プロテインを飲んでも、筋トレしても、筋肉がつかない理由

☆こんなやつが書いたブログです
プロフィール
☆ドラマやアニメが好きな人はこちらもどうぞ
アニメやドラマが見放題!ガンダムやうしおととら、国内・海外ドラマまで!【Amazonプライム】

・「筋肉がつかない」、「体重が増えない」とお悩みのあなた!

ちゃんと筋トレもしているし、終わったあとにプロテインも飲んでいるけど、なかなか筋肉がつかない。

このような悩みを抱えている方は、けっこう多いです。

共通しているのは、多くがやせ型の体型で、筋肉も脂肪もつきにくい方に多いかと思います。

 

このような方の場合は、よくある「腹筋を割るトレーニング!」などは合わないです。

どういうことか解説していきます。

SPONSORED LINK


 

・目的に合わせたトレーニング

細マッチョタイプ

WEB86_udetate20150207162040_TP_V

多くの男性のトレーニング動機は、

  • かっこいい体or男らしい体になりたい!
  • 腹筋を割りたい!
  • いわゆる細マッチョになりたい!

などの動機が多いでしょう。

 

美容・ダイエットタイプ

 

CRI_IMG_6008_TP_V

女性の場合は

  • ダイエット目的
  • ウエストのくびれがほしい!
  • 足を細くしたい!

などかと思います。

 

筋肉・体重増加のウェイトトレーニングタイプ

BO15103020151030205735_TP_V

それにたいして

  • 体を大きくしたい
  • 筋肉をつけたい
  • 体重を増やしたい

が動悸の場合、他と同じトレーニングでいいと思いますか?

 

目的の体に必要なものを把握する

まず知ってほしいのは、目的が違えばトレーニングや食事、栄養の取り方などが根本的に違うということです。

 

「腹筋を割りたい」が目的の場合、筋トレももちろんですが、「体脂肪を落とす」こと=「やせる」ことが目的となっています。

「筋肉を増やしたい」が目的の場合は「筋肉を増やすこと」=「太ること」が目的となっています。

 

切り口はどちらも同じ筋トレですが、目的は正反対と言っていいです。

当然考え方もまったく違いますので、ネットなどで情報収集をするときは、この目的に沿っているかどうかでまず判断して下さい。

 

・「体重を増やしたい」筋トレ

 

さまざまなトレーニングの動機の中でも、今回は「筋肉で体重を増やしたい」場合にしぼって解説します。

 

まず、非常にやせ型で脂肪も筋肉もつきにくい人の場合、ほとんどはカロリー不足が原因です。

 

gohan151214238662_TP_V

タンパク質や筋トレが足りていないのではありません、カロリーです。

 

筋肉にせよ脂肪にせよ、増えるということは、それだけエネルギー(栄養)が余っている状態です。

逆に、筋肉にせよ脂肪にせよ、減るということは、エネルギー(栄養)が足りていない状態です。

 

筋トレをしても筋肉が増えないし、そもそも脂肪も増えない人の場合、多くがこのエネルギー不足が原因なことが多いです。

プロテインなどでタンパク質をとるのはもちろんですが、米やパスタなど炭水化物もしっかり補給するように心がけてみましょう。

 

一言で「摂取カロリーを増やせ!」と言われても戸惑うかもしれませんが、実際てっとり早く、かつ肝心なのは確かです。

もしあなたが男性で、体脂肪率が17~20%以上であれば摂取カロリーを増やす必要はまずないです。

ですが、もしあなたの体脂肪率が10%以下であれば、ただちに摂取カロリーを増やすべきです。

 

年齢や生活環境、身長などにもよりますが、本気で体重を増やしたいなら1日2700~3000calくらいを目安にとるとよいでしょう。

もちろん、カロリーだけ増やしても、増えるのは脂肪だけです。

摂取カロリーを増やしながら筋トレもがんばり、初めて筋肉で体重を増やすことができるのです。

 

・まとめ

太りにくい体質の場合、カロリー不足もそうですが、体質的に栄養の吸収率が低い場合もあります。

その場合は吸収がよくて高カロリーなものを摂取しましょう。

体重を増やす専用のほとんど炭水化物のサプリもあります。

手ごろなものだとピーナッツバターなんかもいいでしょう。

どうしても食事を増やせないなら、最悪ビスケットなどのお菓子でも構いません。

体重を増やしたいときはまずは充分なカロリー補給。

覚えておいてください。


PAGE TOP