筋トレのモチベーションが上がらないときは「楽しい」筋トレをしよう

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

どうも、趣味で筋トレしていると言っても、モチベーションが下がるときもあります。脳筋です。

誰にでも筋トレのモチベが下がる時はありますよね。

私なんかは最近2DSを買ったせいで、

「筋トレよりゲームがしたい」

という精神状態が続いてます。非常に危険です(・・;)

今回は筋トレのやる気がなくなったときに、「楽しく」筋トレすることでモチベを取り戻す方法をご紹介します。

 

SPONSORED LINK

:

モチベが上がらないのは「楽しくない」から

ぶっちゃけた話、人のモチベが下がるのは

  • めんどくさい
  • 楽しくない
  • しんどい
  • だるい

こういうときのはずです。筋トレに限らず。

どんなことでも楽しかったらモチベーションは下がらないです。

 

筋トレをはじめたばっかりのころはモチベーションも高いですよね。

ほぼ毎日ジムに行ったり、そのまま2時間近く居続けたり。

そのときはすごい楽しいんです。

 

でもだんだん行かなくなったり、めんどくさくなります。

最初は楽しかったけど飽きてきたというか、慣れてきたというか。

そうやって、「楽しくなくなってきたとき」にモチベーションが下がります。

 

筋トレは「しんどい」や「辛い」の部類に入るので、モチベが下がるのはある意味当然です。

かといって「しんどくない筋トレ」だと意味がないので論外。

なので「しんどいけど楽しい筋トレ」をコンセプトに考えていきます。

 

「楽しくない筋トレ」って?

筋トレが楽しくないと感じる理由ってなんでしょう。

いろいろありそうですが、私の場合は「回数」です。

1セット10回だとして、後半の7~8回以降。

  • 「いてぇ・・・」
  • 「もう動かねぇ・・・」
  • 「でもこっからが大事だ・・・」

トレーニング後半の追い込みは筋トレの最重要ポイントです。

でも、頭でわかってはいても楽しくはないです。

むしろ辛いです(・・;)

 

反面、「トレーニング後の疲労感」や、腕が上がらなくなるくらい「追い込めたときの達成感」は楽しい。

 

となると、私の場合はトレーニング中の「一定回数(時間)ガマンすること」が楽しくないと仮定できます。

問題点が分かったので、次はそこをどう改善すればいいか考えて行きます。

 

筋トレを楽しくする方法

「一定回数ガマンするのがイヤ!」

⇒「んじゃ、回数少なくすればいんでね?」

ということで昨日のトレーニングは少なくしました。

 

具体的に言うと、「10回3セット」だったのを「2~3回3セット」くらいにしました

 

「筋肥大に効果のある筋トレか?」

と聞かれると、「筋力アップ向けの筋トレです。」

と答えるほかありません。

 

でも、自分にとって1~2回が限界の重量に挑戦して、短い時間に本気をだす。

なぜかこれすごい楽しいんですよ。

男性のトレーニーなら分かって頂けるんじゃないでしょうか。

多分、女性にはさっぱり分からないと思いますが。

 

めっちゃ重いもの持ち上げるのってなんで楽しいんだろ

昨日のトレーニングでは、スミスマシンで1~2RMの重量のベンチプレスをためしてみました。

私の場合は110㎏弱くらいです。

ちなみに、普段のトレーニングでは70~80㎏で10回前後3セットやっています。

 

それに比べてまぁ、楽しいこと。

なんで楽しいのか自分でもよく分からんのですが、1回か2回しか上げられん筋トレって妙に楽しいです。

 

理論上、筋肥大目的の筋トレにはなっていないはずですが、ばっちり筋肉痛も来てます。

なんなら普段筋肉痛が起こらないところにまで、筋肉痛が起こってるくらいです。

 

つねにこれをやるのはまた違いますが、下がったモチベを上げる効果はばっちりです。

「お好み焼き食べてて、飽きたからマヨネーズかけて味変えた。」みたいな。

例えがひどいですが、「飽きたから味を変えたらよくなった」という表現がしっくりきます。

 

動画や画像で筋トレのモチベを上げるのもオススメです

今回の話には分かりやすい欠点があります。

紹介した方法は筋トレの内容を変えているので、ジムに行ってからの話です。

ようは「ジムに行こう」と考えるところがすっぽ抜けています(・・;)

 

ジムに行くまでのモチベーションを上げるにはやはり、動画画像が手軽で簡単ですね。

Youtubeならトレーニング解説動画やスポーツの動画がたくさんあります。

特に格闘技の動画なんかはオススメです。

 

「ジムに行きたくなくてしょうがない」

という人は筋トレしたくなる刺激を探すのがカギになりそうです。

 

終わりに

筋トレで「刺激を変える」と言うと、だいたいは筋肉のためです。

「同じ刺激で慣れてしまうと効率が悪いので、小まめに刺激を変えよう」

という意味合いになります。

そういった意味でも、今回の例のようにトレーニング内容をガラッと変えるのはメリットの多い方法だと思います。

精神的なリフレッシュにもなりますしね。

もし、筋トレを「楽しくない」と感じているなら試してみて下さい。

「楽しい筋トレ」になると思いますよ。


PAGE TOP