【ハースストーン】近々、アリーナの環境がガラっと変わるらしいっすよ

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

 

具体的に言うと、アリーナで使えなくなるカードが増えるみたいです。

例えば「クトゥーン」や関連の信者カードはアリーナでは出現しない設定になっています。

これと同じように、今まではアリーナで使えていたけど、今後は出現しなくなるカードが発表されたわけです。

この影響がかなりでかそうだったので記事にしました。

SPONSORED LINK

メイジのアリーナ禁止カード

無謀の召喚士

mobou

サヨナラ、新しいお友達(:も:`)

6マナで5マナスタッツと3マナを出せるという、8マナ相当の働きをする強ミニオン。

(ようはこいつの強化系)

3

メイジのアリーナではこいつを意識しているがために、

「序盤から6マナ帯を埋めない方がいい」

とまで言われていました。

こいつが消える影響はかなり大きそうですし、個人的に好きなカードだったので残念です。

 

スノーチャガ-

suno

日本語音声だと「シュッシュッ、ポッポッ」、英語だと「チャガ チャガ チャガ チャガ」。

2/3スタッツで 凍結持ち のメカシナジーという、目立つ存在ではないもの使いやすいミニオンでした。

正直、禁止されるほどではないと思うんですが、こいつも今後はアリーナで使えないようです。

痛いと言えば痛いでしょうが、「無謀の召喚士」ほどのインパクトはないですね。

 

忘れ去られた松明

wasure

3マナ3点で、デッキに3マナ6点を増やすカードでした。

除去が少ないアリーナにおいて、1枚とれば実質2枚のダメージスペルをピックできたことになり、確かに強かったです。

3マナ3点でも十分使いやすいほうですしね。

これも禁止にするほどかと言うと微妙な気がしますが、スノーチャガーよりは影響がでかそうです。

 

ローグのアリーナ禁止カード

ゴブリン式全自動散髪機

goburin

ローグの低マナミニオンの中でも、めちゃくちゃ優秀だったカードです。

仮に2マナでヒロパを打っても、こいつを出せば3/2ミニオンを出しつつ、2/2武器を握れたわけですからね。

しかもメカシナジーがあるので、2ターン目にメカワーパーを出していれば3ターン目にヒロパとこいつの召喚が両立できます。

これはシナジーありきなので極端な例ですが、確かに強力なカードには違いありません。

これが抜け落ちた影響はそうとうでかいでしょう。

 

アンダーシティの勇士

anda

ローグの序盤で優秀なミニオンには違いありませんが、上の散髪機ほどではないですかね。

不意の1点と優秀なスタッツでまず腐らないミニオンでしたが、今回でリタイヤです。

この2枚が抜けてもローグにはバックスタブ(死角からの一刺し)がありますし、ピットスネークやバッカニーアなどの優秀低マナもそろっています。

強いヒーローには変わりないでしょうが、はてどうなるか・・・

 

パラディンのアリーナ禁止カード

なし

まさかの手つかずです。

と言っても、確かに追加カードがアリーナで猛威をふるってるイメージはないですね。

ズルダマンことウルダマンあたりが影響受けるのかな?と思っていただけに意外でした。

単体の確定除去は苦手なヒーローなのを考慮してですかね?

 

シャーマンのアリーナ禁止カード

生命力のトーテム

seimeiryoku

アリーナではピックするときの邪魔にしかならないカードです。

上方修正と言っていいでしょう。

 

塵の悪魔

tirino

ハマれば強いカードですが、オーバーロードといい、ヘルスといい、使いにくくてピックしたことがありません(・・;)

(2マナ3/2疾風のメカがいる時点でお察し)

自分的にはピックしないカードがでなくなるのは上方修正ですがどうなんでしょう・・・

ロマンのあるカードではありますがね。

 

トーテムの力

to-temunotikara

トーテムシナジー前提のバフカード。

言うまでもなく、アリーナでは使いません。

これも上方修正と言っていいでしょう。

 

祖霊の癒し

sorenoiyasi

基本カードから禁止カードが出るのは意外でした。

確かに0マナで完全回復+挑発は脅威でしょうが、アリーナで使われたことないんでなんとも言えません。

ただ、「炎をまとう無謀のもの」に使われたのを想像するとゾッとします。

 

デューンモールのシャーマン

dyu-nnmo-ru

ランダム要素があるとはいえ、4マナ5/4の疾風持ちは確かに強いです。

が、これも禁止にするほどかと言うと微妙なような・・・

シャーマンの4マナなら「炎まとう無謀のもの」や「ファイヤガード」を警戒しますが、こいつは警戒したことないです。

そこまで存在感のあるカードではなかったと思うんですが、今回でアリーナとはサヨナラですね。

 

ウィンドスピーカー

uxindo

もっと警戒してなかった奴も禁止対象になりました。

スペルの「疾風」は禁止にならなかったあたり、疾風を付与する効果は禁止にするわけではないみたいですが・・・

こいつは4マナ帯のハズレピックのイメージがあったので、上方修正なのかもしれません。

 

ウォーロックのアリーナ禁止カード

アニマゴーレム

anima

寂しくなると死んじゃう6マナ9/9。

クセがあるとはいえ最強のスタッツを備えたミニオンでした。

ミニオンを用意するのはウォーロックならやりやすいですし、かと言って小粒を並べるとフレイムストライクでもろとも死ぬミニオンです。

逆に言えば、確定除去やAOEでもないとどうしようもない強さをもつミニオンでもありますが・・・

ゲームを終わらせうるカードではありますが、禁止にすることはないんじゃないかなぁ。

 

生贄の契約

ikenie

これはまちがいなく上方修正ですね。

とくに言う事もないです。

 

ラファームの呪い

rahuxa-munonoroi

以下同文。

アリーナでは使うことはありえない。

 

ヴォィドクラッシャー

xoido

超強烈な激励持ちミニオンです。

ランダムとはいえ、ヒロパを打つたびに確定除去を打てるのは強すぎるとの判断でしょうか。

敵ドルイドの使った「マルチ」で手に入ったこいつのおかげで勝った試合を思いだしました。

リスキーないかにもウォーロックらしいカードですが、今後アリーナではお目にかかれないようです。

(それこそ、「マルチ」みたいなランダムで出るかもですが)

 

聖堂の探究者

s

一応、上方修正になるのかな?

Zooよりに組めば強かったりするんで、なんとも言えないラインです。

 

サキュバス

c

なんでこれダメなんだろ?

「ラスガード」や「トーテムゴーレム」がよくて、こいつがダメな理由がよく分からない(・・;)

デメリットとヘルス3が使いにくいことからそこまでピックされるわけでもなかったですし、禁止にすることなかったとおもうんですがねぇ。

 

ドルイドのアリーナ禁止カード

獰猛

doumou

アリーナどころか構築でも見たことないです。

文句なしの上方修正でしょう。

 

毒の種

dokunotane

確定除去と言えなくもなかったカードです。

正直アリーナでは使いにくいですし、どっちでもいいかな?

ってのが正直な感想です。

 

森の魂

morinotamasii

タイミングを選ぶとはいえ、アリーナでも強固な盤面・AOE耐性を付与してくれるカードです。

腐ることも多いカードですが決まれば便利。

禁止にするほどではないと思うんですがね。

 

自然の紋章

sizennno

これで攻撃力上げてる人見たことない。

3マナで体力+4と挑発は確かに強いです。

場にミニオンが必要とはいえ、デメリットのない「デスロード」を作れるようなもんですから。

シャーマンの「祖霊の癒し」が禁止なのも考えると、運営は高ヘルス挑発で流れを作る動きを制限しようとしてるんですかね?

 

生命の樹

seimeinoki

まぁ、いらんでしょう。

貴重なエピックで枠が潰れなくなるので上方修正です。

 

精霊交信

seirei

たま~にこれ使ったデッキ相手にひどい目に合うこともありますが、アリーナでは関係ないでしょう。

上方修正ですね。

 

ウォリアーのアリーナ禁止カード

ウォーソングの武将

uxo-songu

私がハースストーンはじめたころにはすでにこの効果でしたが、前はもっとえぐい効果だったらしいですね。

使い道が全くない弱カードなので上方修正です。

 

奮起

hunnki

使いどころを選ぶバフカードなので上方修正になるのかな?

デッキによっては強そうですが・・・

まぁ、シナジーを前提とする使いにくいカードなので上方修正ですかね。

 

突撃

totugrki

アリーナでは見たことないけど、OTKコンボを恐れてでしょうか?

できないことはないでしょうけど・・・

禁止にするほどではないと思いますが、これも今後は禁止だそうです。

 

跳ね回る刃

hanemawaru

かなり使いどころを選ぶダメージスペルです。

相手のミニオン1体なら確定除去になりますが、このスペルを確定除去として使えることは稀でしょう。

ウォリアーの貴重なダメージスペルが減ってしまうことになりましたが、これは許容範囲ですかね。

 

アックスフリンガー

akkusu

なんでこれダメなの(・・?)

弱いには弱いけど最低限の仕事はできるし、効果も致命傷になるような強いものでもないし。

上方修正とも弱体化とも言い難い、なんとも言えない調整です。

 

暴走

bousou

被ダメージ時のみ使えるバフカードです。

かなりマナ効率のいいカードではありますが、禁止にするほどではないような・・・

うまく使われると、取り返せないくらい強力になりうるカードではありますがね。

これは弱体化と言えますね。

 

オーガの巨槌

o-ga

武器が減ったと考えるべきか、不安武器が消えたと考えるべきか・・・

一応、弱体化になりますかね?

2武器に比べれば微々たるものですが。

 

ハンターのアリーナ禁止カード

飢えたハゲタカ

d

ビーストシナジーありきのドローカードですが、本人のスタッツは悲惨そのものです。

アリーナでは使わないので上方修正になります。

 

ペット呼び寄せ

petto

「獣が引ければラッキー」くらいのドロースペルです。

シャーマンの「遠見」が許されるなら、これも禁止にすることはないような・・・

ただ、上方か弱体かと聞かれると微妙なラインです。

個人的には弱いカードだと思うので上方かな?

 

森林オオカミ

sinnrin

これもダメなのか。

獣が並んでる時にでてくるとやっかいでしょうが、本人が弱いのでそんな脅威にならないと思うんですがね。

とはいえ、1マナ獣なら「閻魔コウモリ」の方がいいので、アリーナではそこまで関係ないかも。

 

コブラの一矢

kobura

ほぼ、5マナ3点スペルです。

ハズレ枠だったので上方修正でしょう。

 

発射準備

hassya

ヨグハンターで使われるキーカードですね。

アリーナではスペルが少ないのでほぼピックされないでしょう。

エピックの貴重な1枠がつぶされなくなるので影響がでかそうです。

 

ダーツの罠

da-tu

アリーナの序盤でヒロパを打つのってそもそも事故ってることが多く、相手が事故ってるならこのカードも必要ないので、実質使いません。

なので上方修正ですね。

 

狙撃

sogeki

「ダーツの罠」と違いこっちは強力です。

それこそ、「覆面の女ハンター」と一緒に使われたらどうしようも無くなるんじゃなかろうか。

使いやすいカードではないですが強力なので、下方修正になるでしょう。

 

プリーストのアリーナ禁止カード

思念撃破

sinenn

構築でもアリーナでも見たことない。

文句なしの上方修正です。

 

シャドウボンバー

syadoubonnba

何がダメなのか分からんけど、いてもいなくてもいいくらいのミニオンなのでどっちでもいいです。

と思ったらエピック(・・;)

エピック枠が腐りにくくなるので上方修正ですね。

 

光の井戸

hikari

プリーストではよく見るカードでしたが、アリーナではだめになるみたいです。

アリーナでは戦力に数えない2マナの評価は低いので、上方修正になるでしょうか。

 

真言・栄光

eikou

アリーナで使われたことないぞ(・・;)

って思ったけど、そもそもアリーナでプリーストを見かけないだけか。

ミニオンの体力が回復するならともかく、ヒーローのライフなのであまり影響はないでしょう。

不要なカードが消えるので情報修正になります。

 

混乱

konnrann

使いどころが難しいカードです。

ただ、進んでピックしたいカードではないので、貴重なエピック枠をつぶされなくなるのはデカいでしょう。

 

転向

tennkou

テンポ的には2マナ遅れるものの、結構強いカードだと思うので下方修正かな?

ただ敵のミニオンにしか使えないのは使いにくく、正直、微妙なラインです。

 

内なる炎

r

プリーストの固有カードや、闘技場で強い高ヘルスのミニオンと相性抜群だったバフカードです。

これがあるのと無いのとではかなり違ってくるでしょう。

まちがいなく下方修正です。

SPONSORED LINK

終わりに

ローグ、メイジは強カードを。

その他のヒーローは役に立たないカードを調整することでバランスを整えようとしている印象です。

「突撃」とか「祖霊の癒し」とかちょっと予想外のカードも対象になってましたが、かなりバランスは改善されるのではないでしょうか。

いつ実装するかはまだ不明ですが、アリーナのバランスが良くなるのはいいことですね。


PAGE TOP