お腹まわりの 痩せる・割る・凹ます の違い

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

ダイエットでも筋トレでも「腹筋」は切っても切れない関係です。

よく聞くのが、

  • お腹を割ってシックスパックを作りたい
  • お腹が出てきたからへっこましたい
  • お腹周りの肉を落としてやせたい

この3つですかね。

 

文章ではほとんど同じに聞こえますが、原因によっては対処の仕方が全くことなるもの。

今回は上記3つの原因・目的について説明していきます。

 

お腹まわりをやせさせたい=ダイエット

maxresdefault

お腹周辺の余分な肉。

つまり脂肪をとりたいのが目的の場合。

 

この場合は単純に、

  • 脂肪を燃焼させる運動(有酸素運動)
  • 食事制限(糖質、脂質などを1部制限)

といった、一般的なダイエットが必要になります。

 

お腹まわりの部分やせってあるの?ないの?

また、「脂肪は全身から使われるので部分やせは起こらない

と言われますが、よく使った部位の方が脂肪は付きにくくなる、また脂肪も使われやすくなると思います。

 

例えば私の場合は右利きなのですが、体組成を測ってみると左手より右手の方が体脂肪率が低いです。

これが

  • よく使う右手の方が脂肪がつきにくいから
  • 良く使ったから右手の方が脂肪が燃えたから

のどちらなのかは検討つきませんが、「痩せたい部分にしっかり運動させた方がいい」とは体感しています。

 

腹筋運動をしたからと言って脂肪が燃えるとは思えませんが、腹筋の脂肪量を最終的に減らすためには必要になってくるでしょう。

 

お腹を凹ましたい=筋トレ

DB88_onakaippai15151931-thumb-1000xauto-15836

お腹をへっこましたいのであれば、原因によってはダイエットより筋トレが重要になります。

 

お腹が出ている原因は、

  • 腹筋の「上」の皮下脂肪
  • 腹筋の「下」にある内臓脂肪や内臓そのもの

の2つが大きな原因です。

 

2つめの腹筋の内側が原因にものに関しては、腹筋を鍛えることで締め付け効果を強くし、お腹をへっこますことができます。

 

腹筋のなかでもとくに「腹横筋」という筋肉はコルセットの役割をもつ筋肉で、この筋肉が弱っていると痩せていてもお腹がでてきます。

k91

画像引用:http://www.musculature.biz/

(痩せているのに「みずっぱら」の人などは、この腹横筋が弱いと考えられます)

 

なので、お腹をへっこますなら腹筋運動だけでなく、ドローイン腹式呼吸腹横筋も鍛えてやるとより効果的になりますよ。

 

ただ、これはあくまでお腹をへっこませるだけであり、脂肪量が大きく変化するわけではありません。

  • 太ってお腹が出ている人=ダイエット優先であとに筋トレ
  • やせ型なのにお腹が出ている人=筋トレのみ

というのを、簡単な指標にしてください。

 

お腹を割りたい=筋トレの後にダイエット

gatag-00011874

腹筋は最初から割れている以上、痩せさえすればシックスパックは手に入ります。

なので極端な話、痩やせてさえいればシックスパックはできます

(学生時代に運動も苦手なガリガリだけど、腹筋が割れている同級生を見たことがある人は多いでしょう)

 

しかし、筋トレして手に入れるシックスパックとなると、ただ「割れているだけ」より、「厚みもあって割れている」のが理想です。

 

なので順番としては

  1. 筋トレ=腹筋に厚みをつける(クランチ・腹筋ローラーなど)
  2. ダイエット=腹筋の上の脂肪を落とす(有酸素運動、食事制限など)

の流れが一般的です。

逆は非効率です。

 

SPONSORED LINK

:

筋トレとダイエットの順番と理由

筋肉でも脂肪でも増えれば体重が増え減れば体重が減ります

当たり前ですね。

 

なので腹筋を割る場合でも

  • 筋肉を増やす=体重が増える
  • 脂肪を減らす=体重が減る

となります。

 

問題なのは、体重が「増える」のと「減る」のは同時には起こりにくいということです。

なので、筋肉が増えるときは脂肪もある程度は増えますし、脂肪が落ちるときは筋肉も多少落ちます

 

シックスパックは腹筋を見えるようにするのが目的なので、逆の順番では

  1. 脂肪を落とす=筋肉も落ちる
  2. 筋肉を増やす=脂肪も増える

となってしまい、腹筋を見せるのに邪魔な脂肪も増えやすくなってしまいます

 

なので、逆の順番は非効率なのです。

 

まとめ

  • 脂肪を落としたい=ダイエット
  • お腹を凹ましたい=原因によってダイエット・筋トレを使い分け
  • シックスパックを作りたい=筋トレの後にダイエット

この3通りに分けられると思います。

女性の場合はバリバリに筋トレするよりはダイエット重点。

細マッチョ志望はまずは筋トレ。

ビール腹・みずっぱらをどうにかしたい場合は、体全体の脂肪量と相談しつつ優先順位を選択。

という感じでしょうか。

 

よくあるのは筋トレとダイエットを一遍にやって失敗するパターンです。

(1番多いのはそもそも続かないパターンですが)

目的をはっきりさせて、その目的にそったものを選択していけば本人の負担も減りますし、目指すべきところがはっきりします。

なんとなくではなく、目的を明確にしてボディメイクしましょう。


PAGE TOP