【逆三角形のフォルムを作る筋肉】広背筋のデータ

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

背筋と言われると皆さんはどの辺りの筋肉をイメージされますでしょうか?

腰回りも肩甲骨回りもどちらもひとまとめに背筋と言われますよね。

実際には背中にも沢山の筋肉が張り付いています。

そのなかで今回は逆三角形を形作る筋肉である広背筋を解説していきます。

SPONSORED LINK

・基本データ

Latissimus_dorsi_muscle_back

 

背骨や骨盤、下の方の肋骨や、肩甲骨の下の部分などから上腕骨の上の方についています。そのため背筋の1つなのですが、背中の動きより腕の動きに関与する筋肉です。

主な動作は

  1. 腕を後ろに引く動作(肩関節の伸展)
  2. 脇を締める動作(肩関節の内転)
  3. 腕を真横に上げてから背中の方に引く動作(肩関節の水平外転)

の3動作で、どの動作でもほかのどの筋肉より最大に働く筋肉です

また上記の3動作の他に腕を方から内側に回す動作(肩関節の内旋)にも補助筋として働きます。

また全筋肉のなかで面積が最大の筋肉でもありますので、ここをトレーニングすることで新陳代謝を上げる効果が見込めます。

・主なトレーニングや日常生活動作

主なトレーニングはチンニング(懸垂)、プルオーバー、ベントオーバーローイングなど

日常生活動作ではあまり使われませんが、トイレで手を後ろに回してお尻をふくときなどに使われます。

(そのくらいでしか使われないので普通に生活している分にはまず発達しません)

スポーツでは水泳の特にバタフライなどで使われます。

・ストレッチ方法

ストレッチする側の腕を上げ、ヒジを曲げて頭の後ろに前腕を当てる。そして反対の手で手首をつかみ、頭を前腕に押し付けるように首を後ろに倒す。

このとき背中をそらさないようにすると広背筋のストレッチとなります。

・ストレッチ方法2

四つん這いになり、ヒジを曲げて床に両ヒジをつける。

そのまま体重を後ろにうつしながら腰をそらしていく。このとき頭を上げながら行うと広背筋にストレッチがかかる。

・まとめ

広背筋は体の中でも力の強い筋肉なのですが、日常生活ではほとんど使われないことから発達していることが少ない筋肉です。

しかし「発達していない」だけで、「発達しにくい」筋肉ではありません。

ただ背中のトレーニング全般に言えることなのですが、目で確認しにくい筋肉なのもあって「広背筋の収縮」の感覚がつかみにくいはずです

例えば「上腕二頭筋に力をいれる」のは誰でもできると思うんですが、「背中の広背筋に力を入れて」と言われてもなかなか出来る人は少ないと思います。

収縮の感覚を掴むということは、ほかの筋肉と同じように自由に力を込められるようになることと考えて頂ければと思います。

この感覚をつかむにはトレーニングのフォームと筋肉の位置・動きを理解した上で数をこなすしかありません(・・;)

背中の筋肉も自由にコントロールできるようあせらずじっくりトレーニングしていきましょう。


PAGE TOP