「効果的・効率的な筋トレ」を「楽して筋肉が増える方法」と思っているなら大間違いです

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

どうも、ここのかん違いは本当に「大きな差」になると思います。脳筋です。

  • 効果的な筋トレ
  • 効率的に筋肉をつける方法

どちらもトレーニングしている人間なら、

絶対に抑えておきたい情報ですよね。

 

これらを調べて実践するのは良いことだと思うんですが、

そもそもの認識を誤っている人が多いので、

少しダメだししておきます。

 

SPONSORED LINK

:

「効果的・効率的な筋トレ」は何に効果的なのか?

OOK160214090I9A8054_TP_V

効果的な筋トレはそのままの意味で、

「筋肉を付けるのに効果的なトレーニング」

 

効率的な筋トレは

「できるだけ効率的に=短期間で筋肉をつけるトレーニング」です。

 

前者は筋トレの効果そのもの

後者は時間効率を求めたものだと思います。

(正直、大差ないと思いますが)

 

目的や部位によって方法が異なりますが、具体的には

  • 正しいフォーム
  • 適正の重量
  • 筋肉の使い方(収縮様式)
  • 回数やセット数、特殊なセット法
  • トレーニングごとの組み合わせ

これらを目的ごとに選択して、

より目的に沿ったトレーニングを組むことになります。

 

  • 筋肥大を目指すなら○○
  • 細マッチョを目指すなら××
  • ダイエット目的なら△△
  • 持久力を付けたいなら■■

といったように全て違ってくるので、自分の目的と相違ない方法を選択するのが大事です。

 

「目的に沿った正しいトレーニングを選択すること」

これが効果的・効率的なトレーニングです。

 

よくされているかん違い

D0011_udemaku20140830150104_TP_V

効率的に筋肉をつけたいなら、より効率のよいトレーニング

効果的に筋肉をつけたいなら、より効果の高いトレーニング

が必要になります。

 

ここでよく勘違いされるのが

効果が高い・効率が良い=作業対効果が高い

(ようは、少ない作業でも効果がある)

かん違いされることです。

 

当たり前のことですが、「効果的な筋トレ」は基本的に「キツイ筋トレ」です。

 

「筋肉が発達する」ということは

「それだけの負荷がかかる」ということです。

 

筋肥大であれば

  • ドロップセットやピラミッドセットなどのセット法
  • 休憩時間は短いほどいい
  • 1つの部位にたいして3~4種目は行う

などが「効果的な方法」として紹介されますが、いずれもキツイトレーニングばかりです。

(最近はやりのHIIT・TABATAも時間効率はいいですが、吐きそうになるほどキツイです)

 

「効果的・効率的な方法=楽な方法」と思われがちですが、

筋トレにそんな裏ワザのような方法はまずありません。

(部分的なコツ・ポイントはありますが、あくまで+aのもので「これだけしたら筋肉増えるよ。」みたいな安易な方法はないです)

 

「楽に結果を出したい」

と考えるのは当たり前のことですが、

楽する方法ばかり探していても、肝心の結果はついてこないことは理解してください。

 

例外(?)もある

ただ、中には例外(?)もあります。

 

少し前に流行った「加圧トレーニング」はその典型で、

細かい説明は省きますが、

脳を錯覚させることで、軽い運動でも高い効果を得る方法」です。

 

実際、ダンベルなどの重量は使わず、自重やテニスボールなどを利用するので、

傍から見るとトレーニング内容はかなり楽に見えます。

(実際やってみると、他のトレーニングとは違うしんどさがあるので、楽にできるわけではないですが)

 

このように捉え方にもよりますが、一見、楽に見える方法があるのも事実です。

実際に楽かどうかは別ですが、興味があるならこれらを実践してみるのもいいでしょう。

 

終わりに

「短期間で楽に効果が出る」

これほど嬉しいことはないですが、

ほとんどの情報はデタラメか屁理屈、誇大広告です。

 

特にダイエット業界はこれが顕著で、

これでもかと「楽だ!」ということを主張してきます。

(ワンダーコアとかシックスパッドとか)

 

最近は筋トレも「いかに楽にできるか」の情報が求められますが、

無駄をそぎ落とすことはできても、最初から楽にできる方法は有りません。

「効果的な筋トレ」、「効率的な筋トレ」

どちらも重要ですが、楽するためのものではないということを頭に置いていて下さい。


PAGE TOP