【筋肉を限界まで追い込む】あなたの限界は心理的?肉体的?

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

man-845847_960_720

どうも、2日前のデッドリフトの筋肉痛がまだ残ってます。脳筋です。

ダイエットや健康目的の軽いトレーニングならともかく、本気で筋肉を大きくさせるためのウェイトトレーニングなら、「限界」まで追い込むのは絶対に必要です。

ですが、本人は「限界までできた」と思っていても、実際の限界はもっと先にあります。

「あることが多い」ではなく、確実に「あります」。

今回はこの「限界」について、詳しく解説していこうと思います。

 

SPONSORED LINK

:

限界には大きく2種類(2段階)

筋トレで言う「限界」と言うと、「これ以上1回もできない!」状態を言います。

この状態に至るまでの限界には、2つの段階が存在します。

 

肉体的限界

ウェイトトレーニングで目指すべき限界が、この肉体的限界です。

生理的限界、機能的限界など言い方はあるでしょうが、体の仕組みとして、これ以上はどうしようもない状態を言います。

具体的には、

  • 筋繊維にダメージがたまり、筋肉が機能しなくなる
  • 筋肉のエネルギーが切れて動かなくなる

などが当てはまります。

 

車で言えば

  • ガソリンが完全に切れた
  • エンジンがオーバーヒートを起こしてぶっ壊れた

ような状態です。

 

精神的限界(心理的ブレーキ)

肉体的限界を最終段階とするなら、精神的限界はその前の第1段階となります。

簡単に言うと、肉体的限界にならないようにかけられたブレーキのようなものです。

 

また車でたとえると、

  • ガソリンが切れそう=なら走るのをやめよう
  • オーバーヒートを起こしそう=1回冷めるまで待とう

このように限界を迎えないよう、セーブさせるのが精神的限界・心理的ブレーキです。

 

車ならガソリンが切れても給油すればいいし、エンジンが壊れたら修理すればいいのですが、体は

  • エネルギーが切れる=餓死
  • 筋肉が壊れる=心臓などの重要な期間であれば死亡、もしくは障害

です。

 

そんなことにならないよう、体を守るためにあるのがこの心理的ブレーキです。

体を守るための防衛本能なわけですね。

 

効率のいい筋トレにおける「限界」とは

BO15103024151030245753_TP_V

筋肉を効率よくつけるトレーニング」とは、「体にそれだけの変化を強要するトレーニング」とも言えます。

そして、変化を強要するほどの強い刺激こそが、「肉体的限界」に近づくことです。

体が「今のままではまずい!!」と感じさせるのが狙いなわけですね。

 

そのためウェイトトレーニングでは限界までの追い込みを重要視します。

しかし、肉体的限界に近づくには、まず精神的限界を超える必要があります。

  • 少しずつトレーニングを続けて、昨日よりも1回でも多く頑張る
  • もう無理だと思っても、1回も上がらなくても、1秒でも多く筋肉を使いたおす

これだけの精神力があって、筋トレの効率はよくなるのです。

 

最終的に理論ではなく、根性論になるのは説明としてどうかと思うんですが、

  • 効率のいい筋トレ=肉体的限界に近づき続ける筋トレ
  • 限界に近づくのに必要なもの=心理的ブレーキを突破しつづける強い精神力

この2点こそ筋トレの真理だと思います。

 

肉体の限界に「近づく」のみ。「超える」のは危険

みなさんはマッスル北村さんというボディビルダーをご存知でしょうか。

画像引用:http://www2.odn.ne.jp/muscle-kitamura/

私が誰よりも、それこそ親や恩師よりも尊敬している方です。

(ぜひ、この方のウィキペディアを読んでいただきたい)

日本人ボディビルダーの中でも伝説と言われる方なのですが、この方は39歳という若さですでにこの世を去っています。

 

その死因は「餓死

といっても、食うに困ったはてに飢え死にしたのではありません。

大会前の減量で体を削りに削りきって、ついには命を落とすほどの過酷な減量を行ったからです。

(死亡時の体は体脂肪率3%以下まで絞り込まれていながら、とんでもないバルクを保っていました)

 

そこまで体を極限状態に追い込めば、普通の人間なら防衛本能が働いて何かを食べようとするはずです。

しかし、マッスル北村さんはそんな「精神的限界」を、それ以上の精神力で押さえ込み、ついには肉体の限界も超えてしまったのです。

 

「ストイック」という一言では表現しきれないくらいにストイックだった北村さんですが、このように肉体の限界に挑み続けた結果、亡くなってしまわれました。

 

並大抵の精神力ではないので、正直私たちはここまで心配する必要はないとは思います。

ですが、実際問題、肉体の限界に挑み過ぎたことで亡くなった方もいます。

このことを一応、頭に置いて置いておいてください。

 

終わりに

本当の意味での肉体的限界は命の危険をともないます。

だからこそ、そのはるか手前に精神的限界があるのです。

本気で肉体を変えたいなら、「精神的限界という壁」を超えなければいけない瞬間は必ずやってきます。

マッスル北村さんの真似はお世辞にもオススメできませんが、その精神的なあり方は大いに参考にするべきです。

ぜひ筋トレを通して、肉体だけでなく、精神的な強さも手に入れましょう。


PAGE TOP