【ドラゴンプロジェクト】はスマホ「アクション」ゲームの1つの完成形

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

Screenshot_2016-06-16-12-09-06

スマホゲーの進化っぷりがすげぇ。

今回ご紹介するのは今月の3日(2016.6/3)から配信されたスマホのアクションRPGゲーム。

【ドラゴンプロジェクト】です。

「モンハン」や「ゴッドイーター」好きなら、ハマること間違いなし。

SPONSORED LINK

スマホのアクションゲームとして、他を圧倒する抜群の操作性

Screenshot_2016-06-16-16-32-58

最近は スマホ の アクションゲーム も結構な数になりました。

しかし、多くは画面上に 十字キー などのボタンを表示しており、操作しにくいったらありません。

ゲーム機と違い、ボタンを押した手ごたえが全くありませんからね。

やったことがある人なら分かると思うんですが、ボタンから手が離れていても気付けないんです。

 

そんな操作性の問題を解決したのが「プニコン」です。

「白猫プロジェクト」でおなじみのシステムで、画面のどこを触ってもキャラクターを操作できるのが特徴ですね。

ドラゴンプロジェクトも白猫と同じ、株式会社コロプラのゲームですので、プニコンが流用されています。

 

基本的な操作法は

  1. 画面をスライドさせればその方向に移動
  2. 画面をフリック(はじく)させればその方向に回避行動
  3. 画面タップでロックオンした敵を攻撃(ロックオンは自動)
  4. 長押しで特殊行動(片手剣はガードなど)
  5. マギの技発動・回復のみボタンをタップ

(右中央の2つがボタンです)

Screenshot_2016-06-16-16-32-58

これにより、スマホ+アクションゲームの操作性の問題をクリアしており、他のアクションゲームと比較しても、操作のしやすさは段違いとなっています。

(欲を言えばカメラの方向も操作できるといいんですが、難しいでしょうね)

 

縦長・横長の画面対応

これがかなり画期的です。

従来のスマホゲームでは画面を 縦向き か、横向き のどちらかでプレイするのが普通です。

ですがドラゴンプロジェクトは、縦横どちらにも対応できるという新しいシステムを搭載しました。

縦画面と、

Screenshot_2016-06-16-12-10-10

 

横画面。

Screenshot_2016-06-16-12-10-17

こっちの方がフィールドを見やすい。

縦横の切り替えはスマホを傾けるだけなので、とくに設定は必要ありません。

ゲームとしては横画面の方が楽しみやすいでしょうが、縦画面は片手でプレイするのに適しています

それこそ、通勤電車で吊り革を持ちながらでもプレイできるでしょう。

これはありそうでなかったシステムですね。

 

敵を倒す → 素材を手に入れる → 装備作成

ゲームの流れとしては、

  1. クエスト受注
  2. 対象のモンスター討伐
  3. 討伐モンスターの素材ゲット
  4. 素材をもとに武器・防具作成

という流れで進んでおり、ほとんどモンハンと同じです。

 

このクエストは

  • ストーリークエスト
  • ストーリー進行と関係ないサブクエスト
  • イベント・曜日クエスト

の大きく3つに分けられ、どれを選んでも流れはほぼ同じです。

 

ストーリーを進めつつ、欲しい武器・かっこいい防具を作るための目当てのモンスターを狩り、素材を集める。

Screenshot_2016-06-16-16-23-41

文章にするとまんまモンハンです。

 

ガチャはモンスター(素材)かマギ(装飾品)のみ

スマホゲーの例にもれずガチャ要素もあるのですが、武器は素材から作る関係上、武器・防具は出ません。

では何をガチャで回すのかいうと、

  • 討伐するモンスター(クエスト)
  • 武器に装備する「マギ」

の2種類がガチャ対象となります。

こちらがモンスターガチャ

Screenshot_2016-06-16-12-17-06

討伐するキャラをガチャで当てるってのはかなり独特ですね。

 

こちらがマギのガチャ

Screenshot_2016-06-16-12-19-02

マギガチャの方が必要な魔石は少ないです。

 

マギはモンハンでいう「装飾品」のように、武器や防具の空きスロットに装備することで使えます。

マギにはそれぞれ効果があり、

  • 攻撃力などのステータスアップ
  • 遠距離攻撃
  • 必殺技
  • 広範囲回復

など、基本的には技を使えるようにするものが多いです。

 

武器・防具は無課金でもSランクの装備が作れる反面、マギはガチャでないとレアが手に入りません。

なので、課金プレイヤーでもなければ、魔石はマギに使うのが正解なようです。

 

リアルタイムで他プレイヤーと共闘

ドラゴンプロジェクトの戦闘は基本的にマップ上で行うのですが、このマップは

  • ボスが出る前
  • ボスが出た後

の2つに分けられます。

 

ボスが出る前は1マップに無数のプレイヤーが。

ボス戦では4人(プレイヤーがいない場合、NPC含めて4人)までマッチングでき、フレンド同士でマッチングもできますが、基本的には自動で行われます。

マッチングしたプレイヤー同士は共闘したり、チャットでコミュニケーションをとることができ、オンラインゲームらしいオンラインゲームと言えますね。

SPONSORED LINK

終わりに

最近はスマホゲームばかりしてますが、スマホのアクションゲームにはまるのは初めてです。

(白猫プロジェクトはイラストが好きになれなかった)

完全にはまってしまったので、今後は攻略情報もまとめていきたいですね。


PAGE TOP