【オススメの筋トレ】バーベルカールのコツと強み!

2015年12月12日

腕回り40cmオーバー目指して、筋トレにはげむ脳筋です。

腕の筋トレだとダンベルカールが一般的ですが、バーベルを使えるならバーベルカールも非常にオススメ!

やり方とよく効かせるコツを解説するので、ぜひ、参考にして下さい(о´∀`о)

 

 

バーベルカールの基本的なやり方

 

  1. バーベルを肩幅くらいの幅で、逆手に握る
  2. ヒジを曲げて持ち上げる。
  3. ヒジを伸ばして(伸ばしきらない)下ろす。以降繰り返し

 

バーベルカールのコツは【ヒジを体より前に!】

バーベルカールのやり方は非常にシンプル。

なので器具さえあれば誰でもできるトレーニングです。

ですが、シンプルなトレーニングにも大事なポイントがあります。

それがヒジの位置。

トレーニング中は常に、ヒジを体より少し前にしておきましょう。

逆にヒジが体より後ろになるのは絶対にダメ!

 

ダンベルカールでもそうですが、腕の筋トレはヒジを体より後ろに下げると効きません。

楽にはなるし、重いのもできるようになりますが、それは腕以外の力を使いやすいから。

加えて、ヒジを曲げる範囲が狭くなり、運動量が減るからです。

これはやってみればすぐ分かるので、すぐにやってみて下さい。

ヒジは体より前!最低でも真横!

ここがポイントです。

 

 

バーベルカールのやり方まとめ

  • バーベルを逆手に握る
  • トレーニング中は常にヒジを体より前に

簡単なトレーニングなので注意点は少ないです。

ダンベルカールに比べるとより重い重量が扱えるので、どちらかというと筋力アップに適していますね。

個人的には

  • バーベルカールでやや高重量を
  • ダンベルカールで回数を

と分担するのがオススメです。

ただ、腕の筋肉は他の筋トレでも使われるので、他のトレーニングに支障が出ないよう、トレーニングの最後にやるようにしましょう。

2015年12月12日トレーニング

Posted by 脳筋