「筋トレしないと筋肉は落ちる!」という現実を画像で再認識する

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

どうにも筋トレの モチベ を維持できない今日この頃。

モチベの上がらない時期があるのは「筋トレあるある」ですが、開き直ってそのままにするのはいただけません。

いろいろ考えた結果、今回は「筋トレやりてぇ~!」

と言うよりは「そろそろ筋トレしないとやばない?」

と、自分を焦らせることを目的にした記事となります。

SPONSORED LINK


 

画像で見る「筋トレをやめると筋肉は落ちる」

アーノルド・シュワルツェネッガー

俳優のイメージ(とくにターミネーター)が強いシュワちゃん。

もとはボディビルダーだったことでも有名ですが、そのときの体がこちらです。

うeb86e77a

ターミネーターのときでも十分すごい体でしたが、ボディビルダーの現役時代(オリンピアという大会を7連覇した体)はもっとすごいですね。

胸が尻よりでかい。

 

しかし、そんなシュワちゃんが筋トレをやめてしまったとき。

具体的には州知事の仕事が忙しかったときの体がこちら。

r510fb1fc

年齢的な部分もあるんでしょうが、見る影もなくなってしまいました(・・;)

あれほど凄まじい体をほこった人でも、トレーニングをやめてしまえばこうなってしまうわけです。

 

ちなみに、シュワちゃんは知事の任期が終わってからは「エクスペンダブルズ」などに出演。

俳優活動を再開しており、それに合わせて筋トレも再開しています。

 

その結果がこちら。

arnold_schwarzenegger_06

御年 67歳 でこの体です。

もともとトレーニングされていたので筋肉が戻りやすい(マッスルメモリー)のもあるでしょうが、

  • ボディビルの大会で優勝するような人でも、筋トレしなければ筋肉はえげつないくらい落ちる
  • 60代後半に差し掛かっても、トレーニングすれば体は作り変えられる

この2つを学ぶことができると思います。

 

ムスタファ・モハメッド

a

シュワちゃんのときにも名前だけでた「オリンピア」という、ボディビルの大会。

その2005年度のオリンピアで、10位に輝いたかたです。

 

ですが引退後はご覧のとおり。

普通に健康そうなおじさんって感じです。

太ったり極端にやせたりしてないんで逆にいいような気もしますが、筋肉が落ちているのは間違いないですね。

 

フレックス・ウィーラ―

flex-1-300x222

頭の大きさに対する、上半身の大きさや腕の太さを見て下さい。

 

彼が活躍したのは1990~2003年ごろですが、これはその中でもベストと言われる、1998年のものです。

漫画「刃牙」のビスケット・オリバを彷彿とさせますよね。

(あれのモデルは「セルジオ・オリバ」という別のビルダーですが)

 

しかし、そんな彼も例外ではなく、トレーニングをやめると筋肉は落ちていきました。

e

それどころか腹まで出てます。

1つ前に紹介した「ムスタファ・モハメッド」氏はまだ健康そうでしたが、この方はお世辞にも健康的とは言えませんね。

 

トム・プリンス

r

今回、ご紹介している画像の中でも、この人が一番の悲劇的ビフォー・アフターだと思います。

と言うかもはや面影がない(・・;)

引退後の体は線が細いくせに腹が出ており、いかにもひ弱そうな印象を与えてきますね。

 

「筋肉ってここまで落ちるの?(・・;)」

というインパクトは本記事でも最大だと思います。

トレーニングしなきゃ(戒め)

 

ポール・ディレット

t

もとの体がすごいのはもちろんなんですが、どうしても右画像のに目がいってしまいます。

折角の割れた腹筋は、面影すら残っていません。

腕 や 肩 の筋肉は一般の人と比較すれば十分デカいと思いますが、腹がすべてを帳消しにしてしまっていますね(・・;)

 

クリス・カミアー

g

身長まで縮んだように見えるくらい、筋肉が落ちているのが分かります。

ちなみにこのクリス・カミアーは、元プロボクサー「マイク・タイソン」と乱闘になった。

なんて話題で名前も挙がってたみたいです。

(ナイトクラブでケンカになっただの、用心棒をしていたときにタックルをかましただの、いろいろ言われてます)

筋トレどうこうとは関係ない話でしたが、右の画像のときに言われても説得力はなかったでしょうね。

自然な体型で健康そうではあるんですが。

 

ボブ・パリス

z

「筋肉が落ちた」というよりは「健康的にやせた」って感じですが、筋肉が落ちたことには変わりありません。

ミスター・ユニバースというボディビルの大会の90㎏級で優勝している方なので、左画像のころは90㎏近くあったのでしょう。

いくら健康的とはいえ、体重的にはかなり大きく変わってそうです。

 

ケビン・レブロー二

v

見る影もない人「その2」です。

右の画像がちょっと粗いのを差っ引いても、「これ同一人物か?」ってなりますね。

右下の画像の肩の筋肉を見るに、まったく面影がないわけではないですが、マッチョと言うよりはぽっちゃり体型と言った方がしっくりきますね。

 

ビクター・マルティネス

b

体型の違い に 表情の違い も加わって完全に別人です。

頭3~4つ分あった肩幅はなりを潜め、太い首や大きな僧帽筋も無くなり、後ろから普通に首をつかめるくらいの太さになってしまいました。

 

なお、画像は見つけられませんでしたが、ビクターはトレーニングに復帰しており、体を作り上げているとも聞いたことがあります。

プロ時代は 体の故障 や 実姉が殺害される など、相当なアクシデントがあってもめげなかったかなりメンタルの強い方です。

もし復帰されているなら、きっと見事な体に返り咲いているんでしょうね。

 

オマケ:筋トレしてたわけではない人

ロナウド(ロナウド・ルイス・ナザリオ・デ・リマ)

dc

クリスティアーノ・ロナウドではなく、ブラジルの選手のロナウドです。

現役時代はこれだけスリムだった彼ですが、引退してからは以下の画像のようにかなり太ってしまいました。

rg無題

ちなみにこの画像はダイエット企画の番組のものだそうで、番組をきっかけにダイエットに励んでいるそうです。

成功したかどうかまでは分からなかったので、オマケとさせていただきました(・・;)

SPONSORED LINK


 

終わりに

トレーニングを極めたプロでもこうなっちゃう。

ってことは、アマチュアなんかはもっとドギツイことになってもおかしくありませんよね。

(いや、この理屈はおかしいか)

 

なんにせよ、これらの画像は十分「明日は我が身」になり得ます。

「後に悔いる」と書いて 後悔 ですが、文字通り、後になってから悔やむことのないよう、トレーニングをつづけていきたいですね。


PAGE TOP