【スマホで本格カードゲーム】ハースストーンを始めたけどマジで面白い!

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

SPONSORED LINK


Screenshot_2016-06-02-10-21-14

※「ハーフ」じゃなく、「ハース」です。

先月あたりに存在を知り、なんとなく手を出してなかった(なんとなく海外のイラストに苦手意識が有るんですよね)ゲームなんですが、これはマジで面白い!!!

スマホゲーム と思ってなめてましたが、このゲームはよく有るスマホゲーとは全く違いました!

(実際、パソコンやタブレットでもできるので「スマホゲーム」と言うよりは「スマホ対応ゲーム」なのですが)

私も始めたばかりなので やり込んだ人 の情報量には及びませんが、これから始める人に向けて、少しでもこのゲームの面白さを伝えたいと思います。

 

カードゲームとスマホを組み合わせて、「遊びやすさ」を抜群にしたゲーム

本当に一般的なトレーディングカードゲームを、スマホでやっている感覚です。

maxresdefault

(↑これとなんら変わらない)

それでいて、日本の スマホゲー によくある、課金前提だったり、育成に時間がかかったりするものとも全く違います。

遊戯王 でも ポケモンカード でもなんでもいいですが、スマホゲーとは思わず「ネットでやるカードゲーム」とイメージしてもらった方がいいです。

(遊戯王ADSが近い)

 

1人プレイモードもありますが オマケ みたいなもんで、メインは他のプレイヤーとの対戦プレイです。

スマホでプレイできるのでどこでもオンライン対戦でき、実際のカードのように友達やショップを必要としないので、カードゲームの中でも抜群の遊びやすさが最高の魅力ですね。

 

また、このゲームは世界中にプレイヤーがおり、海外のプレイヤーとも問題なく対戦できます。

(私がプレイした相手だと日本語・英語・韓国語・中国語(?)のプレイヤーとマッチしましたが、いずれもなんの問題もなかったです)

マッチングの待ち時間も長くて10秒足らずなので、海外マッチでもストレスを感じません。

「もっと前から始めてればよかった」とつくづく思いますね。

 

ハースストーン の 基本ルール をザックリと

以下で「どんな対戦カードゲームなのか?」

をパッと見で分かるくらい、ザックリ説明します。

 

ライフを0にすれば勝ち

勝敗のつけ方はシンプルで、遊戯王 のように相手のライフを0にすれば勝ちです。

画像では中央上の24相手プレイヤーのライフ。中央下の29自プレイヤーのライフとなります。

Screenshot_2016-06-02-13-02-34

(初期ライフは30。ライフを回復させるカードを使っても30よりは上がりません。ちなみに他のカードゲームと違い、デッキが0になっても負けにはならず、ドローする度に「デッキの無くなったターン+1」のダメージを受けます)

 

ライフを0にする方法も 遊戯王 と似たようなもので、召喚したモンスター(ミニオン)による攻撃や、呪文などの効果によって削っていきます。

またライフを回復できるカードもあります。

 

モンスターも呪文も「マナ」がないと何もできない

ミニオンの召喚や呪文を使うには「マナ」という数値が必要です。

全てのカードにはそれぞれ必要な「マナ」が決められており、このマナは毎ターン1ずつ自動で貯まっていきます。(上限は10

左上が召喚に必要な「マナ」で(画像では1)

Screenshot_2016-06-02-12-15-33

左下が攻撃力(2)。右下がそのミニオンの体力(1)です。

 

マナ が足りる限りは ミニオン を何体召喚しようと、呪文 を何枚使おうと問題ありません。

例)10マナ 有れば、3マナのミニオンを1ターンに3体召喚することも可能。

マナはそのターンで使い切っても次のターンには全回復するので、各ターン使い切るくらいのほうが無駄がないわけです。

このあたりは 遊戯王 と言うより デュエルマスターズ っぽいですね。

(他サイト様によると「マジック・ザ・ギャザリング」と非常に似ているそうですが、私はやったことがないのでなんとも(・・;))

 

ハースストーン独自のルール

各「クラス」に属する「ヒーロー」

ハースストーンでもっとも特徴的なのが「ヒーロー」で、これはプレイヤーのアバタ―みたいなもんです。

ですが、絵柄だけの御飾では無く、そのヒーローごとに特殊能力を持っています。

 

例えば下の「ジェイナ」は、2マナ消費することで好きな相手に1ダメージ与えることができます。

Screenshot_2016-06-02-12-16-19

(効果はヒーローごとに様々ですが、いずれも消費するマナは 2 です)

このほかにもさまざまな効果があり、

  • 2ダメージ与えるがヒーローしかねらえない
  • 決まったミニオンを召喚する
  • 複数のミニオンからランダムで1体召喚する
  • ヒーロー自身が武器を装備し、戦えるようにする
  • 「装甲」という、ライフとは別枠の防御力を付与する
  • 体力を2回復する
  • 2ダメージ受ける代わりに手札を1枚引く

など、ヒーロー毎に効果が異なり、これが勝敗を分けることも多いです。

 

クラス専用カード

上で紹介したヒーローたちは、それぞれ「クラス」という、一種の属性を持っています。

(例えば上で紹介した「ジェイナ」は、「メイジ」というクラスです。)

ハースストーンのカードには

  • 誰でも使えるカード(中立)
  • そのクラスにしか使えないカード

の2種類あります。

 

クラス専用カードは中立のカードより強力なのはもちろん、クラスごとに得意分野があるので、ヒーローごとに得意な攻め方があります。

  • 攻撃呪文が多いクラス
  • 敵を倒す効果が多いクラス
  • 低コスト・数の暴力の得意なクラス
  • バフ(強化)・デバフ(弱体化)効果が多いクラス
  • などなど…

 

まとめると、

  1. ヒーローの特殊能力
  2. クラス専用カード
  3. 中立カード

この3つがハースストーンの攻め方を構築しており、これらを含めた 読みあい・デッキ作成 がこのゲームの肝ですね。

 

スマホゲームとは思えない、豊富なカード効果やコンボ、それを活かすデッキ構築

ミニオンや呪文の効果は、カードゲームを経験している人ならすぐに分かるシンプルなものから・・・

Screenshot_2016-06-02-12-15-33

 

他のカードとのコンボを前提としたものまであります。

例えばこのカードは「クトゥーン」というカードを強化する、コンボ前提のカードです。

Screenshot_2016-06-02-12-15-45

(「居場所は問わない」とは手札でもデッキでも関係なく強化できるということです)

 

下画像がその「クトゥーン」です。

Screenshot_2016-06-02-12-15-57

効果は強力ですが、攻撃力・体力ともにコストの割に低め。

 

ですが、他のカードで強化されるので、最終的に倍以上のステータスにすることも十分可能です。

Screenshot_2016-06-02-13-02-34

(画像左端が強化されている様子で、この時点で元の倍のステータスです)

「クトゥーン」は専用のコンボカードですが、既存のカードを組み合わせるコンボも もちろん存在します。

 

このようにコンボの開発・デッキ構築から楽しめる、本当に本格的なカードゲームです。

(ゲームってだいたい、デッキ作り や ビルド考案 の時間が1番楽しいですよね)

 

先攻・後攻も考慮した巧みなゲームバランス

ハースストーンのデッキは30枚のカードで構築されており、毎ターン1枚カードをドローします。

手札の枚数が独特で、先攻3枚後攻枚+1マナ分のカード1枚と、先攻後攻のバランスを考え、後攻は手札+1、1ターンのみマナ+1で優越をつきにくくしているわけです。

(当然、先攻で攻めやすいカード、後攻で攻めやすいカードもあります)

 

また、

  • ヒーロー毎の固有能力。
  • 各クラス専用カードの得意な戦法がある。

と紹介しましたが、それによりヒーロー同士に相性があり、

「このヒーローでは、あのヒーローには勝ちにくい」

という組み合わせも少なからずあります。

 

自分\相手 メイジ ハンター パラディン ウォリアー ドルイド ウォーロック シャーマン プリースト ローグ
メイジ(Mage) Jaina64.png ×
ハンター(Hunter) Rexxar64.png × ×
パラディン(Paladin) × Uther64.png ×
ウォリアー(Warrior) × Garrosh64.png
ドルイド(Druid) Malfurion64.png
ウォーロック(Warlock) × × Gul'dan64.png ×
シャーマン(Shaman) × Thrall64.png
プリースト(Priest) × Anduin64.png ×
ローグ(Rogue) Valeera64.png

ハースストーン日本語wiki 様より引用)

 

一方で、「そのヒーローごとに得意な攻め方がある」ということは、「対策もされやすい」とも言えます。

なので必ずしもこの相性通りに行くわけでもないですし、攻め方を熟知している相手であれば、行動を読まれることも十分あり得ます。

 

「クラス」による相性があるのも、カードゲームには珍しい読みあい要素ですよね。

 

個人的にオススメのヒーロー

wikiでも初心者オススメのヒーロー、そのヒーローごとのデッキが紹介されているのですが、私が使って強かったと感じるヒーローも紹介します。

※今ゲームを始めると、「クトゥーン」というコスト10の中立モンスターがもらえます。

Screenshot_2016-06-02-12-15-57

私はこれを使った戦法をメインにしていたので、見返してみると「強い」というより、「クトゥーンと相性がいい」という意味合いが強いです。

 

プリースト:

 

Screenshot_2016-06-04-16-46-11

ヒーローパワーで自身やミニオンの回復ができるヒーローです。

私が使ったなかでは1番勝率が安定しました。

手札、体力、回復力と安定感の高い立ち回りができるクラスで、派手さはないものの堅実なプレイングができます。

 

1マナで召喚できるうえに、回復するたびにドローできる超便利カード

Screenshot_2016-06-04-15-23-07

 

回復する度に攻撃力がアップし、ステータスの割に必要マナも低い使いやすいカード

Screenshot_2016-06-04-15-23-28

 

体力の上限アップにドロー効果まで付き、そのうえ1マナという、使いやす過ぎるカード

Screenshot_2016-06-04-15-23-16

 

 

「速攻で蹴りをつける」というよりは、長期戦での削り合いでこそ強みを発揮する印象です。

そのため最初にもらえる「クトゥーン」ともそこそこ相性がいいと思います。

 

ドルイド

 

Screenshot_2016-06-04-16-46-16

このキャラも プリースト ほどではないにせよ、かなり安定感がありました。

ミニオン自体のステータスが高いのも分かりやすい強さですが、何よりマナを増やすカードが最初からあるのが強い。

 

0マナで使えてマナを2つ補充できるコスパ最強呪文

Screenshot_2016-06-04-15-22-01

 

2マナかかるものの、マナの上限を1上げてくれる呪文

Screenshot_2016-06-04-15-22-13

そのため「クトゥーン」のような高コストカードとの相性もよく、クトゥーンデッキを使いやすいクラスでした。

モンスターを強化するカードも多い一方で、ダメージを与えたり、敵を破壊する呪文は少ないので、搦め手無しの真っ向勝負が主な戦い方となっています。

 

マナを増やしつつ、相手より速いターンで強力なミニオンを召喚することで有利対面を作る。

シンプルに強いクラスです。

 

+α カードゲームなのに日本語フルボイス

地味に1番おどろいたのがここです。

ヒーローはもちろん、システムボイスやカードも(ミニオン)なら全部しゃべるんです。

 

また、ヒーローの声優さんはかなり豪華で、例えばこの「ウォリアー」

Screenshot_2016-06-04-16-46-04

このヒーローの声優は、稲田 徹さんです。

(ターンAガンダムの「ユニバァァァァス!!!」の人って言えば分かるかな・・・わかんないかもな・・・(・・;))

 

他にもこの「パラディン」。

Screenshot_2016-06-04-16-45-57

こっちは柴田 秀勝さんです。

(鋼の錬金術師 の キング・ブラッドレイ や、ナルト の 3代目火影の人 です)

 

最近はスマホゲームでもフルボイス+有名声優陣をうたい文句にしているゲームは多いですが、ハースストーンのキャストはその中でもかなり豪華だと思います。

 

欠点もいくつか・・・

めっちゃくちゃ面白いゲームなのですが、このゲームをしているとバッテリーがすごい速さで減ります

(私のスマホだと、電車出勤の40~50分くらいで25~30%くらいバッテリーが減ります)

またそれもあってか、スマホ本体がけっこう熱くなります

ゲーム本編とは関係ない部分ですが、バッテリーの減りはもう少し軽い方が嬉しいんですけどね。

 

終わりに

今のところ無課金でやっていますが、この調子だとスマホゲームで初めて課金してしまうかもしれない・・・

そう考えさせるくらいすごいゲームです。

おかげさまで パズドラ や モンスト は最低限程度にしかやらなくなってしまいました。

せっかく ワールド 当たったのに

紙のカードゲームが好きな人・好きだった人は絶対にハマります。

どうせ無料なので、1度初めてみて下さい。


PAGE TOP