筋肉とは?解剖学、生理学の基礎を軽くお話します。

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

トレーニングする時に知っておいた方がいい知識はたくさんあります。今回は筋肉にスポットを当てて、筋肉の基礎の解剖、生理学について解説したいと思います。

筋肉と一口に言っても、体を動かす骨格筋、内臓などの筋肉の平滑筋、心臓の心筋に分けられますが、一般的に筋肉といえば体を動かす骨格筋ですので、今回は骨格筋のみ解説していきます。

SPONSORED LINK

・筋肉(骨格筋)は3種類

筋肉は3つに分けられると前述しましたが、その分けた先の骨格筋も細胞レベルで3つに分けられます。

これらはそれぞれ得意とする運動や、エネルギーの使い方が違います。

白筋(速筋)・・・瞬発力に優れる筋肉。ウエイトトレーニングなどで鍛えられるのは主にこの白筋。基本的にグリコーゲンという筋肉の中に蓄えられたエネルギーで動いている。

赤筋(遅筋)・・・持久力に優れる筋肉。マラソン選手などで発達している。また背筋や足の筋肉など体を支えている筋肉は、姿勢を保つため常に働いている分、ほかの筋肉より発達している傾向にある。血中の糖質や脂肪を分解したエネルギーと、酸素を使いながら動いている。

ピンク筋(中間筋)・・・白筋と赤筋のどちらの特徴もあわせ持っている瞬発力にも持久力にも優れるが、全体の量はほかの2つに比べ圧倒的に少ない。エネルギーの使用方法も両者のどちらも使われる。一般的なトレーニングのレベルでは増やすこと自体難しいとされている。

オリンピック選手などのアスリートはこのピンク筋の割合が多いというデータもあり、裏を返せばピンク筋を増やそうと思えば、プロアスリートレベルのトレーニングが必要と言える

・筋トレで鍛えるのは?

一般的に筋トレと言えばウエイトトレーニングをさしています。

このウエイトトレーニングは名前のウエイト=「体重」の通り、体の中でも比重の大きい筋肉を増やし、筋力や体重をアップさせることが目的です。

そしてこの白筋と赤筋の特徴として、

・白筋は基本的にもともと大きく、また大きくなりやすい

・赤筋はもともと小さく、さらに大きくなりにくいという特徴があります

そして筋肉の力の強さは筋肉の断面積の大きさに比例しています

簡単に言えば筋肉が太いほど力が強いってことです

つまり、瞬発力をメインとしている白筋を鍛える=力を強くする=太くするということなので、白筋は太くなりやすいのです。

それに対して赤筋は持久力に優れていると書きました。

トレーニングや運動をしていると、よく疲労物質がたまると言いますよね。

筋肉の持久力とは主にこの「疲労物質のたまりにくさ」をさしています

つまり、赤筋を鍛える=疲労物質がたまりにくくする=持久力をつけるということです。

(余談ですが良く聞く乳酸は疲労物質ではなく、疲労回復物質です。筋肉が疲労しているのでそれを回復するために分泌されています。そのため乳酸がたくさん出ている=それだけ疲労している。という指標にされているだけで、乳酸によって疲労しているわけではありません。実際に疲労を引き起こしているのは、現時点ではリン酸と言われています。)

なので「赤筋を鍛える」ということは「疲れにくくなる」ということなので力の強さ(=太さ)は関係ありません。

そのため赤筋を鍛えても太くなりにくいのです

マラソンランナーと短距離走選手で比較すると分かりやすいと思います。

どちらも走る競技ですが、長距離をなるべくペースを変えずに走るマラソンランナーは持久力=赤筋を鍛えており、短い距離を全力で走る短距離走選手は瞬発力=白筋を鍛えています。

なので同じ走る競技でもマラソンランナーはあれだけスリムで、短距離走選手は格闘家ばりにムキムキなのです。

・まとめ

筋肉には瞬発力の白筋、持久力の赤筋、良いとこどりの中間筋があり、ウエイトトレーニングでは主に白筋を鍛えます。

ちょっと専門的な内容が多くなりましたが、正しい知識をもってトレーニングに取り組みましょう!


PAGE TOP