力こぶを作る筋肉:上腕筋のデータ

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

上腕二頭筋を知ってる人は多いと思うんですが、この上腕筋はおそらく知らない人のほうが多いと思います。

力こぶを作る筋肉の1つなんですが、知名度が低い上腕筋です。

そもそも力こぶというのは上腕筋と上腕二頭筋が重なっている部分が盛り上がってできています

そんな力こぶを構成する筋肉の1つ。

上腕筋を解説していきます。

SPONSORED LINK

・基本データ

Brachialis_muscle02

主に上腕骨の前面から始まり、尺骨という肘の内側の骨についています。

 

上腕筋は上腕骨の前面を覆うようについている筋肉で、上腕二頭筋の奥についている筋肉です。

肘を曲げる動作や肘を曲げた状態を維持するとき(子供を抱え続けるなど)によく使われます。

 

そこまで大きい筋肉ではないのですが力の強い筋肉で、実は上腕二頭筋より肘を曲げる時に働いている筋肉です。

また上腕二頭筋が上腕骨から離れないよう押さえつける役割をもっています。そのため上腕二頭筋が働くときは必ず同時に働く筋肉です。

・上腕筋のストレッチ方法

  1. 四つん這いになる。
  2. 指先を後ろに向けて、肘を伸ばす。
  3. そのままゆっくり体を後ろに引いていく。

(上腕二頭筋も伸ばされます)

・上腕筋の主なトレーニング

普通のダンベルカールなどでも使われるが、リバースカールであれば上腕筋を特に集中して鍛えられる。

・まとめ

上腕筋はあまり意識されていませんが、力こぶをつくる筋肉の一つですので、腕を太くしたいなら知っておいたほうがいい筋肉です。

上腕二頭筋をトレーニングしていれば自然と鍛えられている筋肉ではありますが、上腕筋を重点的にトレーニングできるトレーニングもありますので、よかったらチャレンジしてみてください。


PAGE TOP