ワンダーコアの効果や口コミを見たけど、絶対に腹筋は割れないと思う理由

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

※今回、批判的な内容が多いです。不快に思われる可能性がありますので、あらかじめご注意ください。

 

どうも、なんど説明しても母親は納得せず、結局14500円もする「ワンダーコアスマート」を買っていました。

結局1週間もたたずにやらなくなり、「せめて続けろよ」と思わずにはいられない脳筋です。

うちの母はたいして調べもせずに購入していたようですが、調べてみてもこのワンダーコアがそこまで効果的とは思えません。

理由を解説していきます。

 

SPONSORED LINK

:

・腹筋マシーンとしての使用感は予想通り

DSC_0128

一応ご説明しておくと、ワンダーコアはバネで復帰運動をサポートしてくれる「腹筋マシーン」です。

私も母の買ったものが家に有るので、使うだけ使ってみましたが確かに楽です。

ただ、楽なだけです。

と言うか楽であたりまえなんですよね。

 

たとえばあなたがダンベルでトレーニングしたとして、「5kg」のダンベルと「10kg」のダンベルならどちらが楽ですか?

そりゃ5kgの方が楽ですよね。

ワンダーコアも同じで、体の重みをいくらか持ち上げてくれるので、楽にできて当たり前なんです。

 

では5kgのダンベル10回と、10kgのダンベル10回は同じ運動量ですか?

そんなわけありませんよね。

 

楽をしたならそのぶん運動量は下がります。

ワンダーコアで楽をしている=運動レベルは落ちているんですから、普通の腹筋より効果は落ちるはずです。

(無酸素運動か有酸素運動かの違いになるので一概には言えませんので、同じ回数をしたと仮定した場合です)

 

仮にワンダーコアを使うなら、

  • 普通には腹筋ができない人(体が上がらなかったり、フォームが崩れてしまう人)
  • 普通の腹筋では腰を痛めてしまう人

のどちらかであれば、使用する価値はあると思います。

それでも、クランチのように器具がなくても腰を痛めずに腹筋する方法はあるので、15000円近く払う価値があるとは思えませんが。

 

・体脂肪率5%減!「2週間チャレンジ」の真実

male-719539_960_720

ワンダーコアスマートの公式ページに「2週間チャレンジ」という、2週間のワンダーコアでどれだけの結果がでたのかを掲載しています。

効果はすごいもので、体脂肪率が約17%だったのに12%を切ってる人がいました。

2週間で5%近い体脂肪率の減少。

本当ならすごい話です。

 

このワンダーコアの売り文句が「たったの30秒!倒れるだけで腹筋ができる」というものですが、肝心の30秒は1セットなのか1日なのか、何が30秒なのかは記載されていません。

ここ以外にも「30秒」というキーワードはやたらにサイト中に見かけられ、商品の売りにしたいというのがうかがえます。

 

実際にショップジャパンのサポートセンターに電話してみましたが、どうもここで書いてある30秒は1セット30秒で、1日30秒でいいわけではないそうです。

また、2週間チャレンジのモニターの方々が、1日に何セットやっているかのデータはとってないんだそうです。

「1セット30秒」と書いてないのは確信犯っぽいなぁ(・・;)。

 

加えて、適切な栄養管理もかねた結果だと言う事ですが、電話で対応してくれたお姉さんは「食事制げ、あ・・・適切な栄養管理も併用しております。」

と思いっきり「食事制限」とこぼしておられました。

 

つまり、2週間チャレンジの内容は、

  • 1セット30秒のワンダーコアで運動(1日何セットやったかはデータなし)
  • 栄養士による栄養管理(食事制限)

の2つということです。

丁寧に対応してくれたお姉さんには悪いですが、どう考えても食事制限の効果だと思います

 

特に体脂肪率マイナス5%なんて腹筋運動だけでは、まずできるわけがありません。

逆に適切な食事制限さえしていれば、腹筋なんてしなくても痩せれます。あたりまえですが。

 

2週間チャレンジの記録は公式サイトの大きなアピールポイントになっていますが、ここまでの話から判断すると、「ワンダーコアの効果のみ」とは思わない方がいいでしょう。

 

・「脂肪燃焼効果が2倍!科学的に証明済み!」しかし大きすぎる疑問点

ワンダーコアの公式サイトには「床でやる腹筋運動と比べて、脂肪の燃焼効果が約2倍とマイアミ大学で化学的に証明!」と掲載されています。

腹筋運動で脂肪燃焼って言ってる時点でよく分かりませんが、どんな化学で証明したんでしょう。

解説していきます。

 

ワンダーコアは筋トレと同じ「無酸素運動」

1セット30秒の腹筋運動であれば、それは脂肪を燃やす「有酸素運動」と言うより、筋トレなどと同じ「無酸素運動」です。

 

脂肪を燃やす無酸素運動とは

基本的に無酸素運動では脂肪を燃やすことはできませんが、筋トレなどの無酸素運動のあとは代謝が上がり、エネルギー消費を増やすことができることは科学で証明されています。

最近はダイエット目的で筋トレする人も増えていますが、筋トレのダイエット効果もこの代謝UPの効果をさしています。

これに注目して開発されたのが当ブログでも解説している「HIIT(ヒート)」で、無酸素運動でも脂肪を減らすことは確かに可能です。

 

ただ、これは「1セット8~10回が限界のきつい筋トレ」をして、はじめて代謝があがるというものです

キツイ運動でないといけない時点で、ワンダーコアの「楽に腹筋できる」という部分と完全に矛盾しています(・・;)

となると、HIITのような無酸素運動による脂肪燃焼効果ではなさそうです。

 

ワンダーコアの脂肪燃焼効果って何?

この「HIIT」にしても運動の脂肪燃焼効果が上がるだけですので、運動中はたいして脂肪は使われません。

よく「有酸素運動は20~30分以上やらないと脂肪が使われない」と言いますがその通りで、脂肪を使うには一定時間の連続した運動が必要になります。

 

公式サイトにはまちがいなく「脂肪燃焼効果が床でやる腹筋の2倍」と脂肪燃焼効果で比較しています。

 

では、1セット30秒の腹筋でどうやって脂肪が燃えるのか?

通常より運動の負荷をかるくするワンダーコアでは、HIITのような代謝UP効果も期待できないはずですが、まさか20~30分以上、連続で腹筋させたとでも言うんでしょうか?

 

ちなみにこの実験データについても電話で聞いてみましたが、マイアミ大学で検証した以上のことは分からないとのことでした。

受付のお姉さんを困らせるのも気が引けるので、それ以上何か聞いたりはしませんでしたが、「マイアミ大学で化学的に立証!」と言われても内容に疑問点が残り過ぎて「どういった方法でどんな化学で証明したの?」っていう感じです。

文章から察していただけるかと思いますが、この時点で私はまったくワンダーコアを信じていません。

 

・脂肪燃焼以外の引き締め効果

公式サイトでは触れられていませんが、脂肪燃焼以外にも腹筋を鍛えることでウェストは引き締まります。

とくに内臓脂肪や水っ腹など、内側からの圧力によってお腹が出ていた場合、腹筋の強化はお腹をへこませるのに有効です。

 

ただこれはワンダーコアに限らず、腹筋を鍛えられたらなんでもいいので、ワンダーコアの効果と呼ぶには微妙です。

(腹筋にせよ筋トレは継続させないと意味がないので、継続させやすいことを利点と考えるなら、ワンダーコアの効果とも言えますが。)

 

・あえてメリットを上げるなら「継続のしやすさ」

shiosio_kasdfjk_TP_V

先の文章でもすこし触れましたが、ワンダーコアのメリットを上げるとするなら、「楽」なぶん「継続」しやすいところでしょう。

なんだかんだでここは重要で、トレーニングやダイエットが続かない最大の原因は「つらい」からです。

 

「普通のダイエットや運動はきつくて続かなかったけど、ワンダーコアなら続けられる!」

こんな人であれば購入する価値は十分にあると思います。

実際、ワンダーコアで結果がでている人は「何か月か続けられた人」であり、「普通の腹筋を続けたけど結果が出なかった人」ではありません。

成功した人たちだって普通の腹筋を継続できたら同じように結果は出たと思います。

 

また、腕立て伏せのときの補助にしたり、二の腕や太ももの裏側を鍛える方法など、応用の仕方もいくつか紹介されていますが、いずれも「軽め運動」で統一されている印象です。

それらをふまえて、ワンダーコアのようにとりくみやすい器具は、運動経験が無い人には十分メリットがあるでしょう。

 

ただ、「それ以外であればもっと他にやりようがあるんじゃないかなぁ。」

というのが私の正直な感想です。

ぶっちゃけ私なら絶対に買いません。これ買うならプロテインかダンベル買います。

 

・まとめ

  • たったの30秒 = 1日ではなく1セット30秒(何セットすればいいかのガイドラインなし)
  • 2週間チャレンジの結果 = 食事制限も併用した結果(こちらも何セットしたか不明)
  • 科学的に証明済み = 具体的な内容なし、納得のいく解釈も不可能

とご覧の結果になりました。

1番ベストな使い方があるとすれば、限界まで腹筋をやり、その後にワンダーコアを補助にしながら追い込む。ではないでしょうか。

少なくとも使い道がない器具ではありません。

ただ、決して楽に痩せれる器具でもありません。

ここまで来ると考え方1つですので、購入する価値があるかどうかよく考えてから購入してください。

うちのようにタンスの肥やしになってからでは遅いですよ(・・;)


PAGE TOP