【迫力のある首まわり作り】バーベルシュラッグの効果的なやり方

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

どうも、シュラッグの重量設定ってすごい分かりにくいと思います。脳筋です。

今回は僧帽筋の「上部」を集中して鍛えるシュラッグを解説していきます。

ここは背中とも肩ともいえる部分なんですが、僧帽筋自体は背筋の1種です。

ここを鍛えると肩こりの予防にもなるので、健康目的でトレーニングしている人にもオススメですよ。

では解説していきます。

SPONSORED LINK


 

シュラッグで鍛えられる筋肉

僧帽筋の上部繊維

k110

画像引用:http://www.musculature.biz/

僧帽筋は上、中、下の3部からなります。

画像では首まわりから最初の横線までが上部繊維です。

(↓の画像では白線で3部に分けた1番上の部分です)

240px-Trapezius_back2 2

 

 

バーベルシュラッグの基本的なやり方

Barbell-shrugs-2

  1. 腰幅から肩幅くらい足を広げて立ち、バーベルを狭めに持つ。
  2. 肘を曲げずにしっかりと肩をすくめる。
  3. 力を抜かずにゆっくり下ろす。

以降繰り返し

 

とくに3.が重要です。

力を抜いて「ストン」と落とすのではなく、力を抜かずにゆっくりコントロールしてください。

 

可動域が狭いからこそ、目いっぱい動かす

実際にシュラッグをやってみれば分かるんですが、そうとう重い重量でもなんとかなります。

なのでどんどん重量を上げてもらった方がいいんですが、肩をすくめきれないような重量はNGです。

 

なにも持たずに肩をすくめてみると、肩の筋肉が首・アゴに触れるまで肩をあげられますよね。

シュラッグでもこのぐらいあげられる重量じゃないとだめです。

 

シュラッグはもともとの可動域が狭いので、さらに狭くなっても意識しづらいトレーニングです。

ですが、狭いからこそ限られた可動域は全て使い切らないといけません。

シュラッグで中途半端な重量を使えというわけではありませんが、肩の筋肉と首がくっつけられるような重量でやって下さい。

このあたりのさじ加減が難しいんですがね(・・;)

 

僧帽筋上部を鍛えると首まわりの迫力が増す

man-461195_960_720

僧帽筋上部がつくと、画像のように首の下に三角形の山ができます。

画像は後ろから見たものですが、前から見てもここがあるのと無いのでは印象が全然違います。

ボディメイクのためにもぜひ鍛えていきましょう。

 

ただ、三角筋を鍛えずにここだけ鍛えても首は太いのに肩幅は狭いという、なんとも言えない体型になります。

ボディデザインはどこか1つの筋肉ではなく、全体の印象を損なわないようトレーニングするのが大事です。

1番簡単で確実なのは、鏡で自分の体を見てどこが弱いかを見極めるのがオススメですよ。

 

肩こりの予防にも

肩こりで実際にこるのがまさに僧帽筋の上部です。

そのためシュラッグで鍛えてやることで、

  • 血行が良くなり肩こりが改善する
  • 疲れにくくなり、肩こりになりにくくなる

この2つの効果が見込めます。

この場合は筋トレのような10回が限界のものより、20回くらできる重量で持久力を鍛える方がいいでしょう。

 

肩こりの原因の多くは長時間のデスクワークなどの姿勢・生活習慣です。

なので、筋トレで瞬発力をつけるより、持久力をつけた方が目的に沿っています。

 

逆に一般的な筋トレのように高重量でやると、かえって筋肉が固くなってしまうこともあるので注意してください。

 

まとめ

  • 僧帽筋の上部を鍛えると、首から肩にかけての部分が盛り上がり、迫力のある体つきになります。
  • 筋力不足による肩こりの予防・改善に効果的です。

正直シュラッグはそこまで人気ではありませんし、他の筋トレより優先してやるような筋トレでもありません。

しかし、僧帽筋上部の鍛えられた体は一目みたときのインパクトが全然違います。

一味違う男になりたいなら、週1回でいいのでメニューに加えてみて下さい。


PAGE TOP