26年フケ・かゆみに悩まされた僕が1ヶ月足らずで治った体験談

2017年12月8日

私は物心ついたとき(具体的には小学2年生から頭のかゆみ・フケに悩まされており

制服にフケが積もるのを笑われたり、それが嫌で頭を丸刈りにしたのにフケは止まらかったり、

26歳になった今でも、年中フケとかゆみに悩まされてきました。

 

母も昔から頭皮が荒れやすかったらしく、「これは遺伝だ」とあきらめていたのですが、最近になって皮膚科に行く機会が。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)と診断され、薬をもらったり、専用のシャンプーを勧められたり、とんとん拍子で治療が進んでいきました。

結果から言うと、皮膚科の先生にもらった薬と、先生オススメのシャンプー(↓)でフケ・かゆみが治ったので紹介します。

持田ヘルスケア コラージュフルフル スカルプシャンプー

私のフケの原因は脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

地元で評判がいい代わりに、予約しても2週間はかかる皮膚科。

そこを予約して、仕事終わりに診てもらったらすぐに「軽い脂漏性皮膚炎やねぇ」と言われました。

この脂漏性皮膚炎をザックリ説明すると、

  • 頭皮の皮脂が多すぎる
  • 皮脂をエサにするカビ(真菌)が増えすぎる
  • このカビの出す毒素で皮膚に炎症が起こり、かゆみやフケの原因になる

って感じです。

本来、皮脂は皮膚や髪を乾燥・紫外線から守ってくれるんですが、多過ぎるとエサにするカビが増え、悪さをするわけですね。

 

なので治療のポイントは、

  1. エサとなる皮脂を少なくする
  2. 頭皮のカビを減らす(殺菌)、また増えにくくする(抗菌)

この2つだけ。

皮脂をエサにするカビが原因なので、殺菌すればすぐよくなる=そういう意味では治りやすい病気なんです。

 

診てもらった皮膚科で勧められたシャンプー

脂漏性皮膚炎との診断を受け、薬も処方してもらった私。

出してもらった塗り薬。

青い方はステロイドで、「できるだけ黄色い方(非ステロイド)を使ってね。」と言われたので、まだ青は使ってません。

薬をもらった時点で診察は終わってたんですが、皮膚科に行く前の下調べでシャンプーが重要と目にしていたので、

「シャンプーはどんなのがいいんですかね?」

と聞くと「これ。」と試供品のシャンプーとリンスをもらいました。

脂漏性皮膚炎の原因である真菌カビ)。

この菌を殺菌するための、専用のシャンプー・リンスです。

 持田ヘルスケア コラージュフルフル スカルプシャンプー

試しに使ってみると、シャンプーは殺菌作用のせいか洗いあがりがちょっとキシキシしましたが、

リンスも付いていたので、そこまで気になりませんでした。

んで翌日、夕方ごろになってもフケがあまりでない!

※これまでは寝起きはともかく、昼過ぎ~夕方にかかると頭皮が油っぽくなり、同時にフケが目立ってくることが多かったです

このときは薬の効果かシャンプーの効果か分からなかったんですが、しばらくしてシャンプーの効果がだったと知ることになります。

 

普通のシャンプーと薬の組み合わせでは治らなかった

皮膚科の先生にもらったシャンプー・リンスは試供品。

私の髪は2~3cm程度の短髪ですが、それでも3回に分けて使うのがやっとでした。

なので新しく買おうと思って調べたら、シャンプー1つで1700~3000円弱!

 

普段のシャンプーとの値段差にビビり、

「薬ももらってるし、わざわざこのシャンプーを買う必要もないかな?」

と思い、普通のシャンプーと薬だけで数日過ごしたんです。

 

その結果、しばらくしてまたフケが目立ち始め、「あのシャンプーの存在はデカかったんだ…」と改めて認識。

試供品でもらったのはリンスとシャンプーが別々でしたが、この2つを1本にまとめたような商品が同メーカーにあったので、そっちを買いました。

持田ヘルスケア コラージュフルフル スカルプシャンプー

※何種類かあったのでメーカーに何が違うのか直接聞きましたが、

  • 成分はどれも同じ
  • 洗った後の仕上がりが主な違い

とのことだったので、1本にまとまってるこっちを買いました。

 

私のようにまず皮膚科に行って診断してもらうのがオススメではありますが、

  • 皮膚科に行くのが面倒
  • 近所にいい皮膚科がない
  • シャンプーは普通のものしか使ったことがない

こんな人は試す価値がありますよ。

 

追記:私のフケ・かゆみは脂漏性皮膚炎が原因なので、殺菌作用のあるシャンプーが効きました。

なので脂っぽいフケの人には同じように効くと思いますが、乾燥したフケの人=脂漏性皮膚炎とは違う人はまた違うかも。

先生に聞いた感じだと、乾燥したフケはヘアオイル(椿油とか馬油とか)保湿するのがいいそうです。

また、薬用シャンプーにも

  • 私のような油っぽいフケ用
  • 乾燥したフケ用のうるおい成分入り

といった感じで症状によって種類があるので、自分のフケのタイプとも相談してください。

 

乾燥したフケに効くかは私には分からんので、先に皮膚科に行くのがオススメではありますが、

とりあえず、私のかかった先生のオススメはこれでした。

 

【補足】シャンプー・薬以外にフケを抑えるポイント

ここからはシャンプー・薬だけでなく、普段の生活からできるフケの予防策を。

 

脂っこい食事は避ける

脂漏性皮膚炎はカビが原因ですが、そのカビが増えた原因は多すぎる皮脂

この皮脂を抑えるためには、脂っこい食事を控えるのが手っ取り早いです。

とくに外食・買い食いはどうしても脂っこいものが多くなるので、外食が多い人はとくに注意しましょう。

具体的には揚げるよりも焼く。焼くよりも煮る・蒸す。

煮るか蒸したものを選ぶのが、油ものを割ける基本です。

 

自炊でも一緒ですが、油の重量感がなくなると一気にもの足りなく感じるもの。

そんなときはゆでるときにニンニクも一緒にゆでると、油を使わなくても味にコクと風味がのって満足感のいく味付けになります。

私はブロッコリーをゆでるときや、鳥むね肉のボイルを作る時にニンニクを入れてますが、本当オススメ。

 

紫外線に注意する

男だとあんま気にしない(少なくとも私はしてなかった)紫外線ですが、皮膚にはばっちりダメージが入ってます。

炎症した皮膚に紫外線のダメージは追い討ちもいいとこなので、外に出るときは帽子で紫外線から頭皮を守りましょう。

ただ、帽子をかぶってればいいってわけでもなくて…

 

長時間帽子をかぶらない(頭を蒸らさない)

帽子は紫外線から頭皮を守るのに有効なんですが、反面、どうしても頭が蒸れやすくなる欠点があります。

脂漏性皮膚炎の原因であるカビ(真菌)ですが、蒸れた環境はカビにとって最適な環境です。

カビに限らず、あらゆる菌は湿度の高い場所を好むので、帽子をかぶるのは日に当たる時だけ。

車の中など必要ない所ではなるべく脱ぎ、高温多湿になるのを防ぎましょう。

 

シャンプーの成分の刺激物に注意する

頭を清潔にするのにシャンプーは必須ですが、このシャンプーに刺激物が入っていることも少なくありません

具体的にこの刺激物で多いのがシリコン

とくに安いシャンプーだと、こいつが入ってるのがほとんどです。

最近は刺激の少ないノンシリコンシャンプーも多く、またそれらは殺菌作用のシャンプーより安いので、

最初はそういった低刺激・ノンシリコンシャンプーから試すのも手ですね。

反対に刺激物とかん違いされやすいのがメントール

頭を洗った時にスースーするあれです。

なんとなく洗い心地が刺激物っぽいんですが、メントールには抗菌作用があり、菌の繁殖をおさえる効果があります。

洗いあがった感触で刺激物のイメージが付きやすいですが、メントールは警戒しなくても大丈夫です。

あのスースーした感じを冬に使うのはキツイですが、メントールは刺激物ではないので、そこだけかん違いのないようにしてください。

※ちなみに、こいつ(↓)にもメントールは入ってます

持田ヘルスケア コラージュフルフル スカルプシャンプー

睡眠をしっかりとる・睡眠の質を上げる

「言われんでも分かるわ!」って人も多そうですが、睡眠不足は免疫力を下げたり、ホルモンバランスが崩れたりと、

どんどん治りにくい体になっていくので要注意です。

単純な睡眠時間はもちろんですが、もう1つ気をつけてほしいのが睡眠の質

すぐ目が覚めたり、ぐっすり寝れてなくて寝起きが悪かったりするのも、睡眠不足と同じくらい注意が必要です。

睡眠時間は時間を確保するしかないんですが、睡眠の質は

  • 寝る前のスマホ・テレビを控える(強い光を浴びない
  • 部屋の電気は完全に消し、カーテンも閉める(同上)
  • 音楽など、五感への刺激を極力減らす
  • 変わったところで重い毛布で寝る(圧迫感がある方が安心して眠れる…らしい)

このように睡眠時間の確保より手を出しやすいと思います。

(「重い毛布で」はネタっぽく見えますが、薄くて軽い夏布団より、重みのある冬布団の方が寝やすいって人は結構多いんでバカになりません)

スマホやテレビを控えるのは難しい人も多いと思うので、「寝るときに部屋を完全に真っ暗にする」ぐらいから試してみて下さい。

 

石鹸(せっけん)で頭・髪を洗う(?)

「石鹸とシャンプーだと石鹸の方が殺菌作用が強いので、これで洗えばフケが治まるよ」って話があるそうです。

ただ、私が試してみた感じでは、髪がめっちゃきしむだけで、フケは止まりませんでしたが…

 

今回の記事を機に調べてみましたが、石鹸は基本的にアルカリ性。

アルカリ性はタンパク質を分解する成分なので、そういう意味では菌のタンパク質を分解する=殺菌作用と言えなくもないです。

が、アルカリ性で分解されるタンパク質は頭皮・髪も含むため下手なシャンプーより刺激が強すぎる可能性があります。

実際に「石鹸で洗ってフケが止まった!」って人もけっこういるんですが、私が体験+調べた感じではオススメしません。

 

終わりに

私はスーツを着るような仕事では無いんですが、それでも制服や黒い服のエリ元はフケが目立っていました。

とくに学生のころは同級生の目があったので、エチケットブラシでしょっちゅう落としてましたね。

今はその手間がなくなったばかりか、頭のかゆみからも解放されたので、今は以前よりはるかにストレスフリーで生活できています。

正直、社会人になってからより、学生だった当時に出会いたかったですね。

 

脂漏性皮膚炎はカビが原因なので、頭皮のカビ菌をどうにかしない限り治りません

しかし、そのカビは殺菌作用のあるシャンプーを使うだけで一気に退治できる存在です。

逆に低刺激なだけで殺菌作用のないシャンプーでは効果はないし、

カビ菌は健常人の肌にもいる常在菌なので、ほっといても治りません。

 

フケ・かゆみを放って置くということは、皮膚のダメージ・ケガを無視しているのと同じ。

原因の菌もそのままなので、当然、どんどんひどくなっていきます。

26年経っていた僕でも大丈夫だったので、そこまで心配しなくてもいいとは思いますが、

皮膚科に行くなり、シャンプーを変えるなりで、できるだけ速めにケアしてあげてくださいね。

持田ヘルスケア コラージュフルフル スカルプシャンプー

2017年12月8日健康

Posted by 脳筋