【ハースストーン】ドラゴンプリーストが安くて強くて初心者にもオススメ!

2017年1月9日

このデッキはミッドレンジでもあり、テンポでもあり、コントロールでもある、かなり器用なデッキです。

それでいて器用貧乏じゃないのがこのデッキのミソ。

これまでほとんどプリーストを触っていない私でも、慣れると安定した戦いができます。

まだ50勝いってないのに、ランクの上がり幅はそこそこ

必要カードもコモン~レアがほとんどで、初心者でも作りやすい。

それでいてスタン落ちの影響も控えめ。

オススメです。

私の使っているデッキ

ハースゲーマーズ様に掲載されていたレシピをもとに、すこーしだけいじったデッキです。

参考にしたレシピと元サイト様

レジェンドは「ブラン・ブロンズビアード」のみ。

エピックも「ドラゴンファイア・ポーション」のみ。

あとはコモン・レアのみの非常に安価なデッキです。

 

もとのレシピより海賊アグロへの耐性がかなり下がってるんですが、最近のアジア鯖は

  • 海賊ミラクルローグ
  • レノロック
  • レノメイジ

の3つが主流で、海賊シャーマン・ウォリアーに当たることは少なくなってきたので、対コントロールを意識して組み直しました。

(アグロが多いと感じる日や時間帯には、ドラウォリや海賊シャーマンを使ってます)

具体的には

  • 酸性沼ウーズ → フェアリードラゴン
  • 狂気ポーション → ドラゴンファイア・ポーション
  • アルガスの守護者 → カバールの奪歌師

という感じで、対アグロカードは軒並み入れ替えました。

フェアリードラゴンはウーズに戻そうか考え中ですが・・・

 

採用カード:フェアリードラゴン

このカードはまだドラプリに慣れていない時に入れたカードで、ぶっちゃけ今は要らないと思ってます(・・;)

というのも、ドラプリはマリガンが結構むずかしいデッキで、初手でドラゴンをどの程度キープするかで明暗が分かれる試合が多いです。

最近はアジュアやブックワームのような大型でも1枚はキープするマリガンに落ち着いたので、ドラゴン水増しのためだけにいれたこいつは変えても問題なさそうかなと。

 

採用カード:ドラゴンファイア・ポーション

このカードは元のレシピでは採用されてないだけで、ほとんどのドラプリに採用されているパワーカードです。

今月レジェンドに到達されてるデッキだと、このカードを2枚積みされてるデッキもあるくらいです。

(そのデッキレシピと引用元サイト様)

ただ、ドラプリ同士のミラーマッチだとほぼ死に札になるので、私は1枚採用にとどめてます。

 

このカードは特に対ローグ戦で優秀で、「ガジェッツァンの競売人」や「冷血」でバフをかけたミニオンを「隠れ身」で隠す動きのカウンターになります。

私はローグとの対戦ではエドウィンを警戒して「密言・死」をキープするんですが、4/4で出されることも少なくないので、それらをまとめて処理できる貴重なカードです。

むろん、対シャーマン、レノロックなどにも有効に働いてくれます。

 

採用カード:カバールの奪歌師

5マナ5/5のサイレンスと、攻め札にもなる沈黙カードです。

主にレノロックの

  • 「トワイライト・ドレイク」
  • ドレイクや「山の巨人」をコピーした「さまよう無謀のもの」
  • 「シルヴァナス・ウィンドランナー」

相手に使います。

他にもメイジにミニオンを凍結されたときは、その味方に沈黙をかけて凍結を解除したり、ウォーロックの「崩壊」でそのターンに死ぬはずのミニオンにうって、即死を回避したりもできます。

 

このデッキは「ブックワーム」1枚に「密言・痛」、「密言・死」が2枚ずつ入っているので除去は得意なのですが、それをかわす攻撃力4や断末魔持ちのミニオン対策にこいつを採用しました。

実質、「埋葬」の代わりみたいなもんです。

「埋葬」を採用していないのは6マナではちょっと遅いのと、後述しますがスタン落ちを意識してです。

 

スタン落ちカードとその影響・入れ替え候補

このデッキは安くて強いオススメのデッキですが、今から作る場合、スタン落ち後の影響を考えないといけません。

まだ詳しい発表はされていないようですが、今年に新拡張が発表されたタイミング(おそらく春)で2015年に発売されたカード達(ブラックロック・マウンテン、グランド・トーナメント、リーグ・オブ・エクスプローラー)がスタン落ちします。

公式はこれにプラスして、クラシック・スタンダードのカードからも12枚スタン落ちさせると発表しています。

(巷では「アジュア・ドレイク」が筆頭候補との噂)

これらのカードは現環境でよく採用されるカードばかりです。

 

このデッキの場合でも

  • ブランブロンズビアード
  • チビ・トワイライトドラゴン
  • ワームレストのエージェント
  • ブラックウィングの変性者

と、とくに序盤~中盤を強くしているカードと、コンボ起動のブランがいなくなってしまいます。

※ブランと「ネザースパイトの歴史家」、「ドラゴニック諜報員」で2枚サーチするのは、対コントロールで超強力なコンボです。

ただ、ほかのデッキでスタン落ちする「レノ・ジャクソン」や「トンネルトログ」、「トーテム・ゴーレム」ほどのパワーを持つカードは少ないので、新カード次第で新しい形は十分作っていけるのでないでしょうか?

 

既存のカードでも

  • チビドラ → 超うざい調剤師
  • エージェント → フェアリードラゴン

で、少なくとも序盤は補えそうです。

後はブランの抜ける3マナに優秀なサーチカードの「カバールの飛脚」や、HPバフと相性のいい「マナ唱洞石」。

「ブラックウィングの変性者」の穴は埋めづらいですが、5マナはむしろ多過ぎたので「アルガスの守護者」など、他のマナ帯のカードでマナカーブを整えにいくのもいいでしょうね。

 

以下で各ヒーローの主要なスタン落ちカードをピックアップしてますが、ウォリアー、メイジ、ウォーロック、シャーマンは深刻なダメージを受けそうですよ。

ハンター(ミッドレンジ、シクレ)

  • 速射の一矢
  • 王のエレク

ウォリアー(コントロール、ドラゴン)

  • アレクストラーザの勇者
  • 報復
  • 獰猛なサル
  • サーフィンレー・マルグルトン
  • エリーズ・スターシーカー
  • ブラックウィングの変性者
  • ドラコニッドクラッシャー
  • ジャスティサー・トゥルーハート

メイジ(レノ、テンポ)

  • レノ・ジャクソン
  • ソーリサン皇帝
  • 魔力の炸裂
  • 忘れ去られた松明
  • フレイムウェイカー

ウォーロック(レノ、Zoo)

  • レノ・ジャクソン
  • ソーリサン皇帝
  • 闇の売人
  • インプギャングボス

シャーマン(アグロ、ミッドレンジ)

  • トンネルトログ
  • トーテム・ゴーレム
  • サンダーブラフの勇士
  • 精霊崩壊

ローグ(ミラクル)

  • 墓荒らし
  • 掘り起こされたラプター

パラディン(鯛罪)

  • ウルダマンの番人
  • 七つの鯛罪

ドルイド(ランプ、マリゴス)

  • 活きている根
  • マルチ

プリースト(ドラゴン、コントロール)

  • チビ・トワイライトドラゴン
  • ワームレストのエージェント
  • 埋葬
  • ジャスティサー・トゥルーハート

 

こう見るとドラプリはまだましです。

ただ、合わせて新拡張もでてくるはずなので、環境そのものがガラッと変わっているはず。

実際にどんなカードが採用されるか次第ですが、今からこれらをクラフトする場合は、スタン落ちのことも考慮しておきましょう。

終わりに

最近は

  • 海賊アグロシャーマン
  • 翡翠ドルイド
  • 翡翠コントロールシャーマン
  • ドラウォリ
  • ドラプリ

のどれかでランク戦を回してますが、ドラプリがとくに面白くてよく使ってます。

初心者にはアグロデッキが安くて強いとオススメされがちですが、このドラプリも安くて強いデッキなので、アグロに飽きてきたら試してみてはいかがでしょうか?

ちょっとむずかしい部分もありますが、環境に満遍なく対応できるいいデッキですよ。

2017年1月9日ゲーム, ハースストーン

Posted by 脳筋