレーニングしているなら胸の日、背中の日と分割して複数種目するのが望ましいですが、先ほども言ったようにダイエットでの筋トレは維持が目的。

できるだけ全身の筋肉に刺激を送り込むのを優先したほうがよいでしょう。

(体は使っていない=必要性の低い筋肉を優先して分解する傾向にあります。逆にちゃんと使ってあげれば筋肉は分解されにくくなるため、広い範囲の筋肉を使うことが重要です)

終わりに

「筋肉を増やすことで代謝を増やして痩せる!」とはよく言われるんですが、かといって筋肉を増やす=体重増加と、ダイエット=体重減少は、普通は同時にできません。

第1目標が筋肥大なら一般的なトレーニングで大丈夫だと思うんですが、第1目標がダイエットなら、ここに書いたように見直す必要があると思います。

今は1月なのでダイエット目的でジムに来る人は少ないですが、夏前にダイエットを考える人はちょっと気にしといてください。

今から始めるにこしたことはありませんがね。

2017年1月12日トレーニング, 筋トレマインド, 雑記

Posted by 脳筋