【アホほど今更なダクソ3攻略】ツヴァイヘンダーってこんなに使いやすくて、強かったのね。

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

 

特大剣。

それはシリーズ恒例の武器カテゴリであり、ツヴァイヘンダーはそのカテゴリーを代表するスタンダードな武器の1つですが、びっくりするほど使われてません。

大きな理由は2つあり、

  • 特大剣カテゴリーの中でも火力が最低クラス
  • 特大剣含む特大武器カテゴリー自体が、大斧カテゴリーに食われ気味

の2点で、私もダクソ2では愛用してましたが、3の初見プレイでは「大鉈」にその座を奪われていたので、まともに使ったことがありませんでした。

 

なんですが、今回のDLCのトレーラー。

DLCの内容とは一切関係ないんですが、その中でプレイヤーがツヴァイヘンダーで敵と戦っているシーンがあり、それを見てなんとなく使ってみたら意外なくらい強かったので、ちょっと紹介したいと思います。

既プレイのかたはもちろん、「これからダクソ3始める!」って人にも十分オススメできるいい武器でしたよ。

SPONSORED LINK

ゆるゆるな装備条件・重量

「ツヴァイヘンダー」はこれまでのシリーズ通して「使いやすい特大剣」という立ち位置で、重量や必要能力値が同カテゴリー内でも、かなり控えめな武器でした。

その特色は今作でも健在なんですが、過去作と比べても輪をかけて装備条件が下がっています。

重量10筋力19技量11って。

 

下手すりゃ純魔や信魔のような、筋技にほぼ振らないキャラでも持てるレベルです。

その分、基礎攻撃力・補正はカテゴリー内でも控えめですが、それを補って余りある優秀なモーションとリーチが火力を十分に補っています。

注:筋技40くらいの上質戦士なら、十分な火力がでます

 

使いやすく、応用の利く攻撃モーション(とくに片手R2)

特大剣カテゴリでは、「煙の特大剣」や「グレートソード」が脳筋の特大剣としてはスタンダードです。

(1番はやってるのは「アストラの大剣」だけど、あれはロリR1がメインと化してるんで、なんか違う)

 

上記の2つはどちらも両手R1が縦振りなんですが、この縦振りは横方向への範囲が狭く、攻略ではやや使いにくいです。

ダクソ2の当たり判定ペラッペラのころと比べりゃはるかに使いやすいけど

その点、ツヴァイは横振りの特大剣なので、対複数でも対処しやすく、ノーロックでも当てやすい、初心者でも扱いやすい武器と言えます。

 

そして何より強いのが片手R2の最大溜め攻撃です!

ダークソウル2でツヴァイを使っていた人なら分かると思うんですが、あのころのツヴァイの強みは両手R2の吹き飛ばし攻撃でした。

対人でも攻略でもあのモーションがなければツヴァイは見向きもされなかったんじゃないか?と思うくらい、あのモーションは強力で、対人戦でもあのモーションをメインに戦い方が組まれてましたからね。

 

今作では吹き飛ばすのに最大まで溜める必要があり、2のときほど使いやすくはないですが、攻撃の発生そのものは早いので

強制ダウン → 最大溜めR2

のループではめることもできる、強力なモーションです。

 

この吹き飛ばしの突き攻撃は他の特大剣だと両手持ちで出せるんですが、その分、ツヴァイの両手持ちR2は叩きつけ攻撃となっています。

モーションが遅いため片手R2に比べると使いにくい印象を受けますが、こいつの強みはスパアマの発生速度です。

モーションはじめでもスパアマが発動するため、大型の敵とも簡単に相打ち・割り込み攻撃が可能で、キチッと差別化されています。

 

対NPC、ザコモブはツヴァイの強みが光る

ザコ敵、またはNPC闇霊など、道中の攻略でこそ ツヴァイヘンダー は輝きます

直剣ブンブンのが強い?

使いやすさで言えばそのとおりですけど、直剣にはできなくて、ツヴァイならできることがあります。

それがさっきも書いた強制ダウンからのはめ殺しで、タイマンならこれほど安全な攻略法はありません。

とくにロスリック騎士のような、そこそこの強靭がある敵は直剣のような軽量武器ゴリ押しは成立しないことも多いため、強靭削りの高い特大武器の方が分が有ります。

振りが遅くなるとはいえ、その分リーチも伸びるので、距離間と攻撃速度に慣れればこっちの方が安全ですらあります。

NPC闇霊でも同様で、とくに1度吹き飛ばせれば ゾリグ や ハベル ですら安定してハメて倒せるのは、直剣ではまずマネできません。

吹き飛ばしの有効な1対1はほぼ無敵!

これがツヴァイ最大の強みと言えます。

 

対ボス戦は、ツヴァイである必要は限りなく0に近い

反対に強制ダウン・吹き飛ばしの効かないボス戦では、残念ながらツヴァイを勧める理由は特にありません。

あえて挙げるなら他の特大武器よりスタミナ消費が軽いので、回避行動に移りやすいのはメリットですが、

それなら多くの場合、素直に軽量武器を握っていた方が有利だからです。

 

唯一、強みを生かせるのは「深淵の監視者」戦くらいで、こいつはボスキャラながら強靭度が極端に低いので、片手R2の吹き飛ばしでパターンにはめれることがあります。

※吹き飛ばし後に最速で回避行動されたり、スパアマモーションで割り込まれたりするので確実ではありませんが、そこそこ高い確立でパターンにはめられます。

 

ボス戦でツヴァイが輝くのはそれくらいで、他はツヴァイである必要はない。

と言うより、ツヴァイ以外の選択肢があるなら、だいたいそっちの方がいい。

というレベルです。

それを差っ引いても対ボスは出血が強いことが多いので、効率を重視するなら 軽量の出血武器+出血エンチャ がド安定でしょうがね。

 

※当ブログでは出血武器含む、効率の良い周回プレイのポイントを紹介しております。

「マルチプレイで白とイチャイチャ攻略するんだい!」という方にはあまりオススメできませんが、

「さっさと周回回して、原板と+2指輪をそろえるんじゃい!」という方には大変オススメです。

参考記事:【ダークソウル3】周回プレイを楽にする3大テクニック

SPONSORED LINK

終わりに

ツヴァイの総評としては、

  • 道中の攻略
  • ダウンの効くNPC・強モブ

に便利かつ安全・簡単。

反面、

  • 対人戦
  • 対ボス戦

では多くの場合、ほかの選択肢に劣りやすい武器となります。

 

ここまで読んで、

「でもツヴァイって、罪の大剣の下位互換でしょ?」

とか、

「聖堂騎士の大剣とか、罪の大剣とか、両手持ちで吹き飛ばしできるんだからツヴァイでなくてもよくね?」

って思ったあなたは重度のダクソ中毒者。

 

実際、装備条件の緩さと軽さこそがツヴァイの強みであり、ここに書いてあることはだいたいどの特大剣でもできたりします。

しかし、序盤から購入できて、装備もしやすくて、重量も軽い。

それでいて、強モブもハメ殺せる。

これほど初心者・序盤に有用な特大武器は他にないのも事実です。

 

まだまだ 触ったことない or 1、2回しか振ったことない

って人が多い武器だと思うので、この強さを知らない人にはぜひとも触ってみて欲しいですね。

とくに純魔・信仰特化など、ソロ攻略で苦労しやすいステ振りをしている人には、装備しやすいツヴァイを特にオススメします。


PAGE TOP